ヤマタノオロチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
『日本略史 素戔嗚尊』に描かれたヤマタノオロチ(月岡芳年・画)

ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)は日本神話に登場する伝説の生物

概要[編集]

八岐大蛇は『日本書紀』での表記。『古事記』では八俣遠呂智と表記している。高志之八俣遠呂知。「ヤマタノオロチ」という名称の意味は諸説ある。「オロチ」の意味として、「お」は峰、「ろ」は接尾語、「ち」は霊力、また霊力あるものとする説もあるが、の古語である「ミヅチ」や、ヤマカガシを古来「ヤマカガチ」と呼ぶなどのように、「ち」とは蛇の意味とする説もある。本来は山神または水神であり、八岐大蛇を祀る民間信仰もある[1][2][3]

神話[編集]

古事記[編集]

石見神楽演目:大蛇(おろち)

高天原を追放された須佐之男命(スサノオノミコト)は、出雲国の肥河(島根県斐伊川[1])の上流の鳥髪(現・奥出雲町鳥上)に降り立った。箸が流れてきた川を上ると、美しい娘を間に老夫婦が泣いていた。その夫婦は大山津見神の子の足名椎命と手名椎命であり、娘は櫛名田比売(くしなだひめ)といった。

夫婦の娘は8人いたが、年に一度、高志から八俣遠呂智という8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物がやって来て娘を食べてしまう[1]。今年も八俣遠呂智の来る時期が近付いたため,最後に残った末娘の櫛名田比売も食べられてしまうと泣いていた[1]

須佐之男命は、櫛名田比売との結婚を条件に、八俣遠呂智退治を請け負った。まず、須佐之男命は櫛名田比売を櫛に変えてしまい、自分の髪に挿した。そして、足名椎命と手名椎命に、7回絞った強い酒(八塩折之酒)を醸し、8つの門を作り、それぞれに酒を満たした酒桶を置くようにいった。準備をして待っていると八俣遠呂智がやって来て、8つの頭をそれぞれの酒桶に突っ込んで酒を飲み出した。八俣遠呂智が酔って寝てしまうと、須佐之男命は十拳剣で切り刻んだ[2]。このとき,尾を切ると剣の刃が欠け,尾の中から大刀が出てきた。そしてこの大刀を天照御大神に献上した。これが「草那芸之大刀(くさなぎのたち)」である[4]

八俣遠呂智を退治した須佐之男命は、櫛に変えた櫛名田比売を元の姿に戻し、彼女と暮らす場所を求めて出雲の根之堅洲国(現;島根県安来市[5])の須賀の地[6]へ行き、そこで「夜久毛多都 伊豆毛夜幣賀岐 都麻碁微爾 夜幣賀岐都久流 曾能夜幣賀岐袁 [7]」(八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を)と詠んだ。

日本書紀[編集]

素戔嗚尊(すさのお)は天より降って出雲の國の簸(ひ)の川上に到った。その時、川上で泣き声が聞こえた。そこで声の方を尋ねると、老夫婦がきれいな少女を間にして泣いていた。 老夫婦は脚摩乳(あしなづち)と手摩乳(てなづち)といい、少女は二人の娘で奇稲田姫(くしいなだひめ)といった。

素戔嗚尊は泣いていた理由を尋ねた。老夫婦にはもともと八人の娘がいたが、毎年一人ずつ八岐大蛇(やまたのおろち)という怪物に食べられてしまい、末娘の奇稲田姫だけになってしまった。そして残った奇稲田姫ももうじき食べられてしまうので、悲しくて泣いていたのだという。

素戔嗚尊は、「八岐大蛇を退治する代わりに奇稲田姫を嫁に欲しい」と申し出た。老夫婦は喜んでその申し出を承諾した。すると素戔嗚尊は奇稲田姫の体に触れ、たちどころに湯津爪櫛(ゆつつまぐし)の形に変えてしまった。素戔嗚尊は湯津爪櫛になった少女を御髻(みづら)に挿し、脚摩乳と手摩乳に八回醸した酒を作らせ、八面に塀を立て、各々一つずつ樽を置き、酒を盛らして待った。

