元日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

元日(がんじつ)は、の最初の、日付は1月1日改暦前は旧暦1月1日)。「元旦」と同義である[1]

暦法と元日[編集]

元日は年初の日である。しかし、年は繰り返すもので、どの季節を年初にしても暦法上問題はなく、1月1日そのものに天文学的な意味はない[2]

紀元前45年のユリウス暦では冬至付近を1月1日としたが、その理由には諸説ある[2]。325年のニケア宗教会議では春分の日が3月21日とされ、1582年のグレゴリオ暦で1年を365.25日としたことから、3月21日の確定(ニケア宗教会議での決定事項の優先)とともに1月1日も必然的に定まることになった[2]

なお、1月1日以外を年初とする暦法も存在する[2]太陽暦に基づきながらも、元日が1月1日ではない暦法もあった。例として、フランス革命暦では、葡萄月(ヴァンデミエール)1日が元日とされた。その日はグレゴリオ暦では9月22日から9月24日の間と、グレゴリオ暦1月1日とは大きなずれが生じていた(実際、フランス革命暦最終日となった1805年12月31日はフランス革命暦14年雪月(ニヴォーズ)10日であり、これは葡萄月を1月、果実月(フリュクティドール)を12月と数えると、4月10日となる)。

各国の元日[編集]

日本[編集]

国民の祝日[編集]

日本では明治から大正昭和前期まで皇室行事である四方拝にちなみ、四方節(しほうせつ)と呼ばれて祝祭日の中の四大節紀元節、四方節、天長節明治節)の一つとされてきた。

1948年(昭和23年)公布・施行の国民の祝日に関する法律(昭和23年7月20日法律第178号)第2条により、四方節に代わって「年のはじめを祝う」ことを趣旨とする国民の祝日となった。

日本各地では、元日の1月1日から1月3日まで(三が日)、または「松の内」[3]までを特に「お正月(おしょうがつ)」と呼んでこれを尊重し、毎年この時期独特の行事や慣習が執り行われる。

制定から現在までの元日[編集]

すべて1月1日。

フィリピン[編集]

フィリピンでは大晦日から元日にかけて爆竹や空砲によって新年を祝う風習がある[4]

同義語[編集]

「元日」の同義語として「元旦」が挙げられる[1]。「元日」の意での「元旦」という語彙の用例としては以下のものが挙げられる。

「元旦」は中国語から日本語へと輸入された語彙であるが、宋代の中国語文献においても

正月朔日,謂之元旦,俗呼為新年。(正月の一日は、元旦といい、俗に新年とも呼ぶ)

といった記述が見られる[5]。また日本語においても、坂口安吾の『新春・日本の空を飛ぶ』において

元旦正午、DC四型四発機は滑走路を走りだした。

のような用例が見られる。

ただし、前掲の『日本国語大辞典』等では「元旦」は「元日」と「元日の朝」の両方の意味を持つとされている。また、特に元旦は元日と同じ意味で使うことは誤用とする説もあり、使用には注意が必要である。[独自研究?]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館
  2. ^ a b c d 1年の始まり”. 国立天文台 天文情報センター 暦計算室. 2017年4月16日閲覧。
  3. ^ 元々は1月15日まで、現在は一部地域を除き7日までを指す。
  4. ^ 新年のお祭り騒ぎ、ドゥテルテ大統領への恐怖で負傷者減 比”. AFP (2017年1月2日). 2017年4月16日閲覧。
  5. ^ 夢粱錄 第1巻』(維基文庫)自由的圖書館

関連項目[編集]