前田一球・写楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
前田一球・写楽
メンバー 前田一球(引退
1953年10月24日(62歳)
前田写楽
1953年11月20日(62歳)
結成年 1976年(初代)
1978年(二代目)
解散年 1977年(初代)
1988年(二代目)
事務所 吉本興業
活動時期 1976年 - 1977年(初代)
1978年 - 1988年(二代目)
師匠 前田五郎(元コメディNo.1
芸種 漫才
受賞歴
テンプレートを表示

前田一球・写楽(まえだいっきゅう・しゃらく)は、かつて吉本興業(現:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属していた漫才コンビ

概要[編集]

1976年前田五郎の弟子同士だった前田一球と初代・前田写楽で"初代・前田一球・写楽"結成するも、目立った活躍なく1年程で解散。

1978年2月、吉本新喜劇の座員だった浜田良典(後の二代目・前田写楽)と"二代目・前田一球・写楽"を結成。

1980年、NHK上方漫才コンテスト・ABC漫才・落語新人コンクールといった在阪局主催の新人賞レースで賞を受賞、毎日放送の「ヤングおー!おー!」にて村上ショージ、岡田祐治、前田犬千代・竹千代、Wパンチらと共に「パッパラパーズ」に抜擢、漫才ブーム以降の吉本興業の若手漫才師として松みのる・杉ゆたか、横山アラン・ドロン、伊豆あすか・奄美きょうかなど注目漫才師の筆頭として活躍するも、1982年吉本総合芸能学院の開校、1986年心斎橋筋2丁目劇場などでダウンタウンハイヒールトミーズなどの次世代の漫才師の登場により1988年解散。

メンバー[編集]

前田一球1953年10月24日 - )本名は広瀬義政。

愛媛県の生まれ、愛媛県立伯方高等学校卒業後、1974年前田五郎に入門。

前田写楽2代目(1953年11月20日 - )本名は浜田良典。

写楽は2代目を数える。初代は1年ほどの活動で短期間だったので詳細不明。一般的によく知られているのは2代目。
大阪府の生まれ、大阪芸術大学卒業後、1976年から花月の進行役から2年間吉本新喜劇に本名で出演。1976年2月よりコンビを組む。島田紳助率いる「紳助バンド(SHINSUKE-BAND)」のドラムで参加していたこともある。(後に脱退)
後に前田りょうてんに改名している。妻は宗右衛門町でスナック「気楽」を経営している。2008年11月9日ワッハホールにて歌手の森千紗花の舞台「新世界歌謡道Ⅲ 風にさすらう親子草」に出演。
2011年7月20日、前田写楽の名前で吉本新喜劇に入団(事実上の復帰)。芸名もしゃーやんと名乗っている。
2014年の8月29日の新喜劇特番にて髪を金髪に染め上げる。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、1980年