八代万智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
やしろ まちこ
八代 万智子
本名 伊東 和子(旧姓:竹田)
別名義 八代 真矢子
生年月日 (1939-08-10) 1939年8月10日(77歳)
出生地 日本の旗日本北海道
ジャンル 俳優
活動内容 映画演劇テレビドラマなど
主な作品
プレイガール

八代 万智子(やしろ まちこ、1939年12月2日 -)は、北海道礼文郡礼文町[1]出身の女優。本名は伊東和子(旧姓は竹田)。東映の現代物映画やテレビドラマ『プレイガール』等で活躍した。1960年代半ばに、一時期八代真矢子を名乗っていた事がある。

来歴[編集]

1958年東映ニューフェイスの第5期に合格[2]。同期には梅宮辰夫応蘭芳高島新太郎小嶋一郎滝川潤がいる。東映へ入社し、映画『海のGメン 暁の急襲隊』の端役でデビュー。その後多くの映画に出演したが、当時の東映は男性アクション作品が主であり、その脇役としての出番がほとんどだったため、1963年に東映を退社し[2]活躍の場をテレビ中心に移す。1966年には特撮ドラマ『マグマ大使』で主人公マモル少年の母親役を演じた。八代は当時26歳で、マモル役の江木俊夫は13歳である。 1969年より、代表作となるテレビドラマプレイガール』に五代万智子役で出演した。初回からのレギュラーではなかったが、第4話に女探偵として登場、そのままプレイガールメンバーとなった。同作は昭和40年代を代表する人気アクションドラマのひとつとなり、八代も沢たまきに次ぐサブリーダー格として1974年の最終第287話まで出演した。男勝りの沢に対し、優しく面倒見の良い姉さん格として若いメンバーを支える役柄であったが、大胆なセクシーアクションも披露した。また同作放映中の1970年には映画『現代女胴師』で初の本格主演を務めている。

『プレイガール』終了後、結婚を機に引退した。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

  • 海のGメン 暁の急襲隊 (1959年6月)
  • 父と娘 (1959年7月)
  • 警視庁物語 遺留品なし (1959年9月)
  • 鹿島灘の女 (1959年10月) - みゆき 役
  • 拳銃を磨く男 (1959年11月)
  • べらんめえ芸者 (1959年12月)
  • おれたちの真昼 (1960年5月)
  • 大いなる旅路 (1960年3月)
  • 第三の疑惑 (1960年5月)
  • 悪魔の札束 (1960年7月)
  • 警視庁物語 深夜の130列車 (1960年1月)
  • 天下の快男児 万年太郎 (1960年1月)
  • 俺から行くぞ (1960年4月)
  • 警視庁物語 血液型の秘密 (1960年6月)
  • 警視庁物語 聞き込み (1960年6月)
  • 決斗の谷 (1960年6月)
  • 天下の快男児 突進太郎 (1960年7月)
  • 吠えろ岸壁 (1960年7月)
  • 遥かなる母の顔 (1960年10月)
  • 特ダネ三十時間 笑う誘拐魔 (1960年11月)
  • 特ダネ三十時間 曲り角の女 (1960年11月)
  • べらんめえ芸者罷り通る (1961年1月)
  • 警視庁物語 不在証明 (1961年1月)
  • 警視庁物語 十五才の女 (1961年2月)
  • 赤い影の男 高速三号線を張れ (1961年2月)
  • 不敵なる脱出 (1961年2月)
  • 拳銃野郎に御用心 (1961年2月)
  • 大学武勇伝 (1961年3月)
  • 東京新撰組 (1961年3月)
  • 腕まくり七色娘 (1961年5月)
  • 地獄に真紅な花が咲く (1961年5月)
  • 花と嵐とギャング (1961年6月) - お若 役
  • 霧と影 (1961年8月) - 民子役
  • ファンキーハットの快男児 (1961年8月) - 桜井とも子 役
  • 黄色い風土 (1961年9月) - 谷川由美 役
  • 万年太郎と姐御社員 (1961年10月) - ミス釧路 役
  • 悪魔の手毬唄 (1961年11月) - 和泉須磨子 役
  • 白昼の無頼漢 (1961年11月)
  • はだかっ子 (1961年11月)
  • 進藤の社長シリーズ 石松社員は男でござる (1961年11月)
  • 乾杯! ごきげん野郎 (1961年12月)
  • 八人目の敵 (1961年12月)
  • 恋愛学校 ラブ・スクール (1962年2月) - 野田圭子 役
  • 新婚シリーズ 月給日は嫌い (1962年1月)
  • 新婚シリーズ 最初が肝心 (1962年2月)
  • 若者たちの夜と昼 (1962年4月)
  • サラリーマン一心太助 (1962年6月)
  • ギャング対ギャング (1962年7月) - 弓子 役
  • 山麓 (1962年7月)
  • 地獄の裁きは俺がする (1962年8月)
  • こまどり姉妹 おけさ渡り鳥 (1962年9月)
  • 狙い射ち無頼漢 (1962年10月)
  • 地獄の影法師 (1962年11月) - お扇 役
  • 若ざくら喧嘩纏 (1962年11月)
  • 薩陀峠の対決 (1962年12月)
  • こまどりのりんごっ子姉妹 (1963年1月)
  • 旗本退屈男 謎の竜神岬 (1963年1月)
  • ギャング対Gメン 集団金庫破り (1963年2月) - 秋子 役
  • 警視庁物語 ウラ付け捜査 (1963年2月)
  • 伝七捕物帖 女狐小判 (1963年3月)
  • 東京アンタッチャブル 脱走 (1963年3月)
  • 新・夫婦善哉 (1963年10月) - おふさ 役
  • ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗(1964年2月)
  • 網走番外地 望郷篇 (1965年10月) - 藤子 役
  • 密告(たれこみ) (1968年5月)
  • 怪猫 呪いの沼 (1968年7月) - 日向の局 役
  • 謝国権「愛」より(秘)性と生活 (1969年2月)
  • 戦後最大の賭場 (1969年4月) - 今村由起 役
  • 緋牡丹博徒 二代目襲名 (1969年4月)
  • 懲役三兄弟 (1969年5月)
  • 夜の歌謡シリーズ 悪党ブルース (1969年8月)
  • 現代女胴師 (1970年4月)
  • やくざ刑事 (1970年5月) - 牧典子 役
  • 喜劇 ギャンブル必勝法 (1970年10月)
  • 経験 (1970年10月)
  • 昭和残侠伝 死んで貰います (1970年9月) - 姉さん芸者 役
  • 戦後秘話 宝石略奪 (1970年6月) - マダム井上 役
  • 日本暴力団 組長くずれ (1970年6月)
  • 不良番長 一獲千金 (1970年4月)
  • (秘)セックス恐怖症 (1970年8月) - 伊沢良子 役
  • 日本悪人伝 (1971年2月) - お豊 役
  • 未亡人殺しの帝王 (1971年2月) - 吉川銀子 役
  • 極悪坊主 飲む・打つ・買う (1971年2月) - まぼろしお銀 役
  • 喜劇 いじわる大障害 (1971年3月)
  • すいばれ一家 男になりたい (1971年4月)
  • 渡世人 命の捨て場 (1971年6月)
  • 傷だらけの人生 (1971年7月) - おしま 役
  • 悪親分対代貸 (1971年10月)
  • 悪の親衛隊 (1971年11月)

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

その他の活動[編集]

  • プレイガールオフィス・トークショー「プレイガール伝説」(2000年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、1980年
  2. ^ a b 「INTERVIEW 八代万智子」『別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、96頁。ISBN 978-4-8003-0174-1。

関連項目[編集]