時が過ぎ八岐大蛇が現れた。頭と尾はそれぞれ八つずつあり、眼は赤い鬼灯のようであった。松や柏が背中に生えていて、八つの丘、八つの谷の間に延びていた。大蛇は酒を飲もうとして、頭を各1つの樽に入れて飲み、酔って眠ってしまった。そこで素戔嗚尊は十握剣(とつかのつるぎ)を拔いて、ずたずたに八岐大蛇を斬った。尾を斬った時、の刃が少し欠けた。そこでその尾を割り裂いて見ると、中にひとふりの剣があった。これがいわゆる「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」である〔ある書では、元の名は天叢雲剣。日本武尊に至って名を草薙剣に改めたという〕。素戔嗚尊はこの剣を天神(あまつかみ)に献上する。

そうした後に、奇稲田姫を湯津爪櫛から少女の形に戻し、結婚の地を探して、出雲の淸地(すが)を訪れ、宮を建てた。そして「八雲たつ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」詠んだ。

第八段一書(二)では、素戔嗚尊は安藝國(あきのくに)の可愛(え)の川上に下り到った。そこに神がいて、名を脚摩手摩(あしなづてなづ・脚摩乳)と言い、その妻の名を稲田宮主簀狭之八箇耳(いなだのみやぬしすさのやつみみ・手摩乳)と言う。この神は身籠っていたが、夫婦ともに悲しんでいて、素戔嗚尊(すさのおのみこと)に告げて「我が生みし子は多しけれども、生む毎(ごと)に輙(すなわ)ち八岐大蛇有りて来たりて呑む。ひとりも存(あ)るを得ず。今、我産まんとす。恐らくはまた呑まれなん。是を以ちて哀傷(かなし)む」と告げた。素戔嗚尊(すさのおのみこと)は教えて「汝、衆(あまた)の菓(このみ)を以ちて、酒、八甕(やはち)を釀(か)むべし。我まさに汝が為に八岐大蛇を殺さん」と言った。 二神、教えの隨(に酒を設(ま)く(用意した)、とある。

いざ産む時になって彼の八岐大蛇が戸口に現れ、子を呑もうとした。素戔嗚尊は八岐大蛇に勅して「汝は是れ畏(かしこ)むべき神なり。敢て饗(みあえ)せざらんや」と持成し、八甕(やはち)の酒を以ちて、口ごとに沃(そそ)ぎ入れた。その蛇は酒を飲みて睡(ねむ)った。素戔嗚尊は剣を拔きてこれを斬った。尾を斬る時に剣の刃が少し欠けたので、割りてこれを視るに剣が尾の中に在った。 これを草薙剣と言う。これは今、尾張國の吾湯市村(あゆちのむら)にある。熱田の祝部(はふりべ)の掌(つかさど)るがこれである、とある。その蛇を斬った剣を蛇之麁正(おろちのあらまさ)と言う。これは今石上(いそのかみ)にある。[8]

この後、稲田宮主簀狭之八箇耳が生んだ、子の真髪触奇稲田媛(まかみふるくしいなだひめ)を出雲國の簸之川の川上に移して育てた。そうした後に素戔嗚尊が妃とし、生ませた子の六世の孫を大己貴命と言う、とある。

第八段一書(三)では、 素戔嗚尊は奇稲田媛を幸(め)さん(娶ろう)と欲(おも)い、これを乞いた(求めた)。 脚摩乳と手摩乳は「請う、先ず彼の八岐大蛇を殺したまえ。然して後に幸(め)さば宜(よろ)しからん。彼の八岐大蛇、頭(かしら)ごとに各(おのおの)石(いわ)・松有り。両の脇に山有り。甚(いと)畏(かしこ)むべし。まさに何を以ちてこれを殺さん」と答えた。 素戔嗚尊は計りありて毒の酒を釀(か)み、以ちいて飲ませた。 八岐大蛇は酔いて睡(ねむ)る、とある。

そこで素戔嗚尊は蛇韓鋤之剣(おろちのからさびのつるぎ)を以ちて、頭を斬り、腹を斬る。 その尾を斬った時に剣の刃が少し欠た。 故に尾を裂きて看るとそこにはにひとふりの剣があった。名を草薙剣と言う。この剣は昔、素戔嗚尊の許(もと)に在ったもので、今は尾張國に在る。 その素戔嗚尊が八岐大蛇を断ちし剣は、今に吉備(きび)の神部(かむべ)が許に在る。 出雲の簸(ひ)の川上の山、これなり、とある。

