加茂川かもめ・ちどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

加茂川かもめ・ちどり(かもがわかもめ・ちどり)は、戦後期の漫才師(音曲姉妹漫才)。

概要[編集]

てんのじ村の興行師兼漫才師、河内家目玉の娘。1940年長女みどりと次女ちどりでコンビを結成したが(ちどりの当時の芸名は大和つた子)、みどりが亡くなり、1957年次女と三女で戦後「加茂川かもめ・ちどり」を結成。

かもめがギター、ちどりがアコーディオンを持った音曲漫才。ちどりのアコーディオンは横山ホットブラザース創始者の横山東六から手ほどきされた。

あまり売れず、道頓堀角座に出たりする機会も少なかった。主に吉本の出番に出ていた。かもめの出産でコンビ解消。ともにすでに死去している。

メンバー[編集]

  • 加茂川かもめ(本名:寺下清子、1932年 - ?)
娘は北島三郎の弟子の演歌歌手の山口ひろみ
夫は若井けんじであったが後に離婚。

参考文献[編集]

  • 「現代上方演芸人名鑑」(少年社、相羽秋夫、1980年)

出典[編集]

  1. ^ 山口ひろみ情報 2007年04月19日