千鳥 (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
千鳥
Chidori
メンバー 大悟
ノブ
結成年 2000年7月
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2000年 -
出身 事務所のオーディション
影響 とんねるずダウンタウン
出会い 岡山県立笠岡商業高等学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才
ネタ作成者 大悟
現在の代表番組 今ちゃんの「実は…」
いろはに千鳥
NEO決戦バラエティ キングちゃん
過去の代表番組 笑い飯・千鳥の舌舌舌舌
ピカルの定理
同期 レギュラー
天津
カナリア
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2003年 M-1グランプリ9位
2004年 ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞
2004年 M-1グランプリ9位
2005年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2005年 M-1グランプリ6位
2007年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2007年 BGO上方笑演芸大賞メディア賞・ええ漫才ができました賞
2007年 M-1グランプリ8位
2008年 BGO上方笑演芸大賞イベントタイトル賞
2009年 BGO上方笑演芸大賞技能賞
2010年 第5回BGO上方笑演芸大賞 大賞
2011年 THE MANZAI 2011 3位
2012年 THE MANZAI 2012 2位
2013年 第48回上方漫才大賞 大賞
2013年 THE MANZAI 2013 2位
テンプレートを表示

千鳥(ちどり)は、大悟ノブからなる漫才コンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)大阪本社所属。2000年7月結成。

吉本総合芸能学院 (NSC) 出身ではないが、NSC大阪校21期と同期扱い。2008年4月6日の「ガンガンライブFINAL」をもってbaseよしもとを卒業した。

キャッチフレーズは『岡山の漫才番長』[1]

メンバー[編集]

大悟(だいご、 (1980-03-25) 1980年3月25日(37歳))

  • 本名: 山本 大悟(やまもと だいご)
  • ボケ・ネタ作り担当。
  • 岡山県笠岡市北木島出身。
  • 岡山県立笠岡商業高等学校卒業。
  • 身長170cmB型
  • 一人称は「わし」。
  • R-1ぐらんぷり2012決勝進出。
  • 中学、高校と野球部に所属していた。あだち充の漫画『タッチ』に憧れて入部したという[2]
  • 2010年4月3日、生放送番組『せやねん!』で結婚を発表。子供が2人いる。2010年10月に第1子女児、2013年9月に男児が誕生している。
  • 大悟の実姉は笠岡市に隣接する広島県福山市福山駅北口に所在する居酒屋「旬菜美酒ちどり」を経営している。
  • 若手の頃は尖っており、自らも「イタい奴だった」と振り返っている。先輩のブラックマヨネーズが司会を務めるイベントに参加した際、吉田敬から「お前の格好汚いなぁ。俺みたいやんけ」と言われるとそれを振りだと受け取らずに「あんたよりマシや」と言い返した。イベント終了後、楽屋で先輩からそのことに対して注意を受け、謝罪しようとブラックマヨネーズの楽屋の前まで行ったが「何やねん、あいつら!」という吉田の怒声が楽屋の外まで聞こえてきたため、そのまま引き返した[3]
  • 『ピカルの定理』のレギュラーになってからもしばらく大阪に在住[4]していたが、大阪に出る時とは逆に、相方のノブより遅れて上京。

ノブ小池(1979-12-30) 1979年12月30日(37歳))

  • 本名: 早川 信行(はやかわ のぶゆき)
  • 旧芸名: ノブ小池(ノブこいけ)
  • ツッコミ担当。
  • 岡山県後月郡芳井町(現・井原市)出身。
  • 岡山県立笠岡商業高等学校卒業。
  • 身長173cm。A型。
  • 高校卒業後、広島県福山市にあるシャープ福山工場に勤務し、営業職として働いていたが、大悟に誘われ少し遅れて大阪に出てきた。
  • 視力が悪く、レーシック手術を受けた。
  • 2007年11月、高校時代の同級生でアパレル関係の会社に勤める27歳の女性との婚約を発表。2008年、交際スタートの記念日である2月14日に大阪市内で婚姻届を提出し、同年3月3日に福山市内の式場で挙式を実施。妻は相方の大悟はじめ芸人仲間に「鳥」と呼ばれている。結婚前、妻に対し「結婚するのはお前だと決めているが、まだ遊びたい気持ちもある。でも浮気をするのは嫌だから、一回別れて2年後にもう一度付き合って結婚しないか?」と提案して殴られたことがある。[5]
    • 子供が2人いる。2010年9月に長男、2012年8月に次男が生まれている。
  • 姪と甥はBMXの日本代表の強化選手に選ばれている。
  • 2010年5月に声帯ポリープの手術を受けた[6]
  • 2012年8月現在、妻と子供を大阪に残し、大阪に出てきた時とは逆に大悟より先に東京都での生活を始めている[4]
  • 2013年1月1日の『第46回爆笑ヒットパレード2013』では午前8時からの第一部に出演予定だったが、大阪の自宅で寝坊してしまい間に合わず、午後枠の第3部に急遽、私服姿で出演した。その際、普段の漫才ではなく登場してすぐに土下座し、時間通り到着していた大悟から苦言を呈されている[7]
  • 2013年2月に未破裂左椎骨動脈解離という病気になり入院した[8]
  • 2013年11月19日放送分の『ロンドンハーツ』にて、芸名をそれまでの「ノブ」から「ノブ小池」に改名することを決断[9]。この名前は、過去に同番組の企画「意外と知られていない芸人の個人名」において、浅尾美和長澤まさみからノブの名前が出ず、浅尾から「小池さん」と間違えて呼ばれた事に由来する[10]
  • 2015年1月1日放送の「明けまして!ざっくりハイタッチです!4時間も?生放送スペシャル」にて、2015年より芸名を再度「ノブ」に戻すことを発表した。その後ノブはツイッターで、理由を「頑張ったのですが小池に馴染むのは無理でした」としている[11]

