刀剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

刀剣(とうけん)とは、握りと同じ位かそれより長いもしくは剣身を備えている武器の総称。一般的にはは両刃のものを指しは片刃のものを指すが、これに限らないものも存在する。 詳細はそれぞれの項目を参照。

一般的な定義と日本の刀剣での差異[編集]

短刀などに存在する両刃造りは両方に刃が付いているが、左右対称ではなく鋒の部分で上に反っている形になっている。また小烏丸の鋒両刃造りも物打ほどまで両方に刃が付いているが、それ以降片刃になっている。このような場合、一般的な定義だと剣に属してしまうが、双方ともに刀として造られたものであり、上記の定義には合わないがとして分類されている。

主な刀剣の種類[編集]

  • ナイフ:短剣・短刀
  • :主に両刃のものを示す
  • :主に片刃のものを示し、日本で作られた刀を特に日本刀と呼ぶ
  • 銃剣(バヨネット)

刀剣の部位の名称[編集]

剣の部位名称

  • 剣身、刀身、ブレード
    • 鋩(きっさき)、鋒(ほこさき)、鋩子(ぼうし)、ポイント - 剣の先端部分、切っ先とも。
    • 疑似刃、ファルスエッジ
    • 樋、フラー
    • 刃、刃先、エッジ
    • 中子、茎、タング(タン)
  • 柄、ヒルト
    • 鍔、ガード
    • 護拳、ナックルガード
    • 握り、グリップ
    • 柄頭、ポメル

刀剣の新聞[編集]

刀剣の雑誌[編集]

  • 日本美術刀剣保存協会『刀剣美術』

参考資料[編集]

  • 『改訂増補 刀工総覧』川口陟・飯田一雄(校訂) 刀剣春秋新聞社宮帯出版社(発売) ISBN 9784885830082
  • 『金工事典』若山泡沫・飯田一雄(校訂) 刀剣春秋新聞社宮帯出版社(発売) ISBN 9784885830174
  • 『アイテム・コレクション』 安田均グループSNE 富士見文庫 ISBN 9784829142271
  • 『図説 西洋甲冑武器事典』三浦権利 柏書房 ISBN 9784760118427
  • 『武器辞典』 市川定春 新紀元社 ISBN 9784883172795
  • 『武器と防具・日本編』 戸田藤成 新紀元社 ISBN 9784883172313
  • 『武器と防具・中国編』 篠田耕一 新紀元社 ISBN 9784883172115
  • 『武器と防具・西洋編』 市川定春 新紀元社 ISBN 9784883172627
  • 『武勲の刃』 市川定春・怪兵隊 新紀元社 ISBN 9784915146237
  • 『魔導具事典』 山北篤・稲葉義明 新紀元社 ISBN 9784775300350
  • 『図説・日本武器集成』決定版 歴史群像シリーズ 歴史群像シリーズ編集部 編 学習研究社 ISBN 9784056040401
  • 『図説・中国武器集成』決定版 歴史群像シリーズ 歴史群像シリーズ編集部 編 学習研究社 ISBN 9784056044317
  • 『刀剣甲冑手帳』 刀剣春秋編集部 編 刀剣春秋新聞社宮帯出版社(発売) ISBN 9784863660632
  • 『中国武術兵器法』 青木嘉教 愛隆堂 ISBN 9784750202334
  • 『隠し武器総覧』 名和弓雄 壮神社 ISBN 9784915906367
  • 『図解隠し武器百科』 名和弓雄 壮神社 ISBN 9784404008077
  • 『【決定版】図説忍者と忍術 忍器・奥義・秘伝集』 歴史群像シリーズ 歴史群像シリーズ編集部 編 学研マーケティング ISBN 4056048142
  • 『【決定版】忍者・忍術・忍器大全』 都市鉄道研究会 著 歴史群像編集部 編 学習研究社 ISBN 4054041205

関連項目[編集]