北総開発鉄道7000形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
北総開発鉄道7000形電車
北総7000形(7004編成)
北総7000形(7004編成)
基本情報
製造所 日本車輌製造東急車輛製造川崎重工業
主要諸元
編成 8両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V (架空電車線方式
最高運転速度 105 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 3.3 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 1,068(座席436または430)人
車両定員 先頭車126(座席50または47)人
中間車136(座席56)人
全長 18,000 mm
全幅 2,760 mm
全高 4,050 mm
編成重量 295t
車両重量 37t - 42t
主電動機 直流複巻電動機 130kW
歯車比 85:16 (5.31)
駆動方式 WNドライブ
制御装置 界磁チョッパ制御
台車 HS-101形(電動車)・HS-001形(付随車)
制動装置 回生ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキ (HSC-R)
保安装置 1号型ATS
備考 2007年3月形式消滅
Wikipedia laurier W.png
第20回(1980年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / ■テンプレート

テンプレートを表示
7000形の先頭部分(Σ形)
7000形の運転台
社名プレート
当初は「北総開発鉄道」と表記されていたが、
その上から「北総鉄道」表記のシールが貼付された

北総開発鉄道7000形電車(ほくそうかいはつてつどう7000がたでんしゃ)は、北総鉄道が北総開発鉄道として開業した1979年昭和54年)に登場した通勤形電車である。

8両編成3本(24両)が在籍していたが、7500形に代替されて2007年平成19年)3月で営業運転を終了した。

下回りなどが共通設計である車両として、住宅・都市整備公団2000形電車(現・千葉ニュータウン鉄道9000形電車)がある。

1980年(昭和55年)第20回鉄道友の会ローレル賞受賞車両。

概要[編集]

1979年3月9日の第I期線(北初富駅 - 小室駅間)開業前の同年1月に、6両編成3本(18両)が新製された。ほぼ同時期に量産車の製造が開始された東京都交通局都営地下鉄新宿線用の10-000形量産車と同様に、骨組が普通鋼で車体外板にステンレス鋼を採用したスキンステンレス構造(ごく一部はオールステンレス構造)を採用した。

編成は先頭車がTc(制御車)、中間車がM(電動車)で、車両番号は中間車に7100番台、制御車に7000番台が与えられた。構成は以下のとおりである。

松戸北初富

7002-7104-7103-7102-7101-7001
7004-7114-7113-7112-7111-7003
7006-7124-7123-7122-7121-7005

編成名は松戸・北初富方の車両番号から「7002編成」「7004編成」「7006編成」と呼ぶ。

7100番台は奇数号車に下枠交差式パンタグラフを、偶数号車にCLG-350Sの電動発電機 (MG) を、制御車にC-2000M空気圧縮機 (CP) をそれぞれ設置した。

外観スタイルは、運転席部分がフランス国鉄 (SNCF) で1960年代中盤以降製作されていた電気機関車CC6500形BB7200形など)に類似したΣ形の独特な前頭部形状を採用したことから「ゲンコツ電車」「Σカット」などとも呼ばれる。このスタイルは、本家のフランスでは運転席からの下方視界確保よりも運転台計器類などの映り込みを少なくする手法として採用されており、また、空港管制塔の窓でも採用されている[1]。本形式では本家とは異なり、踏切事故対策として下方視界の確保に重点を置いてこの設計が採用され、特に乗り入れ先である新京成線で踏切事故予防に絶大な威力を発揮した。

もっともこの構造は多面体の高精度な折り曲げ・溶接加工が要求されるため、メーカー泣かせであったと伝えられており、増備車となる7300形ではこの方式の踏襲は断念されている。

日本鉄道車両としては初めて側面と前面に、ブルーのカラーフィルムが貼付された。このカラーフィルムは住友スリーエム製で、製作前に難燃性であることを確認し、都営地下鉄浅草線に乗り入れるためのA-A基準をクリアした。冷房装置集約分散式のCU-151。ニュータウン内では切り通しを走行するため見下ろす機会が多いことから、美観を兼ねて連続の一体覆いでカバーしている[2]

