北村三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

北村 三郎 (きたむら さぶろう、1937年 - ) は、沖縄県北谷村出身の俳優演出家。本名は高宮城 實(実)政 (たかみやぎ じっせい)。

略歴[編集]

1956年に沖縄芝居の世界に入る。大阪の大衆演劇で修行を積み、帰省後は自ら劇団を旗揚げ。本土、中国、北米、南米などで公演を数多く行う。

また、野村流古典音楽保存会師範、ラジオのパーソナリティーなども行い、沖縄を舞台とした多くのドラマ・映画に出演している。

2001年には、芝居塾「ばん」を結成し、若手の育成にもあたっている。

2011年9月14日、酒気帯び運転の容疑で逮捕。3日後の9月17日に放送開始予定だったローカルヒーロー番組『ハルサーエイカー』にヒロインの祖父役で出演予定だったため、その放送が白紙になった。

その息子、高宮城実人(たかみやぎ さねひと)もまた俳優であり、NHK-BS時代劇『テンペスト』で首里城の門番役で出演した。

沖縄タイムス芸術選賞奨励賞及び大賞を受賞。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 走れ!ケー100 (1973年、TBS
  • 何時の日ぞ (1982年、沖縄テレビ
  • 海の群星 (むりぶし)(1988年、NHK)  
  • 白旗の少女 (1990年、フジテレビ
  • あけぼの荘の人々 (2001年、沖縄テレビ)
  • あけぼの荘の人々パートV (2005年、沖縄テレビ)
  • ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録 最後のナイチンゲール (2006年、日本テレビ

映画[編集]

ラジオ[編集]

カセット・CD[編集]

本人が主演を務める闘鶏バカの主人公の舞台、『タウチー一代 蹴られた男』のテーマソング。作詞は、舞台の作・演出を担当している上原直彦[1]

歌詞と歌詞の間に、本人の台詞が挿入されている。

収録カセット・CD[編集]

  • 『沖縄民謡名選集2』(マルフクレコード) CCF-62(カセット)、ACD-15(CD)
  • 『新歌特集 20曲』(ンナルフォンレコード) AC-7(カセット)
  • RBC創立40周年記念盤 綾うた 上原直彦作詞集』(マルフクレコード) 40ACD-1

制作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊上原直彦(57)*<鶏・闘鶏>2002年11月28日閲覧。

関連項目[編集]