全日本GT選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
全日本GT選手権
カテゴリ グランドツーリングカー
国・地域 日本の旗 日本 ほか
開始年 1994年
終了年 2004年
クラス 2クラス
最終
ドライバーズ
チャンピオン
GT500:日本の旗 本山哲/北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
GT300:日本の旗 山野哲也/日本の旗 八木宏之
最終
チーム
チャンピオン
GT500:NISMO
GT300:M-TEC CO.LTD.
公式サイト SUPER GT公式ウェブサイト

全日本GT選手権(ぜんにほんジーティーせんしゅけん、Japan GT Championship, JGTC)は1994年から2004年に掛けて行われた自動車レースの1カテゴリーで、SUPER GTの前身である。

概要[編集]

参戦車両
(2000年 GT500チャンピオン車両)

1993年より「全日本GT選手権レース」として開催され、1994年に「全日本GT選手権」に名称が変更された。年間数レースを日本を中心に海外でも開催し、参加チーム、ドライバー、はその成績毎にポイントを獲得し、その年間トータルのポイントでシリーズチャンピオンを決定する。当時ル・マン24時間レース等で主流になりつつあったGT車両によるレース[1]で、市販四輪車に改造を施した車両のレースであり、ル・マン24時間などのレギュレーションを参考に始まったものが、日本独自のカテゴリーに変化していった。

初年度は日本自動車連盟(JAF)のN3規定で開催されたものの、エントリーした車は2台のみで、レースも全9戦中4戦のみ開催だった[2]。それでもレース成立条件が出走2台以上、シリーズ成立条件が全3戦以上開催と緩かったため、シリーズは成立し影山正彦がチャンピオンに輝いた。

シリーズチャンピオンを獲得した翌年には、GT500は「1」、GT300は「0」のカーナンバーを付けることが出来る[3]

シリーズの海外進出も行われ、2000年よりマレーシアセパンサーキットでレースを開催(2000年2001年はオールスター戦、2002年からはシリーズ戦)したほか、2004年にはアメリカでもオールスター戦を開催した。2005年より国際シリーズ化したことからJAFの管轄下から離れ、全日本選手権がかけられなくなり、名称もSUPER GTへ変更された。

クラスとレギュレーション[編集]

ウエイトハンデを示すステッカー

2つのクラスが設置されていた。1995年まではGT1(第1部門)GT2(第2部門)と呼ばれていたが、1996年以降はそれぞれGT500クラスGT300クラスと名前が改められた。

GT500クラス(GT1)はJGTCのトップクラスで、約500PSの車両で争われる。このクラスの車両は、富士スピードウェイ鈴鹿サーキットなど長い直線を持つコースでは最高車速が約300km/hにせまる迫力ある走りを見せ、国際的にも注目された。参加チームの多くは国内外で活躍し、国際的にも通用するレーシングチームや、自動車メーカーによるワークス活動が盛んであった。

GT300クラス(GT2)は、約300PSの車両で争われる。このクラスはパワーが低い分、改造個所が少なく済むため、有力なプライベートチームが参加し、車両間の格差も少なく、常に激しいレース展開をみせていた。初期の頃はグループB規定やIMSAシリーズ等の車両が参戦していた時期もあった。

予選・決勝の上位成績マシンには重りの搭載を課すことによって、同クラス内の全マシンの実力の拮抗を図っていた。上位成績を重ねるごとにウエイトハンデも増す規定の為、当然ながら、勝ち続けることは困難なシステムだった。

参加車両の競争力を均衡させるため、レギュレーションの改正が頻繁に行なわれた。そのため海外メーカーの車両が継続的に参戦することは難しく、国内メーカーの為のレースとなってしまった。その傾向は特にGT500クラスで顕著で、今までの日本のツーリングカーレースと同様に参加メーカーの減少、車種の減少、プライベートチームの参加が困難になると言った弊害が出た[4]