室内は、模様入りベージュ系のデコラ化粧板に、座席は定員を明確化することを狙ったオレンジ系表地の二人掛け分割ロングシートで、レンガ色の床敷物を使用している。天井は冷房吹き出し口のみで、補助送風機は設置していない。メンテナンスフリーを徹底させる観点から同時期に登場した京急800形と同様に完全空調により側窓の大部分を固定化し、各車4ヶ所に排気扇を設置した。側窓への熱線吸収ガラスの採用でカーテンを省略し、その他つり革も省略し、握り棒を設置した[3]

走行機器類では、制御装置に東洋電機製造製の界磁チョッパ制御装置を採用している。駆動装置はTDカルダンで、直流複巻モーター(補極補償巻線付き)は7101 - 7104, 7111, 7112が東洋電機製造製TDK-8640-A, 7113, 7114, 7121 - 7124が三菱電機製MB-3231-AC、台車は電動車がHS-101、制御車はHS-001である。主電動機の基本性能は端子電圧375V、電流385A、分巻界磁電流24A時出力130kW、定格回転数1,500rpm、最弱め界磁率10%で統一されていた。主制御器は東洋電機製造製のACRF-H8130-771A(直列15段、並列8段、弱め界磁無段階)を採用した。歯車比は85:16 (5.31) とした。

列車無線は1号線共通規格である誘導無線式を搭載。後に乗り入れ先の新京成電鉄が空間波式 (SR) 列車無線を使用開始した際には追加で搭載した。

2004年7月の社名変更時に、車体側面の社名表記プレートについても「北総鉄道」への変更が上貼り式で行われた。このため、それまでの「北総開発鉄道」の表記が透けて見えるようになった(7300形はプレート自体を取り替えた)。

走行性能は起動加速度が2.8km/h/s(新京成松戸発着時代・4M2T)または3.3km/h/s(都営浅草線直通開始後・6M2T)、設計最高速度は120km/hだが、高速の伸びがあまり良くなく営業最高速度は105km/hであった。

第II期線開業前の運用[編集]

暫定的に、新京成電鉄松戸駅 - 北初富駅間に乗り入れる運用がメインで、1984年(昭和59年)3月19日千葉ニュータウン中央駅開業後は、当時の住宅・都市整備公団所有の2000形(現在の9000形)と共通運用とされた。なお、行先表示器の「千葉ニュータウン中央」の駅名表記は当初「ニュータウン中央」だったが、数年後に「千葉ニュータウン中央」に変更された[要出典]

第II期線開業後[編集]

1991年(平成3年)3月31日の第II期線(京成高砂駅 - 新鎌ヶ谷駅間)開業時より、京成電鉄・都営浅草線・京浜急行電鉄への4社局相互直通運転を開始した。それに伴い、1989年(平成元年)10月から1990年(平成2年)3月にかけて京成・都営・京急乗り入れ対応を中心にした以下の改造を行った。

  • つり革を全車両に取り付け。
  • 座席の地色をオレンジから京成3600形などと同様のレッドに変更。

1990年12月に車両番号を7200番台とした中間電動車ユニット2両を増備して8両編成化され、以下の編成を組成した。この増備した偶数車に冷房などの補助電源装置としてMGに代えてSIV(静止形インバータ、BS483-B)を搭載した。既存の車両とは側面窓が2段式で上段が開閉可能となった点が異なる。7100番台の車号をもった基本編成の中間電動 車と同様に界磁チョッパ制御で制動装置等同一としたが、駆動装置は7100番台の基本編成M車とは異なり6両(各編成中間電動車ユニット2両×3)共WN平行カルダンを採用。主電動機は7100番台でも使用していた三菱電機製MB-3231-ACモータを搭載した。

浦賀 

7002-7104-7103-7202-7201-7102-7101-7001
7004-7114-7113-7204-7203-7112-7111-7003
7006-7124-7123-7206-7205-7122-7121-7005

