入江美樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

入江 美樹(いりえ みき、1944年8月13日[1] - )は日本のモデル女優ファッションデザイナー

略歴[編集]

本名ヴェラ・ヴィタリエヴナ・イリーナとして神奈川県横浜市中区鷺山に生まれる。父親が白系ロシア人(本名ヴィタリー・ペトロヴィチ・イリーンは大連育ちで不動産業者)で母親が日本人(茨城県出身の料理研究家の入江麻木、ロシア語名エカテリーナ・ゲオルギーナ・イリーナ)のハーフ。家庭では母が日本語を話さなかったため、ロシア語で育てられる。サンモール・インターナショナルスクール在学中の1958年、母とメイドが冗談半分で『装苑』のモデル募集にヴェラの写真を送ったところ2000人の中から1位に選ばれモデルとしてデビュー、同校を中退。1964年、第1回国際ファッション大会で1位入賞。日本テレビ系『シャボン玉ホリデー』にマスコットガールとして出演。1965年第16回NHK紅白歌合戦の審査委員を務める。1966年勅使河原宏監督の映画『他人の顔』に出演。

1968年9月、指揮者小澤征爾と結婚。小澤ヴェラとなる。結婚後はファッションデザイナーとして活動。レディスブランド「ザ・ギンザ・バイ・ミズ・ヴェラ」などを手がける。

征爾との間に生まれた長女の小澤征良エッセイスト、長男の小澤征悦俳優となった。

その他[編集]

歌手の吉田拓郎は入江美樹のファンだったことから「入江剣」という別名を名乗っている。

著書[編集]

  • 『愛のいたみを』(講談社1968年。新書館、1975年
  • 『愛をあなたに』(山梨シルクセンター出版部、1969年

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚本[編集]

  1. ^ 入江麻木『バーブシカの宝石』p.150(講談社、1987年)