GT500参戦車両
メーカー 車両名 参戦 エンジン仕様 備考
日産 フェアレディZ(Z33型) 2004年 3.0L V6 ツインターボ VQ30DETT SUPER GTに移行後も継続参戦
スカイラインGT-R(R34型) 1999年 - 2003 3.0L V6 ツインターボ VQ30DETT(2002年 第5戦 - 2003年)
2.8L 直6 ツインターボ RB26DETT(1999年 - 2002年 第4戦)
フェアレディZ(Z33型)に移行
スカイラインGT-R(R33型) 1995年 - 1999年 2.8L 直6 ツインターボ RB26DETT スカイラインGT-R(R34型)に移行
スカイラインGT-R(R32型) 1994年 - 1995年 2.6L 直6 ツインターボ RB26DETT(1994年 - 1995年)
2.0L 直4 ターボ SR20DET(1995年[注 1]
スカイラインGT-R(R33型)に移行
シルビア(S13型) 1994年 - 1995年 2.0L 直4 ターボ SR20DET 撤退
300ZX-GTS(Z32型) 1994年 - 1997年 4.0L V8 自然吸気(1996年 - 1997年)
撤退
トヨタ スープラ 1994年 - 2004年 4.5L V8 自然吸気 3UZ-FE(2004年)
5.2L V8 自然吸気 3UZ-FE(2003年)
2.0L 直4 ターボ 3S-GTE(1994年 - 2002年)
SUPER GTに移行後も継続参戦
ホンダ NSX-GT 1997年 - 2004年 3.0L V6 ターボ C30A(2004年)
3.5L V6 自然吸気 C32B(1997年 - 2003年)
SUPER GTに移行後も継続参戦。一部はGT300クラスに流用
NSX GT2 1996年 3.0L V6 自然吸気 C30A NSX-GTに移行
ポルシェ 911 GT2(993型) 1995年 - 1998年 3.6L フラット6 ツインターボ GT300クラスに移行
911 3.8RSR(964型) 1994年 3.8L フラット6 自然吸気 撤退
962C 1994年 第1,3,5戦 3.2L フラット6 ツインターボ 935/83 撤退
フェラーリ 550GTS 2004年 6.0L V12 自然吸気 SUPER GTに移行後も継続参戦
F40 1994年 - 1995年,1996年 第5,6戦 2.9L V6 ターボ F120A 撤退
ランチア 037ラリー 1994年 第3戦 2.1L 直4 スーパーチャージャー スポット参戦
ランボルギーニ ムルシエラゴ・RG-1 2004年 第2,3,5-7戦 6.0L V12 自然吸気 SUPER GTに移行後も継続参戦
ムルシエラゴ・R-GT 2004年 第3,4戦 6.0L V12 自然吸気 スポット参戦
ディアブロ・JGT-1 2000年 - 2003年,2004年 第4戦 6.0L V12 自然吸気 ムルシエラゴRG-1に移行も、後に代走参戦
ディアブロ・GT-1 1997年 第2戦 - 1998年 6.0L V12 自然吸気 ディアブロJGT-1に移行
ディアブロ・イオタ 1995年 - 1996年 5.7L V12 自然吸気 ディアブロGT-1に移行
カウンタック 1994年 5.2L V12 自然吸気 ディアブロ・イオタに移行
ヴィーマック RD408R 2004年 第7戦 4.5L V8 自然吸気 SUPER GT移行後、GT300に移行
RD350R 2003年 第2-6戦 3.4L V8 自然吸気 SUPER GT移行と同時にGT300に移行
マクラーレン F1 GTR LM 1999年 - 2003年 6.0L V12 自然吸気 SUPER GT移行後にスポット参戦
F1 GTR 1996年 6.0L V12 自然吸気 撤退
ダッヂ バイパーGTS-R 1997年 第6戦 - 2000年 第5戦 8.0L V10 自然吸気 GT300クラスに移行
シボレー カマロ(第4世代) 1997年 第4戦 5.7L V8 自然吸気 スポット参戦
RGS ミラージュGT-1 2000年 第2-6戦 6.7L V8 自然吸気 スポット参戦。後にGT300クラスに移行
メルセデス・ベンツ CLK 2002年 第6-8戦 6.0L V8 自然吸気 M119 スポット参戦


