倍賞美津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ばいしょう みつこ
倍賞 美津子
生年月日 (1946-11-22) 1946年11月22日(70歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県[1]
民族 日本人
血液型 B
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1967年 -
配偶者 アントニオ猪木1971年 - 1988年
著名な家族 倍賞千恵子(実姉)
倍賞鉄夫(実弟)
サイモン猪木(娘婿)
事務所 ロータス・ルーツ
公式サイト MITSUKO BAISHO OFFICIAL SITE
主な作品
テレビドラマ
探偵物語
3年B組金八先生
瑠璃の島
東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
ラスト・フレンズ
龍馬伝
梅ちゃん先生

映画
復讐するは我にあり[1]
影武者
陽暉楼
楢山節考
恋文[1]

うなぎ

倍賞 美津子(ばいしょう みつこ、1946年11月22日 - )は、日本女優茨城県出身。左利き。事務所はロータス・ルーツ。

来歴・人物[編集]

幼少時に東京都北区に移り、北区立紅葉中学校卒業[1]後、1962年松竹音楽舞踊学校に入学した。1965年松竹歌劇団に第18期生として入団する。学校生時代の舞台実習を経て、同年、グランドレビュー「東京踊り」でデビューする。同年、新人賞を受賞。浅草国際劇場を中心に、歌とダンスで活動を続ける。

1967年、『純情二重奏』で実姉の倍賞千恵子と異母姉妹を演じ、映画デビューする。1969年五社英雄監督の『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞する。

その後、松竹に入社し、デビュー作の『喜劇・女は度胸』以来、森崎東監督の作品に出演を続け、看板女優の一人となる。『人生劇場』に出演。

1971年、アントニオ猪木と結婚。当時、1億円の結婚式と話題になった。新日本プロレスの旗揚げ戦時には宣伝カーのナレーションを吹き込んだり、豊登が紹介した融資先に自身が行ったことで1000万円を融資してもらえたりと、新日本プロレスの旗揚げには倍賞の貢献があった。1976年のパキスタン遠征に帯同したのは印象的であり、試合で猪木がアクラム・ペールワンに勝利し、相手の肩を折ったことで暴動が起きかねなかった状況に対して「新間さん、私はいいからアントンを頼むわ」と冷静な対応をしたと伝わる[2]

1979年今村昌平監督の『復讐するは我にあり』にてブルーリボン助演女優賞を受賞して女優としての地位を確立[1]。庶民的な姉・千恵子とは違い、都会的な女の情念を表現し、独自の世界観を切り開いた[1]

以後、今村作品をはじめ、黒澤明五社英雄作品に多く起用される。

1985年の『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』『恋文』で国内の映画賞を総なめにする。

OUT』などの演技で、2002年田中絹代賞を受賞。

プロレスラーのアントニオ猪木は元夫。離婚の原因は猪木の不倫騒動であり、自身もその後萩原健一との熱愛が囁かれたことがある[1]。前新日本プロレス社長のサイモン猪木は、実娘でミュージカルアニー』でアニー役を演じた元女優・猪木寛子の夫(娘婿)。弟の倍賞鉄夫は長年新日本プロレスでリングアナを務め、現在は猪木事務所社長。

2002年5月3日の『新日本プロレス30周年記念東京ドーム大会』にサプライズゲストとして現れ、元夫の猪木とともに「1、2、3、ダー!」を披露した。[要出典]

エピソード[編集]

新日本プロレス旗揚げ戦(1972年3月6日/東京都大田区体育館)で、倍賞美津子自らが宣伝カーのナレーションを担当したことや、1976年に行われたアントニオ猪木vsモハメド・アリ戦の時に、記者会見で猪木が着用した紋付袴の着付けを自分が行ったことなどといったことがあった[3]

2000年前後に六本木3丁目で居酒屋ばいしょうを姉妹で経営していた。[要出典]

2005年に漫画家の青山剛昌と声優の高山みなみが結婚した際は後見人を務めた。

2007年のドラマ『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』で演じたオカン役が好評で、以降は主人公の母親役・祖母役を演じる機会が増えている。

落語家、3代目柳家権太楼とは幼なじみで、小学校・中学校とが同じ。[要出典]

