内田良平 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
うちだ りょうへい
内田 良平
生年月日 (1924-02-05) 1924年2月5日
没年月日 (1984-06-15) 1984年6月15日(満60歳没)
出生地 千葉県銚子市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
主な作品
映画
『ギャング同盟』
やくざ刑事シリーズ

内田 良平(うちだ りょうへい、1924年2月5日 - 1984年6月15日)は、日本俳優千葉県銚子市出身。

来歴・人物[編集]

法政大学経済学部在学中の1950年新協劇団に入り、演劇を始める[1][2]1951年杉浦直樹小松方正らと劇団「新演劇研究所」を結成して活動するが、程なく解散した。東映での映画出演を経て、1953年に友人から小林正樹を紹介され、その伝手で松竹映画にも出演。日活の『機動捜査班』シリーズに出演した後、1963年に東映の『ギャング同盟』で初主演する。

1965年、愛人に「へそ下」を切られるスキャンダルが起きる。「34歳、独身」という触れ込みだったが、東京、京都に別々の内妻がいる「41歳」だったことが報道で明らかになってしまう。

彫りの深い日本人離れしたマスクからギャング役などの悪役を中心に数多く映画とテレビドラマで助演を果し、映画『やくざ刑事シリーズ』、『青春の殺人者』、『ザ・スパイダースのバリ島珍道中』等の話題作でコミカルなものからアクション、世相実録ものでシニカルなものまで幅広い演技で出演した。1963年の映画『十三人の刺客』で思慮遠望巡らす鬼頭半兵衛役は当り役の一つとされる。

詩人としても知られ、動物や昆虫をテーマにした詩を数多く作った。なかでも詩集『おれは石川五右衛門が好きなんだ』の「ハチのミヤモトムサシは死んだんだ」にむろふしチコが補作詞した楽曲『ハチのムサシは死んだのさ』は、1972年平田隆夫とセルスターズによって大ヒットした。

1984年6月15日、演劇の巡業先で心筋梗塞のため急死した。60歳没。

エピソード[編集]

  • 私生活ではチロリアンハットを愛用収集し演劇仲間がそれを着用しているとその入手先を必ず尋ねるほどだった。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

バラエティー番組[編集]

吹き替え[編集]

アニメ[編集]

参考資料[編集]

  • 『アウトローに挽歌はいらない』著作梅林敏彦 北宋社 1979年10月25日発行 0076-30018-1090

P113-127「内田良平インタビュー〜俺は映画俳優ってのに誇りが持てなくてね(1977年12月)」

脚注[編集]

  1. ^ 同郷の先輩岡田英次が所属、演出部に加入した。
  2. ^ 『アウトローに挽歌はいらない』著梅林敏彦 北宋社 1974年10月25日発行p115

関連項目[編集]