元始祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
宮中祭祀
四方拝
歳旦祭
元始祭
先帝祭(昭和天皇祭)
先帝以前三代の例祭
(孝明天皇祭)
紀元節祭
祈年祭
春季皇霊祭・春季神殿祭
神武天皇祭皇霊殿御神楽
皇妣たる皇后の例祭
先后の例祭
節折・大祓
先帝以前三代の例祭
(明治天皇祭)
秋季皇霊祭・秋季神殿祭
神嘗祭
鎮魂祭
招魂祭
新嘗祭大嘗祭
賢所御神楽
天長祭<天長節祭>
先帝以前三代の例祭
(大正天皇祭)
節折・大祓
式年祭・旬祭)

元始祭(げんしさい)は、宮中祭祀のひとつ。大祭

現在では新暦1月3日天皇宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)においてみずから主宰する「親祭」であり、皇位の元始を祝ぐ儀式である。

元始祭は、1870年明治3年)1月3日 (旧暦)[1]神祇官八神殿に八神・天神地祇・歴代の皇霊を鎮祭したのに始まる。1873年(明治6年)1月3日から現在の三殿親祭の形式となった。1908年(明治41年)9月19日制定の「皇室祭祀令」では大祭に指定。1年で最初の大祭である。同法は1947年昭和22年)5月2日に廃止されたが、1948年(昭和23年)以降も宮中では従来通りの元始祭が行われている。

また、「年中祭日祝日ノ休暇日ヲ定ム」および「休日ニ関スル件」により、1874年(明治7年)から1948年(昭和23年)まで同名の祝祭日休日)であった。

脚注

  1. ^ 「年中行事事典」p293 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版

関連項目