内藤陳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
内藤 陳
(ないとう ちん)
誕生 内藤 陳(ないとう のぶる)
1936年9月18日
日本の旗 日本 東京都
死没 2011年12月28日(満75歳没)
日本の旗 日本 東京都
職業 コメディアン俳優書評家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 日本大学芸術学部中退。
文学活動 日本冒険小説協会
代表作 読まずに死ねるか! シリーズ
親族 内藤辰雄(父)
テンプレートを表示

内藤 陳(ないとう ちん、1936年(昭和11年)9月18日 - 2011年(平成23年)12月28日)は、日本のコメディアン俳優書評家(ただし、自身は「“面白本のオススメ屋”」とコメント[1])。本名の読み方は「ないとう のぶる」。日本大学芸術学部中退。

プロフィール[編集]

東京都出身。プロレタリア文学作家内藤辰雄を父に持つ。7-8歳の頃には高円寺駅の前でゴザを敷き、父と共に読み古しの本の叩き売りをしていた。9歳の時には、東海道本線に単身無賃乗車し、離婚して岡山にいた母親に会いに行き、連れ戻された。

中学2年生のとき父親から勘当されて家出。役者を志し、喫茶店のボーイや八百屋の荷車引き、選挙運動の旗持ち、サンドイッチマン、大道芸人などの職を転々とする。研究生として榎本健一の映演プロを卒業。映演プロ在学中から浅草のストリップ劇場の舞台に立ち、栗実(のち久里みのる。本名栗原克彦)と共にコミックショーを演じる。

1963年(昭和38年)夏、ストリップ劇場のコメディアン仲間の井波健(本名平塚久夫)・成美信(本名大橋敏夫)と共にトリオ・ザ・パンチを結成し、「おら(=俺)、ハードボイルドだど!」などのギャグで人気を博す。1966年(昭和41年)、井波と交代する形で久里を加入させる。同年6月14日日劇ミュージックホールのダンサーで「セクシー・ファイブ」の一員だった坂巻史子と結婚したが、のち離婚。

1981年(昭和56年)からは『月刊プレイボーイ』誌で「読まずに死ねるか!」を連載し、冒険小説ハードボイルド小説を紹介。1981年(昭和56年)に日本冒険小説協会を設立して会長に就任。以後、「読まずに死ねるか!」シリーズを単行本として出版。

新宿ゴールデン街バー深夜プラスワン」(ギャビン・ライアルの作品から頂いた)を経営していた。

TBSで放送された深夜番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(1989年(平成元年) - 1990年(平成2年))に不定期で審査員として出演し、迷審査を行っていた。同番組では肩書きを「ハードボイルド作家」と紹介されていた。

2011年(平成23年)12月28日午後10時19分、食道癌のため東京都品川区の病院で死去[2]。75歳没。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • もう一度ボギー(主演 小堺一機)@シアターアプル
  • ミュージカル「ザ・ファンタスティックス」@東京都芸術劇場小ホール
  • 「贋作春琴抄」(望月六郎 作演出)2007年
  • 演劇ユニット経済とH「ベゴニアと雪の日」〜酒とバラの日々〜@OFFOFFシアター(佐藤治彦 作)2008年

著作[編集]

単著[編集]

  • 『読まずに死ねるか! 冒険小説・面白本のおススメ・ガイド・エッセイ』 集英社、1983年5月。ISBN 4-08-780039-3。
    • 『読まずに死ねるか!』 集英社〈集英社文庫〉、1985年8月。ISBN 4-08-749024-6。
  • 『読まずば二度死ね! 冒険小説・面白本のおススメ・ガイド・エッセイ・パートII』 集英社、1985年8月。ISBN 4-08-772537-5。
    • 『読まずば二度死ね!』 集英社〈集英社文庫〉、1988年1月。ISBN 4-08-749295-8。
  • 『飲らずにいえるか!』 スコラ、1986年9月。ISBN 4-06-202890-5。 - 発行・共同刊行:講談社。
  • 『読まずに死ねるか!』3、集英社、1987年8月。ISBN 4-08-772618-5。 - パート2の書名:『読まずば二度死ぬ!』。
    • 『読まずに死ねるか!』part 3、集英社〈集英社文庫〉、1990年8月。ISBN 4-08-749622-8。 - part2の書名:『読まずば二度死ね!』。
  • 『読まずに死ねるか!』4、集英社、1990年8月。ISBN 4-08-772755-6。
  • 『読まずに死ねるか!』第5狂奏曲、集英社、1994年11月。ISBN 4-08-774108-7。

共著[編集]

  • 南川三治郎 「内藤陳がガイドする 南川三治郎写真集より」『推理作家の発想工房』 内藤陳 ガイド、文藝春秋、1985年9月。ISBN 978-4-16-339970-6。
  • 和田誠 編著 「内藤陳、ヴォードヴィルを語る」『聞いたり聞かれたり』 七つ森書館、2013年11月。ISBN 978-4-8228-1389-5。

解説[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日ムック「名人・苦労人50人の整理法をぬすむ」ISBN 4620790745 本人の章より
  2. ^ “訃報:内藤陳さん75歳=コメディアン、冒険小説協会会長”. 毎日jp (毎日新聞). (2011年12月30日). オリジナル2012年1月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120108032410/http://mainichi.jp/select/person/news/20111231k0000m060063000c.html 2011年12月30日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 山下武大正テレビ寄席の芸人たち』 東京堂出版、2001年6月26日、70-76頁。ISBN 978-4-490-20430-8。
  • 毎日ムック「名人・苦労人50人の整理法をぬすむ」 毎日新聞社 ISBN 4620790745

関連項目[編集]