出動!ミニスカポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
出動!ミニスカポリス
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京(全国版はBSジャパン
CIA
ロコモーション
企画 テリー伊藤
プロデューサー 高橋紀成
出演者 #ミニスカポリスメンバー#その他の出演者参照
音声 ステレオ放送
出動!ミニスカポリス
放送時間 水曜 24:45 - 25:15
(1996年7月 - 1998年3月)
金曜 25:30 - 26:00
(1998年4月 - 2001年11月)
放送期間 1996年7月10日 - 2001年11月9日
新・出動!ミニスカポリス
放送時間 金曜 25:30 - 26:00
(2001年11月 - 2002年3月)
火曜 25:25 - 25:55
(2002年4月 - 2003年9月)
放送期間 2001年11月16日 - 2003年9月30日
出動!ミニスカポリス全国版
放送時間 金曜 24:00 - 24:30
放送期間 2003年10月3日 - 2005年9月30日
テンプレートを表示

出動!ミニスカポリス』(しゅつどう ミニスカポリス)は、テレビ東京系列局と一部系列外地方局にて放送されたバラエティ番組である。系列キー局テレビ東京では1996年7月10日から2001年11月9日まで放送された。

この項目では、その後継番組全てを含めて記述する。

概要[編集]

ミニスカートアメリカンポリス風の婦人警官の制服に身を包んだミニスカポリスたちが、「時にはパンチ!時にはキック!タイホしちゃうぞ!」を決めゼリフに、「任務」と呼ばれる様々なゲーム等に挑戦するという主旨で放送されていた。当初は自動車情報の伝達が中心だったが、後にお色気路線を打ち出すようになり、自動車情報番組の要素はなくなっていき、後半にはパチンコ系の情報要素が強くなっている。演出はテリー伊藤が担当、プロデュース高橋紀成が行った。

ミニスカポリスたちの制服(帽子・上衣・スカート)の色は初代では黒だったが、2代目以降では青になり、履物もサンダルパンプスロングブーツ(夏季のみサンダル)と変化していった。また、6代目からはスカートにスリットも入った。

2001年11月に番組は『新・出動!ミニスカポリス』と改題。一旦はお色気要素を廃し、情報番組路線になったものの、しばらくして元の路線に戻った。その後、2003年9月に地上波(テレビ東京)での放送を終了した。翌10月には同系列局製作番組のBSチャンネルであるBSジャパンへと移り、『出動!ミニスカポリス全国版』と題して放送された。その後は2005年10月からはインターネットテレビGyaOで『ミニスカポリス7ティ〜ン』と題して放送されていたが、2006年にインターネットテレビの配信も終了。

その後、番組制作会社であった株式会社CIAのホームページもミニスカポリスを前面に打ち出した以前のものとは全く違う物となり、ミニスカポリスの公式サイトも全く更新されないまま放置状態になっている。メンバーの活動も先細り傾向になり、引退したり、消息不明[要出典]となったメンバーも多い。メンバー各々の個人サイトも閉鎖が相次いでいる。

2009年5月に雑誌等で復活する旨が告知された(後述)。

ミニスカポリスメンバー[編集]

初代ポリス[編集]

1996年7月 - 1996年12月
さとう珠緒朝比奈まり福山理子

2代目ポリス[編集]

1997年1月 - 1997年3月
七森美江いけだりか池本まいか金澤あかね

3代目ポリス[編集]

1997年4月 - 1997年6月
七森美江、大原かおり美翔芽里吉永千夏宮内知美

4代目ポリス[編集]

1997年7月 - 1998年3月
  • 大原かおり、美翔芽里、吉永千夏、高木雅子、田村りおん、中村恵子、本田あやこ、本田つぐみ、松井友香
  • 秘書:七森美江

5代目ポリス[編集]

1998年4月 - 1999年3月
来栖あつこ沢木涼子、田中真子、藤森みゆき、松井友香

6代目ポリス[編集]

1999年4月 - 2000年3月
浅倉めぐみ、久留須ゆみ小泉ナンナ永井流奈望月さや

7代目ポリス[編集]

2000年4月 - 2001年3月

8代目ポリス[編集]