GT300参戦車両
メーカー 車両名 参戦 備考
日産 フェアレディZ(Z33型) 2003年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
シルビア(S15型) 1999年 - 2002年 フェアレディZ(Z33型)へ移行
シルビア(S14後期型) 1997年 - 1999年 第3,5,7戦 シルビア(S15型)へ移行
シルビア(S14前期型) 1996年 第3-6戦 撤退
シルビア(S13型) 1996年 - 1997年 撤退
スカイラインGT-R(R32型) 1995年 第1,2戦 撤退
スカイライン(R32型) 1994年 第3-5戦 撤退
スカイライン(R31型) 1994年 - 1995年 撤退
スカイライン(R30型) 1994年 第3戦,1995年 第2,4戦 スポット参戦
トヨタ MR-S 2000年 - 2004年 SUPER GTに移行後も継続参戦
MR2(SW20型) 1995年 第4戦,1996年 - 1999年 MR-Sに移行
セリカ(ZZT230型)[注 2] 2003年 - 2004年 SUPER GTに移行後も継続参戦
セリカ(ST200型)[注 3] 1998年 第4戦 - 2000年 MR-Sに移行
スプリンタートレノ(AE86型)[注 2] 1999年 第2戦 - 2001年 第3戦 MR-Sに移行
カローラレビン(AE101) 2000年 第4戦 スポット参戦
キャバリエ 1997年 第4戦 - 1998年 撤退
ホンダ NSX(後期型)[注 4] 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
NSX(中期型)[注 4] 2001年 第5戦 - 2003年 NSX(後期型)に移行
マツダ RX-7(FD3S型) 1995年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
RX-7(FC3S型) 1994年 - 1997年 第1戦 撤退
ロードスター(NA型)[注 5] 1997年 第2-4,5戦 - 1995年 第2,4,5,7戦 撤退
スバル インプレッサ(GD中期型) 2003年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
インプレッサ(GD前期型) 2002年 インプレッサ(GD中期型)に移行
インプレッサ(GC型) 1997年 第6戦 - 2001年 インプレッサ(GD型)に移行
ASL ガライヤ 2003年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
ポルシェ 911GT3RSR(996型) 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
911GT3RS(996型) 2002年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
911GT3R(996型) 2000年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
911GT3カップカー(996型) 2003年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
911GT2(993型) 1998年 - 2001年 撤退
911RS(993型) 1996年 - 1999年 撤退
911RSR(993型) 1996年 - 1997年 撤退
911カレラRSカップカー(964型) 1995年 撤退
911カレラRS(964型) 1994年 - 1995年 撤退
ボクスター(986型) 2000年 SUPER GT移行後、別チームが新製。
968 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
BMW M3CSL(E46型) 2003年 撤退
M3GT(E46型) 2002年 - 2003年 撤退
M3(E36型) 1996年 - 1999年 撤退
M3(E30型) 1994年 - 1996年 M3(E36型)に移行
3シリーズ(E36型) 1997年 - 1998年 撤退
フェラーリ F360GT 2003年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
360モデナ 2001年 - 2002年 撤退
F355 1997年 - 2000年 撤退
シボレー コルベット(C4型)[注 6] 2002年 撤退
ダッヂ バイパー(2代目) 2003年 撤退
バイパー(初代)[注 4] 2000年 第6戦 - 2002年 バイパー(2代目)に移行
モスラー MT900R 2001年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
ヴィーマック RD320R 2002年 - 2004年 SUPER GT移行後も継続参戦
ルノースポール スピダー 1997年 第2,6戦 スポット参戦
RGS ミラージュGT-1[注 4] 2003年 第1-6戦 RD320Rに移行

2005年以降の参戦車種はSUPER GTの項を参照。

歴代チャンピオン[編集]

