元禄丁銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
元禄丁銀

元禄丁銀(げんろくちょうぎん)とは元禄8年9月15日(1695年10月22日)から鋳造開始、同9月27日(11月3日)から通用開始された丁銀慶長丁銀に次ぐ江戸時代2番目の秤量貨幣である。元禄丁銀および元禄豆板銀を総称して元禄銀(げんろくぎん)あるいは元字銀(げんじぎん)と呼ぶ。

概要[編集]

表面には「(大黒像)、常是」および「常是、寳」の文字に加えて両端に計二箇所の「元」文字の極印が打たれている。また、祝儀用とされる12面の大黒像極印が打たれた十二面大黒丁銀も存在する[1]

略史[編集]

慶長丁銀の発行された江戸時代初期は、石見銀山を始めとして、生野銀山蒲生銀山多田銀山院内銀山などの産銀が最盛期を迎えていた。佐渡金山も、量的には銀山と呼ぶべき多量の銀を産した。この時代の国内産銀量は世界一、二位を争うものであり、生糸高麗人参などの貿易対価の支払いのため、多量の銀が中国ポルトガルオランダおよび朝鮮などに輸出された[2]新井白石らの推定によれば、慶長6年(1601年)から宝永5年(1708年)までに国外に流出した丁銀および灰吹銀は1,122,687にも及んだという[3][4][5]。 このような多量の銀の海外流出が続いた上に、寛永年間を過ぎると産銀に陰りが見え始めた。さらに人口増加に加え、大平の世が続いたため経済が発展し全国的市場圏が形成され、通貨不足が顕著になってきた。

このような背景の中、江戸幕府の財政支出が増加し、また金銀鋳造減少による収入減の憂目に逢っていた金座および銀座からの働きかけもあり、勘定吟味役荻原重秀により貨幣の金銀含有量を下げ、通貨量を増大させる貨幣吹替えが建議され遂行された。元禄8年8月7日(1695年9月14日)に金銀吹替えの触書が公布され、滞りなく慶長銀と等価に通用するよう通達した。この吹替えでは、世上通用の慶長銀を、旧銀(慶長銀)に対し2%の増歩を付けて新銀(元禄銀)と引換えることにより回収し、この地金に差銅して新銀の鋳造に供したが、旧銀の回収が思わしくなかったにも拘らず元禄11年12月(1699年)以降は1.5%に引き下げられた[6]

この吹替えは、貨幣鋳造の改鋳利益に対する運上を確実に取集し、また品位低下に関する機密保持のため統制を強化する目的で、元禄8年9月(1695年)に江戸本郷霊雲寺近くの大根畑に建てられた吹所に金座人および銀座人を集結させて行われた。本郷における貨幣鋳造は吹所の火災により元禄11年11月(1698年)に終了し、金座人および銀座人は京橋および京都両替町に復帰した[6]

慶長期は貨幣鋳造用の地金は主に新産銀により供給されたが、17世紀後半から衰退し、特に元禄期以降の産銀は著しく減少したため、旧貨幣の回収による吹替えが主流となった。明暦の大火復興はもとより諸経費の増大による、幕府の財政建て直しのための出目獲得が主な目的であったが、全国的な市場の発達に見合うだけの通貨供給量拡大といった目的もあった[6][7][8]

元禄小判の含有金量は慶長小判の約2/3であったのに対し、元禄丁銀の含有銀量は慶長丁銀の約4/5であった。これは慶長14年(1609年)に幕府が金一=銀五十と公定していたものが、産銀量の増加に伴い、銀相場が金一両=銀六十匁前後と下落していたことに対する措置であった。このため、元禄金銀発行後、銀相場が高騰し、元禄12年(1699年)頃には再び金一両=銀五十匁前後をつけている[8]。このような銀高は江戸の諸色高騰を招くことから、元禄13年(1700年)には銀相場是正の目的から御定相場を1両=銀60目に改正するに至った[8]

通貨量増大により公鋳の丁銀が全国に行き渡るようになり、元禄9年7月(1696年)に「古金銀灰吹銀停止令」が布告されるに至り、また銀品位が低下したことによりグレシャムの法則がはたらいたことから、諸国灰吹銀に極印を打った高品位の領国貨幣は姿を消し、秤量銀貨の統一を達成するに至った[7]

元禄豆板銀[編集]

元禄豆板銀(元字小玉銀)

元禄豆板銀(げんろくまめいたぎん)は元禄丁銀と同品位の豆板銀で、「元」字を中心に抱える大黒像または「常是」文字、および「寳」文字の周囲に小さい「元」字が廻り配列された極印のもの「廻り元」を基本とし、また「元」字が集合した「群元」、大文字の「元」字極印である「大字元」などが存在する[1]

元禄銀の品位[編集]

規定品位は銀64%(二割九分六厘引ケ)、銅36%である[9]

元禄丁銀と同品位、すなわち64%の銀地金は1.1×0.64=0.704であるから、銀座で0.704倍の量目の慶長丁銀すなわち0.5632倍の純銀量をもって買い取られる品位であるため、これを「二割九分六厘引き」の地金と呼ぶ。この純銀量に換算して12%分が銀座の貨幣鋳造手数料にあたる。

明治時代造幣局により江戸時代の貨幣の分析が行われた[10]。元禄丁銀については以下の通りである。

  • :0.14%
  • :64.60%
  • 雑:35.26%

雑分はほとんどがであるが、少量のなどを含む。

元禄銀の鋳造量[編集]

『吹塵録』、『月堂見聞集』伴に丁銀および豆板銀の合計で405,850余(約1,520トン)としている[2]

公儀灰吹銀および回収された旧銀から丁銀を吹きたてる場合の銀座の収入である分一銀(ぶいちぎん)は元禄銀では鋳造高の4%に引き上げられ、また吹替えにより幕府が得た出目(改鋳利益)は銀60,207貫余であった[4][6][7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 青山礼志 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年
  2. ^ a b 小葉田淳 『日本の貨幣』 至文堂、1958年
  3. ^ 正保5年(1648年)より宝永5年(1708年)までは374,209貫、慶長6年(1601年)から正保4年(1647年)までは詳細な史料に欠くが、新井白石は748,478貫と推定している(『本朝寳貨通用事略』 1708年)。
  4. ^ a b 滝沢武雄 『日本の貨幣の歴史』 吉川弘文館、1996年
  5. ^ 草間直方 『三貨図彙』 1815年
  6. ^ a b c d 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年
  7. ^ a b c 瀧澤武雄,西脇康 『日本史小百科「貨幣」』 東京堂出版、1999年
  8. ^ a b c 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社、1996年
  9. ^ 銀座 『銀位并銀吹方手続書』
  10. ^ 甲賀宜政 『古金銀調査明細録』 1930年

関連項目[編集]