2001年4月 - 2001年11月
  • 本庁:青山知佳、下山友恵、服部真由子、宮前るい、森美優
  • 公安部:荏開麻衣子、柘植美奈子、ひだかゆりあ、村松加奈子

新ポリス[編集]

2001年11月 - 2002年3月

帰ってきた8代目ポリス[編集]

2002年4月 - 2002年12月
下山友恵、服部真由子、宮前るい、柘植美奈子、村松加奈子

9代目ポリス[編集]

2002年4月 - 2002年12月
  • 星野加奈、福田淳子、佐藤さやか、中尾としえ、七生奈央、吉野瑠衣、杉山あすか、山浦まみ
  • 秘書:松坂紗良

企画広報課[編集]

2003年1月 - 2004年3月
星野加奈、宮前るい

10代目ポリス[編集]

2003年4月 - 2004年3月

11代目ポリス[編集]

2004年4月 - 2004年10月
宮前るい、星野加奈、佐藤さやか、福田淳子

12代目ポリス[編集]

2004年10月 - 2005年9月
  • 第一期候補生(2004年10月 - 2005年3月):内山彩、林千草、清水由香理、今井叶美、鈴木杏奈(現・住谷杏奈)
  • 第二期候補生(2004年11月 - 2005年3月):大塚はなび、もも子(現・ airly )、小明ゴールデン小雪、森下真理
  • 第三期候補生(2005年2月 - 2005年3月):おおきちえ、三宅梢子、高見美香、取池奈々栗羽美来
  • 監査役巡査部長(2005年4月 - 2005年9月):佐藤さやか
  • 12代目ポリス(2005年4月 - 2005年6月):林千草、栗羽美来、大塚はなび、内山彩、三宅梢子
  • ミニスカポリス・セピア(2005年4月 - 2005年6月):清水由香里、今井叶美、鈴木杏奈(現・住谷杏奈)、取池奈々、おおきちえ
  • 新12代目ポリス(2005年7月 - 2005年9月):大塚はなび、林千草、内山彩、三宅梢子、清水由香理、今井叶美、鈴木杏奈(現・住谷杏奈)

13代目ポリス[編集]

2005年10月 - 2006年8月
来梨水、可愛きょうこ、松嶋初音、河野りこ、芹澤まこ、平野由希、石嶋香織

その他の出演者[編集]

  • 北京ゲンジ無法松お宮の松) - 巡査役。解散後は、お宮の松が番組を降板。また、『 -7ティ〜ン』には出演しなかった。
  • ルー大柴 - ルー署長として『新・出動!ミニスカポリス』にレギュラー出演。
  • 高橋紀成 - 番組プロデューサー。5代目からヌゲヌゲ星人として活躍する。ヌゲヌゲビーム、モザイクビーム、等の技を出す。
  • ミニスカギャング - 5代目ポリスのライバルとして登場した。ドッジボール対決、恋愛談義等、互角以上の活躍を見せる。
  • ニューハーフの方々 - ドッジボール対決や体力トレーニングに登場
  • ルビー・モレノ - 5代目ポリスに指導する役で登場。
  • なべやかん - 5代目ポリスにパワーリフティングを指導する役で登場。

復活!ミニスカポリス[編集]

2009年、突然ミニスカポリスが復活することがある雑誌の記事[要追加記述]で明らかになった。高橋プロデューサーの許諾によりカメラマン山岸伸がプロデュースを手がけている。当面は秋葉原のイベントスペースを中心に活動を行い、行く行くはテレビ放映などへ道筋を付けていくというが、詳細は不明。5月14日のGyaOジョッキー六本木音楽部」に滝ありさ藤井梨花が出演した。なお、復活したミニスカポリスにはテリー伊藤は一切関与していない。

2010年1月15日に「ミニスカショー劇場」のオープンが発表された。神田駅近くに専用劇場を建設し、14代目メンバーのうち5人がそのまま引き継ぎ、新メンバー8人を加えた13人により同年3月上旬から月数回のショーを予定している。

しかし、いわゆる「地下アイドル」から脱せないまま2012年12月にライブ活動を休止し、翌2013年に新メンバーの募集を行うと発表したが、その後目立った動きはなく、事実上活動を停止している。

