窪塚洋介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
くぼづか ようすけ
窪塚 洋介
本名 同じ
別名 卍LINE (マンジライン)
空水 (くうすい)
生年月日 1979年5月7日(34歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横須賀市
国籍 日本の旗 日本
身長 177cm
血液型 O型
職業 俳優歌手
ミュージック・ビデオ監督
カメラマン
ジャンル 映画ドラマ舞台レゲエ
活動期間 1995年 -
配偶者 一般人(2003年 - 2012年
家族 窪塚俊介(弟)
RUEED(弟)
事務所 モノポライズ
公式サイト 卍LINE公式ホームページ
主な作品
映画
GO』/『ピンポン
凶気の桜』/『Laundry』
同じ月を見ている
ドラマ
GTO』/『池袋ウエストゲートパーク
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ
ロング・ラブレター〜漂流教室〜
舞台
『血は立ったまま眠っている』

窪塚 洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 - )は、日本俳優歌手神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。所属事務所はモノポライズ。卍LINEという名義でレゲエDJとしても活動している[1]ほか、空水名義ではミュージック・ビデオの監督も務めている。身長177cm。O型。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 三人兄弟の長男であり、二男の窪塚俊介も俳優。三男はRUEEDという名義でレゲエDJとして活躍している。
  • 映画で主演した『凶気の桜』は右翼に傾倒した少年の挫折の物語となっており、この頃より本人も思想系の書物・漫画を読むようになった。同じ頃、小林よしのりの漫画『戦争論』、『ゴーマニズム宣言』や石原慎太郎の著作に感銘を受けたことが明らかになっている。「石原さんの本で、戦後の日本がおかしくなったのは、歴史が曲げられたせいだと知りました。もう一度歴史を勉強しなければならないと感じた。日本を立派にするために生きていきたい」と語っている[2]
  • 地元横須賀で親交のある有名ミュージシャンと共同し、ボランティアのためのレゲエ&ヒップホップ・イベントを開催したことがある。卍LINEとしても『FREEDOM FREAK YOKOSUKA』というレゲエ・イベントを横須賀のライブハウスにて隔月で開催している[3]
  • モデルとしても、多くのファッション誌を飾っている。
  • ブログでは時折、陰謀論に関する発言を行っており、『地球維新』なる集まりでは第一回ゲストとしてベンジャミン・フルフォードを招いて講演させている[4]。ここでは東日本大震災人工地震だとする説についても触れている[5]
  • 喫煙者である。
  • 過去には過激な言動が話題になることも多かった。
  • 卍LINE『CENTER ENTERTAINER』のミュージック・ビデオにも使用された愛車シボレー・HHRを、2009年1月にインターネットオークションサイトを通じて350万円で売却した[6]

転落事故[編集]

一時休業中の、2004年6月6日の昼12時10分ごろ、神奈川県横須賀市の約26mの高さにある自宅マンションの9階から転落した。建物から約9mも離れたフェンスに衝突したが、芝生に落下した為、頭蓋骨の開放性骨折など深刻な傷はあったものの、命に別状なく済む。この件について諸説あったが、本人はその時の記憶が全くないと話している。自殺説については、「これまで生きてきた中で、自分は死にたいと思ったことはない」と否定している。卍LINE名義の楽曲「IKIRO」でこの転落事故について歌っている。

音楽活動[編集]

  • 2006年から卍LINE(マンジライン)名義でレゲエ・ディージェイとしての音楽活動を行っている。
  • アーティスト名には、和と幸運と太陽と忍者(=卍)の放射線(=LINE)という意味が込められているという[1]
  • 年間に100本近いライブを行っており、2008年には1stアルバム『卍LINE』をBMG JAPAN傘下のV.I.P INTERNATIONAL RECORDSよりリリース、CDデビューをはたし、インディーズながら3万枚を売り上げた。
  • 続く2009年8月には、2ndAlbum「VORTEX」を発売。2010年8月25日には3rdAlbum『TIME WAVE』が発売されている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

ドキュメンタリー等[編集]

  • 情熱大陸(2001年9月、毎日放送)
  • トップランナー(2001年10月、NHK)
  • 窪塚洋介 23歳の挑戦 凶器・青春・桜…(2002年、テレビ朝日)
  • 地球維新〜PIECES OF PEACE〜(2003年、フジテレビ)
  • 告白、窪塚洋介〜そして旅は続く〜(2004年、TBS)
  • 水曜プレミア「窪塚洋介のネイティブ・アメリカン紀行〜魂に触れる旅 聖なる大地へ〜」(2005年、TBS)

舞台[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

その他[編集]

  • 集英社「ナツイチ」キャンペーン(2001年・2002年)

カメラマン[編集]

ディスコグラフィー[編集]

*卍LINE名義

CDアルバム[編集]

  • 卍LINE(2008年6月25日、V.I.P INTERNATIONAL RECORDS / BMG JAPAN
  • VORTEX(2009年8月5日、Amato Records)
  • TIME WAVE(2010年8月25日、Amato Records)
  • 卍LINE: 卍LINE Remix2(2011年7月20日、Amato Records) ※TOWER RECORDS限定販売。※本作品の収益は全て2011.3.11に発生した東日本大震災の被災地に必要な物資などにし自身のボランティア活動の中で直接届けると発表。

参加作品[編集]

  • V.A. - DAZZLIN’GOLD-ina dancehall style-Vol.2(2006年8月25日、ファイルレコード
    • 05. 「REMEMBER」
  • SPICY CHOCOLATE - 東京RAGGA BLAZE(2007年6月27日、徳間ジャパン
  • V.A. - SETAGAYA MUSIC BASE (2007年12月19日、avex entertainment
    • 01. 「Peace」
    • 10. 「KID ANTHEM」
  • MONTA, BIG BEAR & 卍LINE - ありがとう(2009年4月20日、SCORPION INTERNATIONAL RECORDS)
  • 『New Era~DJ YUTAKA 30th ANNIVERSARY ALBUM』(2009年9月16日、UNIVERSAL SIGMA
    • 03.「MUSIC ENERGY」feat.卍LINE&REILI

書籍[編集]

  • 「20〜放たれた言葉たちのゆくえ」(2000年、光進社刊)
  • 「PIECES OF PEACE」(2003年、講談社刊)
  • 「流」(2003年、講談社+α文庫刊)
  • 「地球維新 Vol.1 エンライトメント・ストーリー」中山康直 共著(2004年、明窓出版刊)
  • 「放尿」(2012年、サンクチュアリ出版)
  • 朗読CD『聖邪の行進〜幻想戯曲「解放軍」より四季のある楽園〜』(2012年)

受賞歴[編集]

「少年H」

「GO」

出典[編集]

  1. ^ a b FOCUS 卍 LINE - STUDIO VOICE ONLINE
  2. ^ 【論文】“縦軸派のシンボル”石原首相待望論の背景 - 月刊「正論」
  3. ^ 「FREEDOM FREAK YOKOSUKA」 - 卍blog
  4. ^ 地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード No.1‬‏ - YouTube
  5. ^ ‪地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード No.5‬‏ - YouTube
  6. ^ 窪塚洋介シボレーHHRをヤフオクに出品 有名人&芸能人の愛車データベース 2009年1月24日閲覧

関連人物[編集]