千葉紘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

千葉 紘子(ちば ひろこ、1944年11月19日 - )は日本の女性歌手、教育関係者。

経歴[編集]

1965年、山脇学園短期大学卒業。日本万国博覧会会場(万博記念公園)で行われた「全国カンツォーネコンクール」優勝を機に芸能界入り。1971年に『恋する女に悔いはない』で歌手デビュー。1972年に発売された第3弾シングル『折鶴』がオリコンチャートで最高第9位、100位以内に28週に渡ってランクインし同誌集計で27.7万枚を売り上げるロングヒットとなった。その後も『初めてのお酒』や、『宗谷岬[1]のヒットでも知られている。

1980年からラジオパーソナリティーとしてFM東京「ステレオ歌謡バラエティ」、NHKラジオ第1放送はつらつスタジオ505」等担当。また「ルックルックこんにちは」の名物コーナーだった「ドキュメント女ののど自慢」の審査員も務めた。

山脇学園短期大学卒業時に中学校教員免許を取得しており、歌手活動に加え、少年の育成にも携わっている。1983年に法務省篤志面接委員、1990年には保護司に就任し、全国各地の少年院などを慰問や院生のカウンセリングを行っている。2002年には瀬戸山賞、その他法務大臣表彰を6回受けている。また、2003年には矯正協会副会長と東京家庭裁判所家事調停委員に就任している。

2007年、弁護士の河上和雄と結婚。

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルシングル[編集]

  1. 恋する女に悔いはない c/w 明日に生きる (1971年8月 キングBS-1397)
  2. はぐれ鳥 c/w 夕陽とくちづけ (1972年3月 同BS-1488)
  3. 折鶴 c/w 恋は鳩のように (1972年8月25日 同BS-1570)
  4. 雨やどリ c/w 愛を知るとき (1973年3月 同BS-1640)
  5. 郵便局 c/w 遅くなった理由 (1973年6月5日 同BS-1695)
  6. 愛ふたたび[2] c/w 愛のひとりごと (1974年1月 同BS-1779)
  7. 初めてのお酒 c/w 明日の友達 (1974年8月 同BS-1853)
  8. 泣いてもいいでしょ c/w 約束だけど (1975年3月 同BS-1904)
  9. 風のかたみ c/w ひとり旅 (1975年10月 同BS-1956)
  10. 恋だもの c/w 好きにさせて (1976年4月 同BS-2006)
  11. くどき文句 c/w 故郷の青い空 (1977年1月 同GK-63)
  12. タンゴ熱愛 c/w 今はもう明日 (1980年8月21日 ポリドール7DX-1002)
  13. 冬の女[3] c/w 白い夜 (1981年1月 同7DX-1032)
  14. 悲しい芝居 c/w 別れの朝 (1981年5月21日 同7DX-1087)
  15. 泪のブルース c/w 情愛 (1982年7月 同7DX-1174)
  16. 宗谷岬 c/w 同曲カラオケ (1983年4月25日 同7DX-1226)
  17. 礼文うすゆき草[4] c/w 礼文の旅情 (1986年2月21日 同7DX-1412)
  18. 幸せとんぼ c/w 彼岸坂 (1990年5月21日 キングKIDX-8)
  19. 海辺の少年 c/w 幸せとんぼ (1992年7月22日 同KIDX-80)
  20. 扉を開けて c/w 宗谷岬 (2001年1月24日 同KIDX-576)

リイシューシングル[編集]

  1. ニュー・ベストカップリング・シリーズ 折鶴 c/w 初めてのお酒 (1979年1月 キングGK-2053)
  2. 宗谷岬 c/w 同曲カラオケ (1985年5月25日 同7DX-1369)
  3. キング・ゴールデン・シリーズ 折鶴 c/w はぐれ鳥 (1985年2月 同K07S-2868)
  4. 折鶴 c/w 初めてのお酒 (1991年3月21日 同KIDX-2058)
  5. 折鶴 c/w 初めてのお酒 (1999年9月22日 同KIDX-2166)
  6. 特選・歌カラベスト3 千葉紘子 (2004年8月4日 同KICM-8084)
  7. 特選・歌カラベスト3 千葉紘子 (2012年3月7日 同KICM-8237)
  8. 特選・歌カラベスト3 千葉紘子 (2017年1月11日 同KICM-8322)

オリジナルアルバム[編集]

  1. はぐれ鳥 / 千葉紘子Ⅰ<ザ・ファースト>ラブ・ポップスを歌う (1972年 キングSKD-132)
  2. 折鶴 / 千葉紘子Ⅱ<ザ・セカンド> (1972年12月10日 同SKA-40)
  3. 郵便局 / 千葉紘子Ⅲ<ザ・サード> (1973年 同SKA-64)
  4. 初めてのお酒 千葉紘子・夜とお酒と恋の街 (1974年 同SKA-97)
  5. タンゴ熱愛―冬の女 千葉紘子 (1980年 ポリドール28MX-1021)
  6. 悲しい芝居―タンゴ熱愛 「熱愛!」千葉紘子 (1981年9月 同28MX-1065)
  7. 文化庁芸術祭参加 幸せとんぼどこにいる / 千葉紘子 (1991年2月21日 キングKICX-59)

コンピレーションアルバム[編集]

  1. SUPERDISC20 千葉紘子ベスト20 (1973年 キングALL-111)
  2. 千葉紘子ベスト (1980年 同K25A-64)
  3. 千葉紘子全曲集 (1990年10月21日 同KICX-8025)
  4. 千葉紘子全曲集 (1992年9月26日 同KICX-2072)
  5. 千葉紘子全曲集 (2001年12月5日 同KICX-2730)
  6. 千葉紘子全曲集2011 (2010年10月6日 同KICX-3898)
  7. 千葉紘子全曲集2014 (2013年10月9日 同KICX-4236)
  8. 千葉紘子全曲集2016 (2015年10月7日 同KICX-4532)
  9. 千葉紘子全曲集2017 (2016年10月5日 同KICX-4673)

リイシューアルバム[編集]

  1. 決定版 千葉紘子2008 (2007年11月21日 同KICX-3571)
  2. 千葉紘子全曲集2009 (2008年10月8日 キングKICX-3657)
  3. 千葉紘子全曲集2010 (2009年10月7日 同KICX-3757)
  4. 千葉紘子全曲集2012 (2011年10月5日 同KICX-4018)
  5. 千葉紘子全曲集2013 (2012年10月10日 同KICX-4144)
  6. 千葉紘子全曲集2015 (2014年10月8日 同KICX-4370)

テレビ番組[編集]

ほか多数

著書[編集]

  • 「あした、青空―少年院の少女たち」(毎日新聞社、2003年)

関連項目[編集]

注記[編集]

  1. ^ ダ・カーポ版カバー音源が1976年と1982年のNHKみんなのうた」に起用されたことで有名になったが、オリジナルは1972年8月新譜の黒木真理版(日本コロムビアSAS-1623)。1973年5月には作曲者が自唱した船村徹版(同SAS-1667)が『新宿情話』のB面で発売されている
  2. ^ ナレーション:黒沢良
  3. ^ フジTV系ドラマ<彩の女>主題歌
  4. ^ NHK新ラジオ歌謡