加地健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かぢ けんたろう
加地 健太郎
本名 清水 重男
生年月日 (1935-06-15) 1935年6月15日(81歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
血液型 A型
ジャンル 俳優

加地 健太郎(かぢ けんたろう、1935年6月15日[1] - )は、東京都出身の俳優[1]劇団俳優座第8期生、劇団民藝、田中事務所を経て[1]東京俳優生活協同組合に所属。本名は清水 重男血液型A型

松本染升は義父にあたる。東京都立千歳高等学校卒業[1]早稲田大学文学部哲学科を中退、早大時代には雄弁会に所属しており青木幹雄と同期であり親友でもある[1]

 人物 [編集]

シャンソン歌手の仲代圭吾は高校の同級生で親友[1]。圭吾の兄である仲代達矢から『七人の侍』の撮影現場の話を聞き、興味を持ったことが俳優になったきっかけのひとつとされる[1]

劇団民藝と劇団俳優座の入所試験を受け、ともに合格していたが、仲代達矢がいるともあり俳優座の養成所に入所[1]

映画『第五福竜丸』が映像作品デビュー作となる[1]。同作品のスタッフから声をかけられ、教育映画『子鹿物語』に主演[1]。映画『らくがき黒板』の撮影中、宇野重吉から劇団民藝に誘われ、俳優座養成所卒業後に劇団民藝に入団[1]。劇団の関連会社である民芸映画社の作品や日活の映画作品に出演[1]

劇団民藝を退団後、田中事務所に所属し、悪役の仕事が増える[1]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

現代劇・時代劇[編集]

特撮[編集]

ビデオ[編集]

  • 女囚処刑人マリア

舞台[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「東映ヒーロー悪役俳優列伝」、『東映ヒーローMAX』第4巻、辰巳出版2003年、 101 - 103頁、 ISBN 978-4886418463。