別れの朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
別れの朝
ペドロ&カプリシャスシングル
B面 夜のカーニバル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 芸音レコード(配給:アトランティック / ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 ウド・ユルゲンス(日本語詞・なかにし礼
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1972年度年間8位(オリコン)
ペドロ&カプリシャス シングル 年表
別れの朝
(1971年)
さようならの紅いバラ
(1972年)
テンプレートを表示

別れの朝」(わかれのあさ)は、1971年10月にリリースされた日本バンドペドロ&カプリシャスのメジャー・デビューシングルである。ペドロ&カプリシャスの代表曲のひとつである。

解説[編集]

  • 原曲はオーストリアの歌手でウド・ユルゲンスの「Was ich dir sagen will」(夕映えの二人)のカバーである。なお原曲の歌詞と、なかにし礼が担当した日本語詞はかなり異なっている。
  • シャンソン歌手の大木康子が、1969年2月21日発売のアルバム「悲しき天使」で「夕映えの二人」(日本語詞:堀内みち子 編曲:東海林修)というタイトルでカバーしている。
  • ペドロ&カプリシャスの初代ボーカルだった前野曜子が歌唱。週間オリコンチャートではいきなり4週連続で1位を獲得し、シングル売り上げも55.7万枚を記録。ペドロ&カプリシャスとしては最大のヒット曲となった。
  • 初代ボーカル・前野がペドロ&カプリシャスを脱退後、2代目ボーカル・高橋まり(現:髙橋真梨子。ペドロ&カプリシャス時代のアルバム『華麗なるニュー・ポップスの世界』には髙橋のリード・ボーカルによるバージョンが収録されている)や、3代目ボーカル・松平直子の他、菅原洋一テレサ・テン朱里エイコ藤圭子世良公則秋元順子などもそれぞれ同曲の日本語詞をカバーしている。

収録曲[編集]

  1. 別れの朝
  2. 夜のカーニバル

カバー[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]