概要[編集]

  • 岡山弁大阪弁が混在した独自のチンピラ漫才スタイルを築き上げ、彼らはこのスタイルを「オレ流漫才」と称していた[12]
  • 高校からの同級生ということもありコンビ仲は非常に良い。
  • 大悟の出身地の北木島は、笠岡市瀬戸内海沖合の笠岡諸島の中では最も広い面積を有する。漫才中に島の田舎ぶりをネタにすることがあるが、本土である笠岡市内とはややギャップがあり、島独自の文化も多い。北木島にある大悟の実家には「山本大悟 生誕の地」という看板がある。大悟が島に帰郷した際はフェリー乗り場に島民が集まり、日の丸の小旗を振りながら大悟を出迎えたこともあった。その際、大悟が感動のあまりに落涙したというエピソードがある。
  • 笑い飯の2人とはインディーズ時代から親交が深い。
  • 2006年には、テレビドラマ『水戸黄門』に出演。
  • 2011年1月には、岡山県観光連盟から「岡山県観光特使」に任命された[13]
  • 2011年11月、京都にて番組の収録中に車上荒らしに遭う[14]
  • 上京しているが、2人揃って家族を大阪に残し、単身赴任で生活している[15]
  • 2015年2月3日におかやま晴れの国大使に就任した。また岡山県知事である伊原木隆太が千鳥とユニットを組み、岡山県PRの限定ユニット「もんげーボーイズ」を結成した[16]

M-1グランプリ[編集]

M-1グランプリ決勝では第3回(2003年)大会で初進出した[17]。下ネタを披露したため、大悟は地元の島民らからお叱りを受けたとされる。結果は最下位だった[18]が、これをきっかけにブレイク。数多くのバラエティ番組に出演し、2004年10月以降はbaseよしもとの「トップ組」に属するなど、大きな飛躍を見せる。第4回(2004年)大会も決勝進出したが、2年連続最下位という屈辱を味わう[19]。審査員のラサール石井は「ネタは好きです。面白い。ただ、中盤、後半からもう一展開欲しかったことは事実。中盤でずっと押しすぎたような気がします」と述べた。前年のネタから、司会の今田耕司に「エロ漫才師」と言われた。

第5回大会(2005年)は準決勝で敗退するも、敗者復活枠で決勝進出。前年・前々年とも不利とされるトップバッターだったことから、敗者復活が発表されたときは「1番手じゃなくて良いんですよね?」と発言していた。審査員のラサール石井からは「まず、ありえない設定から入ってるじゃないですか。そこからあそこまで持っていくのが凄い。で、九合目くらいまでは行ったんですけどね。後一つがなんかちょっと最後、爆発できなかったかな」と評された。自己最高得点を記録し、結果は6位。第6回大会(2006年)も準決勝で敗退。第7回大会(2007年)では「囁き漫才」というスタイルを取り入れたが、審査員の島田紳助から「今日見てきた芸人全員[20]もそうだが、すごくいいところとネタが雑なところがはっきりと分かり、どっちをとって評価すべきかで迷ってしまう。彼らの場合も、ネタの冒頭を見た時は95点付けようと思ったが、時間とともにフェードアウトしてしまった」、オール巨人からは「囁き漫才なんて今時する若手漫才師はいないし、ネタは好きだが、オチのあれ[21]はいらなかった。あれがなければ、もっと僕の点数は高かった」と評され、裏目に出たことで結果は8位[12]。翌年以降の大会はすべて準決勝敗退。