漫画『あたしンち』の立花家のお父さんは倍賞のファンという設定。[要出典]

アントニオ猪木の誕生日パーティーの際、頭からリボンを垂らして玄関から飛び出し「私がプレゼント!」と叫び、猪木を驚かせたこともある。[要出典]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

歌手活動[編集]

シングル[編集]

  • でも好きだった/ハートは泣き虫(1966年5月)
  • 知らず知らずに/嘘つきピアノ(1966年6月)
  • あなたに愛をこめて/カトレアの雨(1966年)
  • 今そこにいるあなた/水のダンス(1966年8月)
  • とてもとてもしあわせ/たそがれの街で逢いたい(1966年9月)
  • 世界の国からこんにちは(1967年9月) ※各レコード会社との競作
  • 夜のピアノ/恋を抱いて(1967年4月)
  • 愛の荒野/夜のバラード(1967年8月)
  • おばこ天使のうた/光を求めて(1967年9月)
  • 時計をとめて/うわさ(1967年11月)
  • 悲しみに逢いたい/なにもしない(1968年3月)
  • 星屑の夜/愛の湖(1968年12月)
  • 恋の芽ばえ/耳を噛まずに(1969年6月)
  • 抱擁/古い傷あと(1970年4月)
  • 長崎出島物語/耳を噛まずに(1970年11月)
  • さよなら/凍った花(1971年4月)
  • 期待/蒼い真珠の雨(1971年12月)
  • 最後のわがまま/忘れかけた思い出だけど(1972年5月)
  • せめてもう五分/さよならの女(1973年1月)
  • 煙草のけむり/星を見てごらん(1975年9月)
  • いつも一緒に(1977年12月) ※「炎のファイター〜アントニオ猪木のテーマ」のB面曲で、同曲に歌詞(作詞:なかにし礼)を付けた
  • 今夜はいい気分/MI・TSU・KO(1985年)

アルバム[編集]

  • 恋の芽ばえ—倍賞美津子 夜のムードをうたう(1969年)
  • MI・TSU・KOいろ(1985年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.69.
  2. ^ 『日本プロレス史の目撃者が語る真相! 新間寿の我、未だ戦場に在り!<獅子の巻>』(ダイアプレス、2016年)p90-91
  3. ^ 週刊文春 2001年10月25日号 p.166~170「阿川佐和子のこの人に会いたい(409)倍賞美津子(女優)」
  4. ^ 放送ライブラリー 番組ID:010704
  5. ^ 大往生 - テレビドラマデータベース
  6. ^ 放送ライブラリー 番組ID:015289
  7. ^ 風の盆から - テレビドラマデータベース
  8. ^ 第28回ブルガリア・ゴールデンチェスト国際テレビ祭最優秀脚本賞(市川森一)、文化庁芸術祭参加、第2回映像技術賞(照明)。
  9. ^ 『下町ロケット』キャスト追加発表 財前部長役・吉川晃司はTBSドラマ初出演”. ORICON (2015年9月17日). 2015年9月22日閲覧。
  10. ^ “向井理「磁石男」復活 見どころは青柳翔との“あのシーン””. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年7月20日). オリジナルの2015-07^20時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150720215537/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150719-OHT1T50147.html 2015年7月21日閲覧。 
  11. ^ 向井理『磁石男』続編が今秋放送 りょう、松岡茉優、桐山漣らも出演”. ORICON (2015年7月20日). 2015年7月21日閲覧。
  12. ^ “市原隼人、嵐・櫻井と車椅子バスケに没頭 共演シーンで「涙が止まらなくなって…」”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080792/full/ 2016年11月1日閲覧。 
  13. ^ 海がきこえる/ゲド戦記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月18日閲覧。
  14. ^ 多部未華子、倍賞美津子と二人一役 “73歳”役で歌唱シーンも挑戦”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  15. ^ 多部未華子、20歳に若返った73歳の毒舌おばあちゃんに!大ヒットコメディー日本版『あやしい彼女』主演”. シネマトゥデイ (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  16. ^ a b c d 倍賞美津子のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月13日閲覧。
[ヘルプ]