八木裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
八木 裕
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県玉野市
生年月日 (1965-06-08) 1965年6月8日(51歳)
身長
体重
182 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手一塁手遊撃手
プロ入り 1986年 ドラフト3位
初出場 1987年5月12日
最終出場 2004年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (2009 - 2015)

八木 裕(やぎ ひろし、1965年6月8日 - )は、岡山県玉野市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。愛称は「代打の神様」、「ハチキ」。

来歴・人物[編集]

現役時代[編集]

玉野市立胸上小学校、東児中学校から岡山県立岡山東商業高等学校へ入学。2年生の頃から4番を打ち、1982年、2年生の夏の全国高等学校野球選手権岡山大会では準決勝で川相昌弘(元巨人中日)や後にチームメイト(同年齢同学年だがプロ野球では先輩)となる横谷総一(現阪神球団フロント)のいた岡山南を破ったが、決勝で関西に敗れ、翌年の3年生の夏は初戦で倉敷商に敗れて甲子園出場はできなかった。3年生の頃はアンダースローの控え投手としてマウンドに立つこともあった。 佐々木誠とは同じ岡山県出身で、同年齢同学年(佐々木は水島工)で高校時代からのライバルであった。1999年に佐々木が阪神に移籍をしてチームメイトになっている。

高校卒業後、三菱自動車水島を経て、1986年ドラフト3位で阪神に入団する。1988年は1A・フレズノ・サンズに野球留学した。 主に守備力と走力を評価されてプロ入りした選手だったが、打力で売り出し、1989年6月ごろからレギュラーに定着。掛布二世とも呼ばれ、1990年に28本塁打、1991年に22本塁打、チームが優勝争いをしていた1992年に21本塁打を記録するなど長距離砲として活躍した。

同1992年9月11日ヤクルトとの首位攻防戦では、9回裏2アウト一塁の場面で左中間に大飛球を放ち、フェンス下部のラバークッションに当たってスタンドに入り、これを平光清二塁塁審がホームランと判定し、一度はサヨナラ勝ちのホームを踏んだ。しかし、ヤクルト野村克也監督が抗議し、審判団が「エンタイトル二塁打」に判定を覆したため、今度は阪神中村勝広監督が抗議。37分の中断後、連盟提訴を条件に試合は再開され、結局延長15回引き分け。中断時間を含めて6時間26分のロングゲームとなり、終了時には日付が改まって翌日の0時26分となっていた(平光清の項を参照)。

その後は若手の亀山努新庄剛志などが台頭し、1992年を境に故障もあり次第と出番が減っていった。ついに一軍出場がなくなった1996年オフにはチームの戦力構想から外れかけたが、吉田義男新監督の進言で残留。

その後代打としての適性の高さを見せ、1997年には代打率4割、1998年には開幕からしばらく代打率5割以上をマークするなど、ここ一番の場面で登場する代打の切り札となった。その後も絶好の場面で好打を放つことから吉田監督から「代打の神様」と命名され、「代打・八木」のコールで球場を大いに沸かせる選手となる。

また、チームがリーグ優勝した2003年には濱中おさむの故障などチーム事情もあり、勝負強さを買われて数試合で4番を任され、それに見合う活躍をする。それ以外の試合でも代打で力を遺憾なく発揮し、阪神18年ぶりの優勝に貢献した。この年は阪神が6月ごろからセ・リーグで独走状態となったが、阪神ナインには同年入団した金本知憲なども含め、優勝争い経験が希薄だったので、優勝が現実に迫る中冷静でいられる方法を八木に聞いていた者もいた。1992年に優勝争いをしていた当時の阪神ナインで、この年の星野仙一監督の胴上げに選手として加わったのは久慈照嘉桧山進次郎と八木だけである。桧山は当時ルーキーの一軍半の選手で、久慈は一度中日に移籍しているため、生え抜きの当時の主力では八木だけになる。

代打としての出場が多くなってから、常々、リーグ優勝を経験したら引退と口にしていたが、翌2004年をもって現役を引退。引退の理由は、中日戦で、前の打者が2人連続で敬遠されて自分は三振に終わり、相手チームから自分が打てないと判断された、と感じたためであった。10月10日阪神甲子園球場で行われた阪神対読売ジャイアンツ最終戦が引退試合となった。この試合では8回裏に代打で登場し、ライト前ヒットを放った。阪神がリードのまま、9回表には一塁の守備に就いた。巨人の攻撃は三者凡退で3つのアウト全てが内野ゴロだったため、全てのボールが八木のミットに収まり、ウイニングボールをゲームセットの瞬間に直接手にした。八木にとってまさに有終の美を飾る試合となり、試合後の引退セレモニーでは「憧れの、甲子園の打席に立つことは…もうありません」と感極まった。通算代打成績は400打数、94安打、13本塁打、98打点、打率.235。なお、代打での通算98打点は球団歴代2位の記録である。

現役時代、甲子園球場での登場テーマはジグソースカイ・ハイ。これは二岡智宏と同じである。

現役引退後[編集]