笑い飯と並ぶ、9年連続準決勝進出記録を保持している。

THE MANZAI[編集]

THE MANZAI」には2011年の第1回大会から2013年の第3回まで3回出場し、いずれの大会でも最終決戦に進出している。2014年の第4回大会は不参加。

第1回(2011年)
THE MANZAI 2011」で決勝進出。最終決戦に残り、最終的に3位になった。「THE MANZAI 2011」に出場以降、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』『ロンドンハーツ』『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』など全国ネットのテレビ番組への出演が増えている。
第2回(2012年)
2回の本戦サーキット共に1位を獲得し、総合1位で決勝進出。さらに2年連続で最終決戦まで進んだが、ハマカーンに大差で敗れ最終順位は2位に終わる。
本人たちはかなりの手応えを感じていたらしく、最終決戦前には「売れた売れた」と舞台袖でヘラヘラしていたと話している。特に本格的に東京進出して最初の大会であっただけに、「ブレイクし損ねた」、「テレビでハマカーン見る度に思い出して手が痺れる」と冗談交じりに話している[22]
第3回(2013年)
3年連続の決勝進出、さらに3年連続の最終決戦進出を果たした。しかし決勝でウーマンラッシュアワーに敗れ、2年連続で2位となった。第1回大会から3年連続で最終決戦に進出した唯一のコンビとなった。
2014年2月23日第14回ビートたけしのエンターテインメント賞にてビートたけしからは「『THE MANZAI』でも毎回優勝だと思っている」「実力は申し分ない」「俺の中では千鳥だ」などと言われた[23]

受賞歴[編集]

  • 2003年 第3回 M-1グランプリ決勝 9位
  • 2004年 第25回 ABCお笑い新人グランプリ 最優秀新人賞
  • 2004年 第4回 M-1グランプリ決勝 9位
  • 2005年 第35回 NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
  • 2005年 第5回 M-1グランプリ決勝 6位(敗者復活枠)
  • 2007年 第37回 NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
  • 2007年 第7回 M-1グランプリ決勝 8位
  • 2011年 第46回 上方漫才大賞 奨励賞
  • 2011年 THE MANZAI 2011決勝 3位
  • 2012年 THE MANZAI 2012決勝 2位
  • 2013年 第48回 上方漫才大賞 大賞
  • 2013年 THE MANZAI 2013決勝 2位

出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

過去

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

その他[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

  • M-1グランプリ 2003 完全版〜M-1戦士の熱き魂〜 (2004年7月14日、YRBY-50017)
  • 新風baseよしもと ネタトウタ2004 (2004年12月15日、YRBY-50020)
  • M-1グランプリ 2004 完全版〜いざ!M-1戦国時代へ“東京勢の逆襲”〜 (2005年4月27日、YRBY-50025)
  • 笑い飯・千鳥 大喜利ライブDVD (2005年5月25日、YRBE-60031)
  • バトルオワライヤル (2005年5月25日、YRBY-50027)
  • M-1グランプリ 2005 完全版〜本命なきクリスマス決戦!“新時代の幕開け”〜 (2006年4月26日、YRBY-50040)
  • ガチコラ (2006年7月5日、YRBY-50042)
  • YAKARA! (2006年9月20日、YRBE-60034)
  • baseよしもと ネタトウタ2007 (2007年5月23日、YRBY-50076)
  • M-1グランプリ 2007 完全版 敗者復活から頂上へ〜波乱の完全記録〜 (2008年3月19日、YRBY-9003)
  • 笑いの万博 (2008年12月24日、YRBY-90082)
  • 千鳥の白いピアノを山の頂上に運ぶDVD (2011年11月23日、YRBN-90252)
  • 笑い飯・千鳥の大喜利ライブDVD2 (2012年3月7日、YRBN-90359)
  • いろはに千鳥(い) (2015年1月14日、YRBJ-80001)
  • いろはに千鳥(ろ) (2015年1月14日、YRBJ-80002)
  • いろはに千鳥(は) (2015年1月14日、YRBJ-80003)
  • 千豊小籔のすべらない話 (2015年6月17日、YRBN-90897) - ノブのみ
  • いろはに千鳥(に) (2015年9月30日、YRBJ-80004)
  • いろはに千鳥(ほ) (2015年9月30日、YRBJ-80005)
  • いろはに千鳥(へ) (2015年9月30日、YRBJ-80006)

