利根はる恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

利根 はる恵(とね はるえ、本名: 飯野静子(いいの しずこ)、1924年11月15日 - 2005年4月27日)は、日本の女優。演技派の脇役。利根はるゑ。

人物・経歴[編集]

大正14年、東京生まれ。松竹少女歌劇団松竹少女歌劇学校を1年で中退し、松竹大船入社。芸名は池上鶴代。

丸山定夫苦楽座を経て、1947年新宿ムーラン・ルージュに入り、1949年東宝『今日われ恋愛す』でデビュー。

1950年新東宝大映東映と移り、『熱泥地』で初主演。

1952年山本薩夫監督の『真空地帯』の娼婦を演じた。

1953年現代俳優協会に参加、『ひめゆりの塔』などに出演。1955年日活と契約『沙羅の花の峠』などに出演する。

1958年フリーに転じ『荷車の歌』など出演、その後は舞台ドラマにも活動を広げる。

2005年4月27日胆管がんのため都内で死去。享年80。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。