南風洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

南風 洋子(みなかぜ ようこ、本名:若杉 洋子(わかすぎ ひろこ)、1930年1月22日 - 2007年8月19日)は、日本の女優。劇団民藝に所属していた。兵庫県神戸市出身。夫は映画監督演出家若杉光夫。娘は女優の若杉民。

来歴・人物[編集]

戦後、満州から引揚者となって神戸に引揚げてきた後に、学生演劇に熱中していたおり、関西学院劇研の顧問をしていた宝塚歌劇団の演出家・堀正旗に勧められて、兵庫県立第一神戸高等女学校(当時。現在の兵庫県立神戸高等学校)卒業後の1948年宝塚音楽学校に入学して、翌年に宝塚歌劇団に入団[1]宝塚歌劇団36期生。宝塚入団時の成績は首席[2]。同期生の有馬稲子とコンビを組んで男役スターとして人気を博したが、1953年3月25日[2]に退団。在団中の愛称ノロ(ちゃん)。

退団後は新東宝と契約。1959年宇野重吉のすすめで劇団民藝に入団。以後も舞台、映画、テレビなどで活躍した。1985年紀伊國屋演劇賞1995年菊田一夫演劇賞受賞。

2007年8月19日、膵臓癌のため横浜市鶴見区の病院で死去。享年77。戒名は南風院光室智洋大姉。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 奇蹟の人(ケイト・ケラー)
  • オットーと呼ばれる日本人(瀬川夫人)
  • にんじん(ルピック夫人)
  • 林の中のナポリ
  • 巨匠(女教師)
  • 放浪記(1990年・1996年) - 日夏京子 役

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 南風洋子 『涙を真珠にかえて…』新日本出版社、2007年、24-26頁
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、45-46頁。ISBN 9784484146010