勘定奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

勘定奉行(かんじょうぶぎょう)は、江戸幕府の職名の一つ。勘定方の最高責任者で財政や幕府直轄領の支配などを司る。寺社奉行町奉行とともに三奉行の一つで、共に評定所を構成した。元禄年間までは勘定頭(かんじょうがしら)とも称した。評定所においては、関八州江戸府外の訴訟について担当した。定員は約4人で役高は3000石。老中の下にあり、郡代代官蔵奉行などを支配した。1698年以降は、うち1人が大目付とともに道中奉行を兼務した。1721年には財政・民政を主に扱う勝手方勘定奉行と訴訟関連を扱う公事方勘定奉行とに分かれた。勝手方と公事方の職務は全く別のものであり、事実上名称のみが共通している状態であった。

勘定奉行就任者[編集]

17世紀[編集]

18世紀[編集]

  • 中山時春(1702年 - 1714年)
  • 石尾氏信(1705年 - 1708年)
  • 平岩親庸(1708年 - 1713年)
  • 大久保忠香(1708年 - 1716年)
  • 水野忠順(1712年 - 1719年)
  • 水野信房(1713年 - 1723年)
  • 伊勢貞勅(1714年 - 1721年)
  • 大久保忠位(1716年 - 1723年)
  • 駒木根政方(1719年 - 1732年)
  • 筧正鋪(1720年 - 1734年)
  • 久松定持(1723年 - 1729年)
  • 稲生正武(1723年 - 1731年)
  • 松波正春(1729年 - 1736年)
  • 細田時以(1731年 - 1737年)
  • 杉岡能連(1731年 - 1738年)
  • 松平政澄(1732年 - 1734年)
  • 神谷久敬(1734年 - 1749年)
  • 石野範種(1734年 - 1737年)
  • 河野通喬(1736年 - 1742年)
  • 神尾春央(1737年 - 1753年)
  • 桜井政英(1738年 - 1739年)
  • 水野忠伸(1738年 - 1744年)
  • 木下信名(1739年 - 1746年)
  • 萩原美雅(1743年 - 1745年)
  • 逸見忠栄(1744年 - 1748年)
  • 松浦信正(1746年 - 1753年)
  • 曲淵英元(1748年 - 1757年)
  • 遠藤易続(1749年 - 1751年)
  • 三井良龍(1749年 - 1751年)
  • 永井尚方(1752年 - 1753年)
  • 一色政沆(1752年 - 1765年)
  • 松平忠陸(1753年 - 1754年)
  • 大井満英(1753年 - 1756年)
  • 大橋親義(1754年 - 1758年)
  • 中山時庸(1755年 - 1757年)
  • 細田時俊(1756年 - 1759年)
  • 菅沼定秀(1757年 - 1758年)
  • 稲生正英(1758年 - 1760年)
  • 小幡景利(1758年 - 1761年)
  • 石谷清昌(1759年 - 1779年)
  • 坪内定央(1760年 - 1761年)
  • 安藤惟要(1761年 - 1782年)
  • 牧野成賢(1761年 - 1768年)
  • 小野一吉(1762年 - 1771年)
  • 伊奈忠宥(1765年 - 1769年)
  • 松平忠郷(1768年 - 1773年)
  • 川井久敬(1771年 - 1775年)
  • 太田正房(1773年 - 1778年)
  • 新見正栄(1775年 - 1776年)
  • 桑原盛員(1776年 - 1788年)
  • 山村良旺(1778年 - 1784年)
  • 松本秀持(1779年 - 1786年)
  • 赤井忠晶(1782年 - 1786年)
  • 久世広民(1784年 - 1797年)
  • 柘植正寔(1786年 - 1788年)
  • 青山成存(1786年 - 1787年)
  • 根岸鎮衛(1787年 - 1798年)
  • 久保田政邦(1788年 - 1792年)
  • 柳生久通(1788年 - 1817年)
  • 曲淵景漸(1788年 - 1797年)
  • 佐橋佳如(1792年 - 1794年)
  • 間宮信好(1794年 - 1797年)
  • 中川忠英(1797年 - 1806年)
  • 石川忠房(1797年 - 1806年、1819年 - 1828年)
  • 菅沼定喜(1797年 - 1802年)
  • 松平貴強(1798年 - 1799年)
  • 小笠原長幸(1800年 - 1812年)

19世紀[編集]

関連項目[編集]