この時点では先頭車は制御車だったが、京急側の特例で乗り入れ可能とした。

1992年7月に新京成電鉄との相互直通運転が廃止となり、不要となった空間波式列車無線は撤去された。

また、第II期線開業前にも宗吾検車区までの回送で京成本線を走行したことがある。そのときには通常は入線しなかった北初富駅 - 京成津田沼駅 - 宗吾参道駅という経路で走行をした(「鉄道ファン」1986年12月号より)。

先頭車電動車化工事[編集]

当初先頭車は制御車だったが、京浜急行電鉄から乗り入れに当たり先頭車を早急に制御電動車化するよう要請を受け、1992年(平成4年)10月から1993年(平成5年)3月に先頭車の電動車化工事を行い、7100番台のうち末尾2と3の車両を付随車化した。先頭車と7100番台の末尾1と4の車両でユニットを組むようにされた[4]

1993年夏には千葉ニュータウン方先頭車に空気圧縮機を2台搭載することになり、京成で2年前に廃車となった旧3000形および3300形の更新によって不要となったC-1000形を流用して搭載し、既存のC-2000-M形と並べて設置し連動作動する仕組とした。空気圧縮機の2台搭載は他社局の車両でよく例を見るが、異種の空気圧縮機2台搭載はあまり例を見ない[5]

廃車[編集]

「ありがとう7000形 FINAL RUN」の
ヘッドマークを装着した7000形
(2007年3月25日 / 印旛車両基地)

前述のとおり本形式の車体はスキンステンレス構造であり、車体の腐食が進んでいるため、7500形へ置き換えられることになった。7501編成の運用開始に伴い、7002編成が2006年3月20日ごろに運用を離脱、その数日後には7502編成の運用開始に伴い7006編成も運用を離脱してそれぞれ廃車された。編成中の7200番台中間電動車も落成から15年で同時に廃車された。平成に改元されてから製造された事故車や試験車などを除く通勤形車両としては初の廃車事例となった。解体は7月までに印旛車両基地構内で行なわれた。残る7004編成も7503編成の落成により2007年(平成19年)3月に運用離脱し、全車除籍となった。

ほとんどの車両は解体されたが、7002編成の印旛日本医大方先頭車7001号のみ解体を免れ、西白井駅構内に保管されている。当初は旧車庫の建物内に保管されていたが、2012年に建物の解体に伴い屋外に移動した。ただし、柵で囲まれてはいるもののホームから離れた場所に位置し、車両はビニールカバーに覆われており、一般向けに公開されているわけではない。

7004編成の廃車に先立ち、北総鉄道は2007年3月1日から営業運転最終日の14日まで同編成にさよならヘッドマークを装着して運行すること、25日に撮影会と乗車会(印西牧の原駅 - 矢切駅間)を実施することを同年2月20日に発表した。期間中のヘッドマークは「さようなら7000形」(印旛日本医大方先頭車7003号)、「ありがとう7000形」(京成高砂方先頭車7004号)の2種類が用意された。

3月25日のさよなら運転は、印西牧の原駅→矢切駅→印旛車両基地の経路で行われた。ヘッドマークの表記は通常営業運転中と異なり、7003号は「ありがとう7000形 FINAL RUN」、7004号は「北総鉄道 さよなら7000形」であった。

2008年1月まで北総線各駅で販売されていたパスネット(ほくそうパッスルカード)はこの7000形運行終了記念のデザインであった。

脚注[編集]

  1. ^ 計器のレイアウトからこの効果は少ないが、運転台後方客室仕切窓や運転士自身の顔の映り込みの少なさが確認されている。
  2. ^ 「鉄道ジャーナル」No.147(1979年5月号)「新車登場」
  3. ^ 東日本旅客鉄道(JR東日本)209系の試作車である901系にもつり革を省略した車両が存在したが、量産化改造(209系に編入)時に追設されている。
  4. ^ 制御電動車化工事終了までの間、京急線への7000形乗り入れは特別認可という形をとった。住都公団2000形は北総2期線開業前に工事終了している。
  5. ^ 全国的に見ても、京阪電気鉄道10000系電車(SIVが編成中に1台しか存在しないため、故障時でも圧縮空気の供給源が絶たれないよう交流モーターで駆動するものと直流モーターで駆動するものを併用している)に見られる程度である。