単独ライブ[編集]

  • 2003年
    • 2月17日 - 「ガブンチョ1Hスペシャル 〜千鳥〜」baseよしもと/大阪)
  • 2004年
    • 6月4日 - 「うし祭り」(baseよしもと/大阪)
  • 2005年
    • 4月10日 - 「ゴリラ祭り」(baseよしもと/大阪)
    • 9月15日 - 「ぞう祭り」(baseよしもと/大阪)
  • 2006年
    • 7月11日 - 「ヌーヌヌー」(baseよしもと/大阪)
    • 11月20日 - 「ネビウス」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年
    • 2月15日 - 「ええ漫才ができました」(baseよしもと/大阪)
    • 5月18日 - 「ついに出来た!スーパー方言漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 7月19日 - 「みんな見てくれ!ついに出来た!!ボケの多い漫才」(baseよしもと/大阪)
    • 11月8日 - 「よっしゃ完成や、ツッコミがスパンッスパンッ決まる漫才」 (baseよしもと/大阪)
  • 2008年
    • 3月13日 - 「ポッカーン!みんなオモロイのができたで〜、なぁノブ、あぁ大悟」(baseよしもと/大阪)
    • 6月30日 - 「うめだ花月芸人としての自覚」うめだ花月/大阪)
    • 9月11日 - 「うめだ花月芸人としての振る舞」(うめだ花月/大阪)
  • 2009年
    • 2月8日 - 「千鳥4WD出発進行」ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 4月15日 - 「千鳥漫才セレクション〜新ネタあり過去のネタあり〜」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 7月15日 - 「夏よりおもろい漫才ができました。」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 11月9日 - 「ええライブになりそうです。」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2010年
    • 3月26日 - 「おもれぇライブがあるんじゃね」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2012年
    • 10月13日 - 「THE MANZAI前の大漫才師」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 10月27日 - 「THE MANZAI前の大漫才師」(5upよしもと/大阪)
  • 2013年
    • 9月30日 - 「東京に慣れました。ええ漫才もできました。」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 10月8日 - 「東京に慣れました。ええ漫才もできました。」(5upよしもと/大阪)
  • 2014年
    • 11月3日 - 「千鳥の大漫才 2014」(なんばグランド花月/大阪)
    • 11月9日 - 「千鳥の大漫才 2014」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2015年
    • 10月25日 - 「千鳥の大漫才2015」(なんばグランド花月/大阪)
    • 10月31日 - 「千鳥の大漫才2015」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2016年
    • 9月23日 - 「千鳥の大漫才2016」(なんばグランド花月/大阪)
    • 9月30日 - 「千鳥の大漫才2016」(ルミネtheよしもと/東京)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “岡山知事、漫才に“参入”!? 観光PR「もんげーボーイズ」”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2015年2月4日). http://www.sankei.com/region/news/150204/rgn1502040080-n1.html 2015年4月1日閲覧。 
  2. ^ 笑神様は突然に出演!岡山県北木島出身の千鳥大悟!素顔に迫る!”. ジャパンポップカルチャー. 2015年4月1日閲覧。
  3. ^ TVでた蔵「2012年5月6日放送 ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」”. ワイヤーアクション (2012年5月6日). 2015年4月1日閲覧。
  4. ^ a b TVでた蔵「2012年8月9日放送 ぐるぐるナインティナイン」”. ワイヤーアクション (2012年8月9日). 2015年4月1日閲覧。
  5. ^ 水トク!2014年1月29日放送
  6. ^ 千鳥・ノブ、のど手術…M-1ラストイヤーでの悲願へ スポニチ 2010年5月8日
  7. ^ 爆笑ヒットパレード2013年1月1日放送
  8. ^ “千鳥ノブが未破裂椎骨動脈解離で入院”. デイリースポーツプレスセンター (神戸新聞社). (2013年2月11日). http://www.daily.co.jp/gossip/illness/2013/02/11/0005735560.shtml 2015年4月1日閲覧。 
  9. ^ “千鳥・ノブが「ノブ小池」に改名”. よしもとニュースセンター. (2013年11月19日). http://yoshimotonews.laff.jp/news/2013/11/post-6878.html 
  10. ^ “千鳥・ノブが「ノブ小池」に改名 「ロンハー」で発表”. ORICON STYLE. (2013年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2031040/full/ 2013年11月19日閲覧。 