ドライバーズ(マシン) チームズ
GT1 Class/GT500 Class GT2 Class/GT300 Class GT1 Class/GT500 Class GT2 Class/GT300 Class
1994年 日本の旗 影山正彦
カルソニック スカイライン
日本の旗 小幡栄
KORG KEGANI ポルシェ
HOSHINO RACING KEGANI RACING
1995年 日本の旗 影山正彦
(カルソニック スカイライン)
日本の旗 石橋義三/日本の旗 星野薫
(欧州車販売の
外国屋スカイライン)
TEAM TAISAN 石橋義三
1996年 デンマークの旗 ジョン・ニールセン/オーストラリアの旗 デビッド・ブラバム
ラーク マクラーレンF1GT-R
日本の旗 鈴木恵一/日本の旗 新田守男
(タイサン ポルシェ RSR)
チーム ラーク マクラーレンGT-R TEAM TAISAN Jr.
1997年 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ/ドイツの旗 ミハエル・クルム
カストロール トムス スープラ
日本の旗 織戸学/日本の旗 福山英朗
(RS☆Rシルビア
TOYOTA Castorl TEAM RS-Rレーシングチーム
with BANDOH
1998年 フランスの旗 エリック・コマス/日本の旗 影山正美
(ペンズオイル ニスモGT-R)
日本の旗 鈴木恵一/日本の旗 舘信吾
つちやMR2
NISMO TEAM TAISAN Jr.
with つちや
1999年 フランスの旗 エリック・コマス
(ペンズオイル ニスモGT-R)
日本の旗 新田守男
(モモコルセ アペックスMR2)
TOYOTA Castrol TEAM TOM'S MOMOCORSE Racing Team
with Tsuchiya
2000年 日本の旗 道上龍
(Castrol 無限 NSX
日本の旗 福山英朗
シェルタイサンアドバンGT3R)
無限×童夢 プロジェクト TEAM TAISAN JR.
with ADVAN
2001年 日本の旗 立川祐路/日本の旗 竹内浩典
auセルモスープラ)
日本の旗 大八木信行/日本の旗 青木孝行
(ダイシン ADVAN シルビア)
NISMO TEAM TAISAN ADVAN
2002年 日本の旗 脇阪寿一/日本の旗 飯田章
エッソウルトラフロースープラ)
日本の旗 新田守男/日本の旗 高木真一
ARTAアペックスMR-S
無限×童夢 プロジェクト TEAM TAISAN ADVAN
2003年 日本の旗 本山哲/ドイツの旗 ミハエル・クルム
ザナヴィ ニスモGT-R)
日本の旗 木下みつひろ/日本の旗 柳田真孝
ハセミスポーツ エンドレス Z
NISMO TEAM TAISAN ADVAN
2004年 日本の旗 本山哲/北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
(ザナヴィ ニスモZ)
日本の旗 山野哲也/日本の旗 八木宏之
(M-TEC NSX)
NISMO M-TEC CO.LTD.

2005年以降の歴代チャンピオンは、SUPER GTの項を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ 1993年まで行われていた全日本ツーリングカー選手権(JTC)に参戦していたスカイライン GT-Rが、参戦できるカテゴリーを失ったために設立されたという話がある。
  2. ^ 参加車両はGT1クラスがスカイラインGT-R、GT2クラスがシルビアと各クラス1台ずつのみであった。ジャパン・スーパースポーツ・セダンレース(JSS)と混走であったが、4戦中1戦は参加車両不足で不成立となった。
  3. ^ 義務では無いため、GT500クラスは「1」を必然的に付けているが、GT300クラスで「0」を付けるケースは少ない。なお、SUPER GTも同様で、2006~2011年においてGT300クラスで「0」をつけるケースは見られていない。2012年に前年チャンピオンのGSR&Studie with TeamUKYOが「0」を使用している。
  4. ^ この問題は後のSUPER GTにおいても継続している。

注釈[編集]

  1. ^ 一部参戦車のみ。
  2. ^ a b GT500クラスに参戦していたスープラのコンポーネントを流用していた
  3. ^ JTCCに参戦していたエクシヴのコンポーネントを流用していた
  4. ^ a b c d GT500クラスで使用していた個体をデチューンした上で流用していた
  5. ^ RX-7用13B型エンジンに換装していた
  6. ^ C5型に似せた外装に仕立てていた

関連項目[編集]