保阪尚希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ほさか なおき
保阪 尚希
本名 同じ
別名 保坂 尚希
保阪 尚輝
保坂 尚輝
尚陽
生年月日 1967年12月11日(46歳)
出生地 静岡県静岡市葵区
国籍 日本の旗 日本
身長 180cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1986-
配偶者 一般女性
高岡早紀1996年 - 2004年

保阪 尚希(ほさか なおき、本名:同じ、旧芸名:保阪尚希→保阪尚輝→保坂尚輝、1967年12月11日 - )は、日本俳優タレント、健康料理研究家、通販コンサルタント。静岡県静岡市出身。明治大学付属中野高等学校定時制卒業。 現在の所属事務所有限会社サンクチュアリ。 営業窓口:株式会社オーギュメント

概歴[編集]

  • 7歳の時に両親を自殺で亡くしている。
  • 下積み時代は劇男零心会大道具係としても活動(劇男一世風靡には所属したことはない)。
  • NHK『レッツゴーヤング』にて、サンデーズのメンバーとして活躍。
  • 1990年代萩原聖人福山雅治らと並んで新平成御三家美形俳優としてテレビドラマを中心に人気を集める。レーサーミュージシャンとしても活動。
  • 1991年、元タレントであり、銀座ホステスをしていた人妻と不倫の末結婚。しかし、保阪の暴力、松雪泰子との浮気などが原因で1992年に離婚。その後、松雪泰子と同棲するも破局。
  • 1996年、女優の高岡早紀と結婚。二児をもうけるが、2004年6月に離婚。離婚届提出後も子供のために、暫くの間同居を継続させていることを明らかにし、話題を集めた。同居を続けた理由のひとつとして、前述のように、自身が幼少時代に経験した寂しい記憶を挙げている。両親の自殺により、突然自分の前から親が消えてしまったことが非常に辛い記憶になっている。何の予兆もなく、いきなり目の前から居なくなることをしたくなかった。同じような辛い経験を子供にはさせたくなかったから、と本人は語る。家にいる時間を徐々に短くしていき、半年後、保阪は家を出て正式に同居を解消した(子供達の親権は保阪が得ている)。現在、子供達は高岡と高岡の母と一緒に生活している。保阪はこの頃からバラエティ番組にも頻繁に出演し、活躍するようになった。
  • 1998年11月より、『笑っていいとも!』の姓名判断コーナーで安斎勝洋から改名することを勧められ、芸名を保尚輝から保尚輝に改め、更に2005年8月より、芸名を本名と同じ保阪尚希に改める。
  • 2007年3月22日、記者会見を開き、同年4月12日に熊本県合志市の六水院で得度を受け、両親の33回忌供養のために仏門に入る旨を明らかにした。剃髪は行わず、芸能活動も継続、法名は尚陽。翌年、両親の供養が終わった後に法名を返納、僧侶としての活動を終える。
  • タバコは嗜まない。

趣味[編集]

  • 芸能界屈指の釣り好きで知られ、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の釣りコーナーにおけるレギュラー的存在にもなった。釣りの経験はかなりあるようで、『生ダラ』で海釣りに行った際に石橋貴明輪島大士が船酔いで苦しんでいるのを横目に、呑気に食事をしながら「だらしないなぁ、これぐらいで船酔いしちゃぁ」と悠然と構えていた。また、仲の良い野々村真と釣り番組で共演した際、釣り上げた魚の大きさを競い負けた折に「マコ兄ぃに負けるなんて、俺のプライドが許さない」と負けん気を見せていることから、釣りの腕前には相当の自信を持っているようである。尚、保阪は「釣りは男の壮大なロマンだ!」と言っているが、前妻の高岡早紀に「いったい、何が面白いのか分からない」とバカにされたというエピソードも披露している。
  • 10代の頃から飲食店でアルバイトしていた経験から、料理の腕前はプロ級と自負しており、結婚していた時は彼が料理をしていたこともあったという。日本テレビの朝のワイドショー『レッツ!』では全国の美味しい料理店のリポーターとしても活躍していた。2010年4月13日にジュニア野菜ソムリエ2011年3月23日フードアナリストの資格を取得した。
  • 『笑っていいとも!』等にて、ポルシェやメルセデス・ベンツ各シリーズなど通算100台以上の車を購入していると発言した。ちなみに現在はメルセデス・ベンツS55L・AMG等3台を所持。
  • 2012年9月18日放送のスピード査定バラエティー カラクリマネーSP等にて、昔は毎月車を買っていた、多い時は一度に40台所有していた、買っただけですぐ売った車さえある、当時は月極め駐車場を全部借りていたとも発言した。
  • 無類の動物好きが講じ、イギリスのテリア犬最大種のエアデールテリアを数頭所有、東京北テリアグループクラブの役員も務める。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

ナレーション[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 渇いた海(スコラ社)
  • INNER CHIL.D(スコラ社)
  • 跳べない蛙(スコラ社)
  • 父親になる(宝島社文庫)

音楽[編集]

シングル[編集]


脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ B's-LOG2013年4月号』、エンターブレイン、2013年2月。