勝呂誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
すぐろ ほまれ
勝呂 誉
生年月日 1940年6月1日(76歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県芦屋市
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1961年 -
配偶者 大空眞弓女優
1968年 - 1982年
著名な家族 長男
主な作品
下町の太陽』『二十一歳の父』『怪奇大作戦』『孤島の太陽

勝呂 誉(すぐろ ほまれ、1940年6月1日 - )は兵庫県芦屋市出身の俳優

来歴・人物[編集]

兵庫県立芦屋高等学校卒。俳優座で演劇勉強中の1961年、テレビドラマ「青年の樹」でデビュー。趣味ゴルフ旅行

日米合作映画『勇者のみ』では監督・主演のフランク・シナトラと共演し、歌手としても「銀座浪漫」(結城忍作詞・伴謙介作曲)を発表。今もディナーショーなどで歌い続けている。

数々のクイズ番組で好成績を収めるなど知性派タレントとしても活躍。そのクイズ番組のひとつ『クイズタイムショック』では「無制限勝ち抜き制」というシステムだった時代に57人連続勝ち抜きという番組記録を作った[1]

「青年の樹」で共演した大空眞弓と結婚し一児をもうけたが、後に離婚。現夫人は一般人。親友である俳優、石立鉄男兵庫県でペットショップを共同経営していた。その後、大阪市十三にあるホテル、プラザオーサカのアドバイザリー・スタッフに就任し、同ホテルのCMにもしばらく出演していた。現在は同ホテルで不定期にトークショー、及びラジオ関西ヒロノツトムの走れタコ」に準レギュラーで出演中。

2002年に元俳優の息子(26)が2度目の覚せい剤使用で逮捕された。東京地裁での公判では弁護側の情状証人として大空とともに出廷し「責任を持って改心させたい。これからは手元に置き、何かあったらぶん殴ってでも更生させる」、閉廷後には「(大空の)育て方が甘かったんだろう。これからはこちらで育てたい」と述べた[2]。その後、懲役2年6月執行猶予5年の有罪判決が出た際は「猶予がついてよかった」とコメントした[3]

主な出演[編集]

映画[編集]

  • ある大阪の女(1962年、宝塚映画/東宝
  • 非情の青春(1962年、東宝)
  • かあさん長生きしてね(1962年、松竹
  • かあちゃん結婚しろよ(1962年、松竹)
  • 下町の太陽(1963年、松竹)
  • 魚河岸の旋風娘(1963年、松竹)
  • 二人で胸を張れ(1963年、松竹)
  • 歌くらべ満月城(1963年、松竹)
  • 続・拝啓天皇陛下様(1964年、松竹)
  • 女嫌い(1964年、松竹)
  • 駆逐艦雪風(1964年、佐野芸能プロダクション・松竹)
  • 二十一歳の父(1964年、松竹)
  • さまざまの夜(1964年、松竹)
  • にっぽん・ぱらだいす(1964年、松竹)
  • 明日の夢があふれてる(1964年、松竹)
  • 勇者のみ(None But The Brave)(1964年、製作:東京映画=シナトラ・エンタープライズ/配給:東宝
  • ハイウェイの王様(1965年、松竹)
  • 母の歳月(1965年、松竹)
  • サラリーマンの勲章(1965年、松竹)
  • アンコ椿は恋の花(1965年、松竹)
  • 馬鹿っちょ出船(1965年、松竹)
  • 青春の言葉より 風にきけ雲にきけ(1966年、松竹)
  • 孤島の太陽(1968年、日活

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

バラエティー番組ほか[編集]

ラジオ[編集]

DVD出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ のちルール改正され、勝ち抜き上限は5人となったため、この記録を塗り替えることは不可能となった
  2. ^ zakzak2002年3月29日
  3. ^ zakzak2002年4月17日