復活!ミニスカポリスメンバー[編集]

14代目ポリス[編集]

15代目ポリス[編集]

AKBミニスカポリス[編集]

テリー伊藤が総合演出・出演している「AKB子兎道場」でAKB48のメンバーで復活させた。初代のさとう珠緒も「レジェンドポリス」として参加した。

放送局[編集]

テレビ東京系列局
系列外局
CS放送
インターネット放送
  • ニコニコ動画・アイパイ★ちゃんねる
    14代目の「復活!ミニスカポリス」からレギュラー生放送
  • 復活!ミニスカポリス インタビュー(2010年8月15日 - 、WWSチャンネル
  • 復活!ミニスカポリス あっ!とおどろく緊急出動!(2011年4月3日 - 2012年3月25日 、あっ!とおどろく放送局
  • 復活!ミニスカポリス あっ!とおどろく珍☆事件簿!(2012年4月1日 - 6月24日 、あっ!とおどろく放送局
  • 復活!ミニスカポリス あっ!とおどろく珍☆事件簿!(2012年7月1日 - 12月16日 、@TV)
  • 復活!ミニスカポリスのニコジョッキー(2011年7月27日 - 、ニコニコ生放送
  • 復活!ミニスカポリス~歌舞伎町パトロール24時~(2012年7月30日 - 、HOST-TV.COM)
  • 復活!ミニスカポリス サタデーナイトでBANG!BANG!BANG!!!(2012年10月6日 - 2012年12月22日、WALLOP放送局)
携帯サイト

書籍・CD・ゲームソフト[編集]

書籍
CDリリース
  • CLIMAX 『TURN ME ON 』
    三代目ポリスの吉永千夏、美翔芽里の二人によるユニットで、ドイツの性的ポップスデュオE-Roticの原曲に日本語の歌詞を合わせたカバー曲。番組内で「交通安全ソング」として使用された他、ギルガメッシュないとE-Roticとの共演も果たしている。発売は東芝EMI8cmCDのみのリリース。クラブイベントに出演した際はこの他にも未発表曲が存在したが、そちらは結局リリースされることはなくお蔵入りとなっている。当時の週刊文集[要検証 ]E-Roticと一緒に掲載されている。
  • 番組オープニング&エンディング・テーマ『LOVE & PEACE 』(1998年05月20日発売)
    5代目ポリス(来栖あつこ、沢木涼子、田中真子、藤森みゆき、松井友香)による作品。特典としてトレーディングカードが同封されていた。中にはレア品としてポリスのパ○チラ品も含まれていた。同時期に発売された「TOKIOの同タイトルとは別物です」と番組内でよくコールされていた。
  • Dance All Night(2012年2月14日、GREEN&WATER LABEL)
ゲームソフト
セガサターンゲームソフトが発売されていた。発売はサダソフト。番組内で行われていた「ハイドロパンチラ」の他、レースゲームシューティングゲームブロック崩しクイズ等のミニゲームが主体となっていた。初回限定版には七森ポリスの音声が出るフィギュアが付属していた。

備考[編集]

  • 5代目の時に夏休み限定中学生ポリスが登場している。ちなみに7代目に登場した永井流奈ポリスは当時現役の女子高生だった為、それを売りに番組内で展開している。
  • 5代目以降、プロデューサーの高橋がヌゲヌゲ星人として番組に出演し、以降プロデューサーが番組に出演する先駆けとなった。
  • 番組の演出はテリー伊藤が行い、当初は本人も出演していた。しかし後に出演する事も無くなり、番組自体にも殆ど関与する事が無くなった。
  • 当初はそれぞれのポリスから最低一人は有名人を世に送り出そうと目論んでいたらしい[要出典]が、現在では[いつ?]ほんの一握り程度のメンバーしか芸能界で大成していない[独自研究?]という状況である。この状況はレースクイーンの昨今の状況と相似している[独自研究?]
  • メンバーが番組を卒業する際は「殉職」として、撃たれる演出(腹部にある火薬が爆発)をする公開放送というのがお決まりだった。

関連項目[編集]