千紘れいか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

千紘 れいか(ちひろ れいか、旧姓での本名及び旧芸名大平敦子1973年9月30日 - )は東京都国分寺市生まれ、宝塚歌劇団劇団四季出身の女優

身長162.5cm、血液型はA型。愛称は本名より“あつ”、“あっちゃん”。

来歴・人物[編集]

1989年明星高等学校1年在学中に友人に連れられ東京宝塚劇場公演『ムッシュ・ド・パリ』を観劇、それをきっかけにタカラジェンヌを目指す[1]。翌1990年宝塚音楽学校に入学[2]、同校卒業後の1992年に宝塚歌劇団に入団(第78期生)。入団時の成績は40人中2番[3]。『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏む。当初は男役であった。

1993年阪急電鉄の初詣ポスターのモデルを務める。同年1月9日[3]花組に配属。その年には娘役に転向、バウホール公演や新人公演で度々主役を務め注目の存在となった。1994年度の「すみれ賞」受賞。阪急百貨店の「PINK HOUSE」ポスターモデルを務めたこともある。

1996年末、月組に組替え。風花舞に次ぐ2番手娘役として歌に芝居に活躍。1998年の『黒い瞳』で演じたエカテリーナII世役は高い評価を受け、宝塚時代の代表作となった。

2000年4月3日[3]に宝塚歌劇団を退団し劇団四季に入団。同年6月、『ライオンキング』のナラ役で四季初舞台。同時に芸名を本名の大平敦子(おおひら あつこ)に改める。キャリアを重ね四季の中堅女優として活躍したが、2007年5月の『オンディーヌ』の舞台を最後に退団。

2008年12月より旧芸名・千紘れいかで芸能活動を再開した。

その他、歌唱指導や、大平敦子名でヨガ太極拳瞑想などをベースにしたエクササイズTaoZenのインストラクターとしての活動も行っている[4]

既婚[5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

初舞台・組回り[編集]

花組時代[編集]

月組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な舞台出演[編集]

劇団四季時代[編集]

劇団四季退団後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「みにこみ国分寺」1997年10月第6号 INTERVIEW”. みにこみ国分寺インターネット版. 2016年11月14日閲覧。
  2. ^ 私と明星学苑”. 学校法人明星学苑公式HP. 2016年5月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.104 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010
  4. ^ 銀座おとな塾 講師プロフィール
  5. ^ 千紘れいか 結婚! スポニチアネックス 2013年12月3日掲載、2013年12月9日閲覧