佐野浅夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
さの あさお
佐野 浅夫
生年月日 (1925-08-13) 1925年8月13日(91歳)
出生地 神奈川県横浜市、(現)保土ケ谷区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 168cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1943年 -
配偶者 あり(1998年に先妻と死別、2000年に再婚)
著名な家族
川村晃司(継子/養子)
里見浩太朗又従弟
佐野圭亮族子、浩太朗の長男)
主な作品
テレビドラマ
水戸黄門
肝っ玉かあさん
大岡越前
ありがとう
藍より青く

佐野 浅夫(さの あさお、1925年8月13日 - )は、日本俳優童話作家実業家神奈川県横浜市、現在の保土ケ谷区出身。アクターズ・セブン所属。身長168cm。神奈川県立横浜第三中学校卒業。

来歴・人物[編集]

実家は相模鉄道天王町駅近くの青果商(現在、横浜市中央卸売市場にて仲買業者の社長として自身が勤めている)。

中学校の同期生には松山善三がいる。

日本大学芸術学部在学中の1943年劇団苦楽座に入団。1945年3月本土決戦に備える特攻隊に応召。苦楽座は巡業中の広島市原爆投下により壊滅した[1]。戦後、劇団民藝の結成に参加し、多くの舞台に出演するが、1971年に民藝内部で対立が起こり、下條正巳鈴木瑞穂佐々木すみ江らと共に退団する。

NHKラジオでの『お話でてこい』では、童話の朗読役として4000回を超える放送をこなした。

役者としては、1993年からの『水戸黄門』にて3代目水戸光圀役として活躍したことで特に知られる(初代東野英治郎・2代目西村晃とは一味違い、庶民的で優しく慈悲深い泣き虫黄門様として親しまれた)。ちなみに光圀出演回数は246回、太秦の撮影所では自転車を乗り回していた。

1996年勲四等瑞宝章を受章。

1998年に先妻・英子夫人に先立たれ、芸能活動を休止したが、2000年2月に、21歳年下の育子夫人と再婚した。

育子夫人と前夫(川村姓)との間の長男は大学教員、次男は競輪選手の川村晃司[2]。2代目助さん及び5代目光圀役の里見浩太朗(本名:佐野邦俊)は又従弟で、浩太朗の長男の佐野圭亮は族子にあたる。

戦時下の1943年、18歳で入団した劇団苦楽座では最年少で皆に可愛がられた。1945年苦楽座中国地方を慰問する移動演劇桜隊に改称。佐野は同年3月、本土決戦特攻隊員になり劇団を離れた。丸山定夫園井恵子仲みどりら劇団員は8月6日広島で被爆。佐野は軍隊を抜け出し20日東京帝国大学付属病院に仲を見舞った。仲間の消息を聞こうとしたが、仲はベッドに寝たきりで何も聞けず病室を後にした。「これまでは自分だけが生き残ったことが後ろめたかった。しかし、仲間を知る人がいなくなった今こそ」と62年間の沈黙を破り2007年8月6日、東京都目黒区五百羅漢寺で仲間への思いを初めて語り追悼した(読売新聞、2007年8月6日や東京新聞毎日新聞でも戦争体験から反戦平和を述べている)[3][4]

また、創作童話の執筆にも取り組んで『せん爺さんの太鼓』などの著書がある(その功績を讃え、2001年広島大学からペスタロッチ教育賞を授与された)。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

ナレーション[編集]

  • 元禄太平記・忠臣蔵討入の助っ人たち(1995年、テレビ朝日)

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • せん爺さんの太鼓
  • お話でてこいのおじさんのお話

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黄門は旅ゆく2 特攻 生き残ったふたり 朝日新聞 2009年11月10日夕刊
  2. ^ 「水戸黄門賞」の主役は、黄門さまの息子・川村晃司
  3. ^ 今、平和を語る:佐野浅夫さん”. 恒久平和のために(WP版) (2012年6月25日). 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。
  4. ^ 毎日新聞大阪連載第11回(朝刊)「原爆非命 桜隊は問う」”. 空のたね (2012年4月17日). 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。