解釈[編集]

記紀にみえる神話には動物神が人間神に倒されるというアンドロメダ型神話に代表される類型がみられる。

ヤマタノオロチについて、「洪水の化身」などと解釈されることがある。オロチは水を支配する竜神を、クシナダヒメは稲田を表すと見做して[2]、毎年娘をさらうのは河川の氾濫の象徴であり、オロチの退治は治水を表すとする。また、大蛇が毎年娘をさらったことは、毎年一人の処女が生贄にされたことを表し、治水の成功によりその風習を廃したことを表す、などとされる。

「高志之(こしの、コシ-の)」の解釈にも諸説あり、例えばこの当時、出雲国は越国(北陸地方)との交戦状態にあり、『出雲国風土記』には意宇(オウ)郡母里(モリ)郷(現・島根県安来市)の地名説話で「越の八口」の平定の記載があるため、出雲と越の勢力争いをヤマタノオロチ神話の原型や土台とする説がある。高志=越とみる根拠には、旧越国である福井県などに、「高志(野)」、「九頭竜(くずりゅう)」などの名称や地名があること(例:高志高校九頭竜川など)や、四隅突出型墳丘墓のように、過去に文化的・権力的な関連があったとされることなどが挙げられる。

草薙剣は出雲国の古代製鉄文化を象徴する、とする説もある。草薙剣は鋼製であり、十拳剣が草薙剣に当たって欠けたことは、十拳剣は鉄製であったことを類推させ、当時最先端の技術であった製鋼、またはその技術の結晶・産物である鋼刀を「アマテラスに献上した」というストーリーはその頃の出雲と大和の関係を暗示して興味深いとされることがあるが治水説とは相反している。宮中の草薙剣はその後、平安時代末期の源平争乱の頃、平家滅亡の際に入水死した安徳天皇と共に失われるが、『平家物語』はこれを八岐大蛇が安徳天皇となって草薙剣を取り返しに来たとする(草薙剣説)もあるが愛知県名古屋市に所在する熱田神宮の御神体となっている説がある(詳しくは天叢雲剣の項参照)。

「オロチの腹が血でただれている」について、砂鉄(あるいは鉱毒)で川が濁った様子を表すとする説がある。たたら吹きには大量の木炭を必要とするため、上流の木が伐採しつくされた結果洪水が起きたことを表すともされ、実際に島根県斐伊川流域はたたら吹きによる土砂排出によって天井川となり、度々洪水を起こしている。洪水後には蛇の鱗を思わせる砂洲(「鱗状砂洲」)が幾条も生じることがあるため,これが大蛇として神格化された、などと説明される。また、島根・鳥取県境の船通(鳥髪、鳥上)山系を源とする日野川、斐伊川、飯梨川江の川、伯太川などの川、およびその支流を頭が8つある大蛇に見立てたとする説もあり、これらの河川を一部の研究者は「オロチ河川群」と呼ぶ。

その他、八岐大蛇は火山による火砕流を神格化したとする説もある。

須佐神社には、ヤマタノオロチの骨とされる物が納められている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 戸部民夫 『日本神話』、64-65頁。
  2. ^ a b c 戸部民夫 『日本神話』、66-67頁。
  3. ^ 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社
  4. ^ 戸部民夫 『日本神話』、69頁。
  5. ^ 安本美典 『邪馬台国と出雲神話』。
  6. ^ 島根県安来市の須我神社とされる(ヤマタノオロチ伝説ゆかりの地<しまね観光ナビ>)。
  7. ^ 国宝真福寺本古事記 上巻
  8. ^ この剣は石上布都魂神社で祭られたが、崇神天皇の代に石上神宮に納められたというが所在は不明である。

参考文献[編集]

  • 戸部民夫 『日本神話…神々の壮麗なるドラマ』 神谷礼子画、新紀元社〈Truth In Fantasy〉(原著2003年10月26日)、初版。ISBN 9784775302033。2009年12月6日閲覧。

関連項目[編集]