佐藤英夫 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

佐藤 英夫(さとう ひでお、1925年11月16日 - 2006年11月20日)は、日本の俳優である。東京都出身。

来歴・人物[編集]

生まれは、東京都豊多摩郡和田堀町(現・東京都杉並区)。幼少期に横浜に移り住み神奈川県立横浜第一中学校から海軍兵学校75期)に進む。戦後、慶應義塾大学に進学するが、1947年に中退。東京大学文学部フランス語科に入学。大学在学中に民藝俳優座の養成所に通う。1953年に大学を卒業後、東映東京撮影所に助監督として入社するも1955年には退社して俳優として舞台に立つようになる。

1958年NHK連続ドラマ『バス通り裏』に及川五郎役で出演し人気を得る。その後、1961年放送開始の『七人の刑事』でも南刑事役でレギュラー出演し活躍する。誠実、温厚で頼りがいのある役柄で多くのテレビドラマに出演し、脇役でもその存在感を示した。近年の作品ではTBS系の『渡る世間は鬼ばかり』第1シリーズの初期に出演。主人公・小島キミ赤木春恵)の夫・小島幸吉役を演じていた。無骨だが、嫁の小島五月泉ピン子)を温かく陰から支える「幸楽」の主人役を演じた(第7回までの出演)。

1966年に放映が始まった救心のテレビCMに25年間にも渡り出演しており、「救心=佐藤英夫」をイメージする人は今でも多い。

2008年11月22日朝日新聞朝刊文化欄「観流」の記事「役者・佐藤英夫」(29面)にて、「2年前の11月20日、一人の男優が、静かに彼岸へ旅立った。その死が広く報じられることはなかった。佐藤英夫=写真。享年81」(石飛徳樹)として、その逝去が報道された。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

  • 救心(救心製薬/1966年から25年間にわたり出演)

出典[編集]

  1. ^ わんわん忠臣蔵”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。