十勝花子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
とかち はなこ
十勝 花子
本名 加藤(旧姓:佐藤) 恵子
生年月日 (1946-04-25) 1946年4月25日
没年月日 (2016-08-21) 2016年8月21日(満70歳没)
出生地 北海道河東郡上士幌町
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 A
職業 女優タレント
活動期間 1966年 - 2016年
活動内容 映画テレビドラマなど
配偶者 あり
事務所 オフィスハナコ
主な作品
テレビドラマ
なんたって18歳!
大地の子

十勝 花子(とかち はなこ、本名;加藤 恵子、旧姓;佐藤1946年4月25日 - 2016年8月21日[1])は、北海道河東郡上士幌町出身の日本女優タレント。愛称は「トカチン」。一女あり。 

経歴[編集]

上士幌町立上士幌中学校時代は文芸部の部長を務める。北海道帯広三条高等学校商業科卒業(演劇部に所属)。

1965年日本クラウンのコンクールに挑戦し、審査員だった作詞家の星野哲郎に声をかけられ、1966年に歌手デビュー。

後にコロムビア・トップ唯一の女弟子となる。

なんたって18歳!』では、イジワルな先輩・島田花江役で出演して全国に名を広めた。

1999年ミッチー・サッチー騒動では浅香光代側につき、野村沙知代の学歴詐称疑惑を批判した。

2003年に、エッセイ『イカの足三本』が文藝春秋「ベスト・エッセイ集」に収録され出版される。過去にも潮文社「心に残るとっておきの話・第四集」に本名で応募した『サボテンの花』が収録され、また環境庁主催の「第8回地球に優しい作文コンテスト」にて『ミミズ救出大作戦』が入選するなど文才で知られていた。「東京文芸」の会員であり、毎月エッセイや小説を掲載していた。

2007年2月10日、16年ぶりの新曲となるCD「あの頃・この頃・これから」(沢田研二のソックリさん、何ン田研二とのデュエット曲)を発売。

特技は中国語、趣味はガーデニング・かたつむりの生態観察(自宅の庭には100匹ほどいる)。また毎年ホノルルマラソンに参加し完走しているランナーでもあった(ベストタイム5時間2分)。

中国の貧しい山奥の子供たちのために、19校小学校を建て交流をしている活動家でもあった。ささやかでも、日中友好のために努力したいというのが、彼女の希望であった。

東京六大学野球法政大学東都大学野球國學院大學プロ野球福岡ソフトバンクホークスの応援を行っていた。

晩年は、犬猫の保護活動に参加、命を繋ぐボランティアに尽力し、全国の犬猫の命を救った。

2016年8月21日大腸癌のため、東京都内の病院で死去。70歳没[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

情報番組[編集]

バラエティ[編集]

コマーシャル[編集]

ラジオ[編集]

  • 歌謡曲だよおっかさん
  • 土曜の空に
  • ナイタージョッキー

ゲーム[編集]

レコード・CD[編集]

  • あの頃・この頃・これから
  • 人生一本
  • ソーラン娘
  • 金盃の唄
  • 夫婦模様
  • お父ちゃん
  • 津軽純情節

出典[編集]