  11. ^ 千鳥ノブ 2014年12月31日15:05 (UTC) のポスト Twitter
  12. ^ a b DVD『M-1グランプリ2007 完全版 敗者復活から頂上へ〜波乱の完全記録〜』(よしもとアール・アンド・シー)収録(国立国会図書館でも閲覧可能)
  13. ^ 同特使には、これまで岸田敏志真庭市出身)が任命されていて、千鳥が2組目。
  14. ^ “お笑いコンビ「千鳥」が窃盗被害 番組撮影中に車上荒らしに遭う”. スポーツニッポン. (2011年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/11/10/kiji/K20111110002001650.html 2011年11月13日閲覧。 
  15. ^ 2013年9月9日(月)「痛快!明石家電視台」”. gooテレビ (2013年9月9日). 2015年4月1日閲覧。
  16. ^ 千鳥また改名!?県知事と「もんげーボーイズ」結成 webザテレビジョン 2015年2月3日
  17. ^ 第1回(2001年)大会は2回戦敗退、第2回(2002年)大会は準決勝敗退。
  18. ^ ちなみに8位の麒麟との点差は2点だった。
  19. ^ ただし、8位の東京ダイナマイトとの差は1点だった。また、この大会で記録した「582/700点」は第8回(2008年)大会でザ・パンチが「591点」を記録するまで最下位に終わったコンビが記録した最高得点だった。
  20. ^ 彼らより前の順番だった、笑い飯・POISON GIRL BAND・ザブングルを指す。
  21. ^ 囁いて吹きこんだ事柄三つがつながっているという設定。
  22. ^ 2012年12月29日(土) 「八方・今田のよしもと楽屋ニュース」”. gooテレビ (2012年12月29日). 2015年4月1日閲覧。
  23. ^ たけし千鳥ベタ褒め「俺の中での『THE MANZAI』優勝はこいつら」 東スポWeb 2014年2月24日
  24. ^ “千鳥の“純粋なお笑い番組”本日スタート、佐久間P「真っ先に名前出たのが千鳥」”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年7月18日). http://natalie.mu/owarai/news/194912 2016年7月19日閲覧。 
  25. ^ “テレ東『キングちゃん』レギュラー復活 千鳥・ノブ「大悟と抱き合いたいぐらい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2087806/full/ 2017年4月3日閲覧。 
  26. ^ “千鳥とくっきーがレギュラーメンバーに、小籔MC「BAZOOKA!!!」再開”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年12月22日). http://natalie.mu/owarai/news/214340 2017年4月3日閲覧。 
  27. ^ “千鳥ノブ「内村さんはお父ちゃん的存在」新番組「にちようチャップリン」取材会”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2017年3月22日). http://natalie.mu/owarai/news/225571 2017年5月7日閲覧。 
  28. ^ それ、古いっすよ。”. テレビ朝日. 2017年5月7日閲覧。
  29. ^ ただし2008年9月のみ、第1部は隔週出演
  30. ^ 千鳥、グラビアアイドル奮闘バラエティでMC「これが一番やりたかった」”. お笑いナタリー (2015年6月17日). 2015年7月6日閲覧。
  31. ^ “【ラジオな2人:最終回】番組終了に老後の不安を吐露”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年9月18日). http://thetv.jp/news_detail/86580/ 2016年9月18日閲覧。 
  32. ^ 2015年4月14日、4月28日 - 5月12日はゲストとして出演。
  33. ^ a b “映画「ガチバン」最新作で大悟が主人公脅す不良役、ジョニ男も出演”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2014年12月17日). http://natalie.mu/owarai/news/134067 2017年5月7日閲覧。 
  34. ^ “千鳥・大悟、“10代の蛭子能収”役に「無茶苦茶」 「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」概要発表会2”. MANTANWEB. (2016年3月15日). http://mantan-web.jp/movie/ZmlbnegehIQ.html 2016年3月16日閲覧。 
  35. ^ キャスト・スタッフ”. 2017年春 岡山県先行公開 映画「桃とキジ」公式サイト. 2017年5月7日閲覧。
  36. ^ “千鳥がアニメ映画で声優、人魚の少女ルーと少年カイの物語”. お笑いナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/owarai/news/217364 2017年1月19日閲覧。 
  37. ^ “テレビでもラジオでもない新しい番組「The NIGHT」が本日深夜1時から放送開始”. 日刊アメーバニュース (サイバーエージェント). (2016年4月11日). http://news.ameba.jp/20160411-302/ 2017年4月3日閲覧。 
  38. ^ “今田、千鳥、サルゴリラ、向井ら芸人多数登場、ドラマ「火花」追加キャスト”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2016年3月1日). http://natalie.mu/owarai/news/178225 2016年4月15日閲覧。