2005年から2008年まで、毎日放送野球解説者や、サンケイスポーツ専属の野球評論家として活動していた。MBSラジオでは、通年放送の冠番組いざゆけ八木裕!』のパーソナリティを担当。阪神とロッテが対戦した2005年の日本シリーズでは、直前予想で「ロッテ4連勝」と明言したところ、的中に至った。また、マスターズリーグでは、2005-2006シーズンから大阪ロマンズの選手として参加している。

2009年から、二軍打撃コーチとして阪神へ復帰。2012年のみ二軍の育成チーフコーチを兼務したが、2015年限りで退任した。2016年からは、毎日放送で野球解説者、サンケイスポーツで野球評論家としての活動を再開している。2016年度のナイターオフ期間には、『with Tigers MBSベースボールパーク みんなでホームイン!』(MBSラジオ)の木曜日にレギュラーで出演。自身がメインで進行する「選手を診察 八木クリニック」というコーナーでは、「『八木クリニックの院長』として「阪神の(コーチ時代に指導した)若手選手に架空の薬名で処方箋を出す」という設定での解説によって、リスナーから高い人気を得ている。

解説者・コーチ時代を通じて、プロ野球のオフシーズンには、中学生向けの野球大会「八木杯」や野球教室を毎年開催している。その一方で、阪神のコーチを退任した直後には、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な学生野球資格の回復に向けた研修会へ参加[1]。研修会の受講後には、「常任での指導まではまだ考えていないが、母校(岡山東商)からの要請があれば協力したい」いうコメントを残している[2]。2015年12月13日に研修会をすべて修了した[3]後に、2016年12月12日付で資格を回復[4]

2016年12月末には、『みんなでホームイン!』などの番組への出演と並行しながら、古巣・阪神のジュニアチーム監督としてNPB12球団ジュニアトーナメントに初参加。現役時代の後期と同じ背番号3のユニフォームを着用[5]しながら、チームを初めての決勝進出に導いた。なお、チームは決勝戦で、鈴木尚典率いるDeNAのジュニアチームに敗れている[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 阪神 69 125 120 8 21 3 0 2 30 11 0 1 1 0 3 0 1 35 1 .175 .202 .250 .452
1988 9 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
1989 102 301 271 33 58 12 4 16 126 40 3 0 4 0 26 2 0 67 5 .214 .283 .465 .748
1990 124 463 412 63 103 15 2 28 206 66 4 2 4 3 41 2 1 101 8 .250 .316 .500 .816
1991 130 524 472 60 118 12 1 22 198 64 11 1 0 4 43 0 5 113 13 .250 .317 .419 .736
1992 129 492 424 57 113 23 3 21 205 60 8 6 5 1 59 3 3 84 8 .267 .359 .483 .842
1993 103 357 315 30 74 18 3 9 125 47 3 5 4 7 29 1 2 64 6 .235 .297 .397 .694
1994 71 280 247 27 64 9 4 6 99 28 1 1 7 4 21 0 1 47 11 .259 .315 .401 .716
1995 71 204 180 22 48 8 1 5 73 14 1 0 2 1 16 1 5 43 3 .267 .342 .406 .748
1997 94 221 189 26 52 8 2 4 76 30 0 1 0 1 30 1 0 45 5 .275 .371 .402 .773
1998 95 207 188 21 53 11 0 3 73 31 2 0 0 0 18 2 1 36 5 .282 .348 .388 .736
1999 78 88 77 3 14 4 0 1 21 8 0 0 0 0 9 1 2 15 4 .182 .284 .273 .557
2000 48 81 69 11 17 3 1 5 37 15 0 0 0 1 11 0 0 15 2 .246 .346 .536 .882
2001 85 136 121 6 24 1 0 1 28 15 0 0 3 1 11 1 0 27 3 .198 .263 .231 .494
2002 64 80 67 3 19 1 0 3 29 24 0 1 0 4 7 2 2 14 0 .284 .350 .433 .783
2003 64 119 105 11 30 6 0 0 36 21 0 0 0 4 9 3 1 20 0 .286 .336 .343 .679
2004 32 41 37 2 9 3 0 0 12 5 0 0 0 0 4 1 0 11 1 .243 .324 .317 .641
通算:17年 1368 3728 3303 383 817 137 21 126 1374 479 33 18 30 31 337 20 24 742 75 .247 .319 .416 .735
  • 1996年は1軍出場なし

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
  • 初出場:1987年5月12日、対読売ジャイアンツ3回戦(後楽園球場)、8回裏に三塁手で出場
  • 初打席:同上、9回表に角三男から三振
  • 初安打・初本塁打・初打点:1987年5月13日、対読売ジャイアンツ4回戦(後楽園球場)、8回表に木戸克彦の代打で出場、江川卓から左越ソロ
  • 初先発出場:1987年5月30日、対読売ジャイアンツ8回戦(後楽園球場)、7番・三塁手で先発出場
節目の記録

背番号[編集]

  • 14 (1987年)
  • 3 (1988年 - 2004年)
  • 76 (2009年 - 2015年)

関連情報[編集]

いずれも毎日放送の野球解説者時代

出演CM[編集]

野球解説者としてのレギュラー出演番組[編集]

阪神のコーチ時代をはさんでいるため、2004 - 2007年を便宜上「第1期」、2016年以降を「第2期」と表記。

テレビ[編集]

いずれもMBSテレビで放送

ラジオ[編集]

いずれもMBSラジオで放送

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]