単一民族国家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

単一民族国家(たんいつみんぞくこっか)とは単一の民族からなる国家のことである。言い換えると少数民族をもたない国家という事である。対義語多民族国家である。ただし他民族が存在していても単一の民族の文化や言語や価値観を前提として国の執政がとられる場合も単一民族国家であると捉えることができる。

単一民族国家の例[編集]

2000年から2008年までのデータを基にして、主体となる民族の比率が85%以上の国家は黄土色に塗られている

国内に居住する全ての人間が単一民族に属するという、厳密な意味での単一民族国家は世界に存在しない。同一民族の割合が全人口の大多数(約95%以上)を占める国家をあげれば日本大韓民国朝鮮民主主義人民共和国アイスランドポルトガルアイルランドアルバニアポーランドイエメン他、南太平洋諸島のポリネシア系の島国などが挙げられる。ポーランド第二次世界大戦前はドイツ系、ユダヤ系、ウクライナ系の少数民族を多く有した多民族国家であったが、第二次世界大戦時にナチスによるホロコースト、戦後のソ連軍やポーランド政府によるドイツ系国民の強制追放などで現在ではポーランド系が97%となっている。

民族の概念が政策的に希薄にされている国もある。トルコでは民族主義が憲法に規定されているため非トルコ系(クルド人など)などの異民族に対する同化主義が国策として奨励されている。先進国では民族間の融合を強力に推進しているフランスでは特に同化主義の理念が強く、アルザス人(ドイツ系フランス人)・プロヴァンス人・ブルターニュ人・コルシカ人などの少数民族ないし少数言語集団を強力にフランス人に統合してきた。さらに、イタリアポーランドなどからの移民を受け入れたが、彼らもほぼ完全にフランス人に同化している。しかし、近年増加しているアラブ系など非白人系は必ずしも同化がうまくいっていない。EUでヨーロッパ地方言語・少数言語憲章が作成されたがフランスの最高裁判所はこれを批准することは違憲であるとの判断を下している。さらにフランスでは国民はすべてフランス人であるとの主張のもとに人種・民族別の人口統計を収集することが法律で禁止されている[1]

争点[編集]

ヨーロッパ史の中世における戦乱が終息した理由の一つとして、民族国家の台頭があげられる。日本でもよく指摘される論であるが、文化価値観を共有する共同体としての国家が成立することは、領内の安定に繫がるとされる。

例えば、アフリカ諸国の国境は、旧植民地宗主国の都合で設定された為、国と民族の統合性を欠き、これがアフリカ諸国の政情不安定の一因である事をよく指摘される。特に、近代に出現した議会制民主主義は一面的には多数決制である為、国内において多数派を形成し得ない少数民族にとって圧倒的に不利な制度であり、これが少数民族の独立運動、ひいては内戦の原因となっている事も指摘される。

また、アフリカ人の奴隷を多量に輸入したアメリカや戦後に多くの移民を安価な労働者として受け入れたヨーロッパ諸国では、これらの少数民族の住居地区の多くがスラム化している。これらのスラムは、高い失業率と犯罪率による治安の悪化、インフラ維持による財政負担、また場合によっては大規模な暴動の発生源となる場合がある他、近年のコソボグルジアのように、これらの少数民族が近隣の国家の支援による独立運動を起こすことによって国家主権が脅かされる事例も存在する。

しかしながら、どの国においても少数民族や外国人がたとえ少数ながらも存在しており、国政に多数派の価値観や文化や利権が組み込まれると結果として少数派には不公平な状態、あるいは少数派民族の人権が著しく損なわれる事態が発生することが問題点として指摘されている。その最も極端な例がドイツに出現したドイツ第三帝国で、ナチスが独断で決定したアーリア人の定義に見合わないドイツのユダヤ人ジプシーが多量に虐殺されただけでなく、東欧への侵攻の際に、膨大な数の東欧の住民が強制移住・強制労働・虐殺の憂き目にあっている(ただし、ナチスの政策はドイツ民族主義というより独自の人種主義に基づいている)。これほど徹底したものではなくとも、アメリカ合衆国インディアン絶滅政策)、オスマン帝国アルメニア人虐殺)、ポーランドチェコスロヴァキアハンガリーなど(ナチスへの報復として行われたドイツ人追放)、ソビエト連邦ホロドモールなど)、イスラエルパレスチナ問題)、中華人民共和国チベット問題)など、民族主義ないし国民統合の理念に基づき、少数民族を追放したり、虐殺した国家は世界史上数多く存在する。

また、政策的に国民の混血を進め、民族の違いをなくそうとする場合もある。その最も極端な例は19世紀のパラグアイで、初代国家元首フランシア博士が先住のグアラニー人スペイン人の通婚を強制し、全国民をメスティソ化してしまった。

日本については小熊英二のように、多民族帝国であった大日本帝国が解体される過程で政治的に単一民族概念が作られたという側面を強調する論者もいる。また近年の日本では単一民族国家という言い方が少数民族の軽視につながるとして、単一民族国家という言葉・概念が批判的にとられることもある。

現在では移民の流入(戦争などによる難民を含む)により、多民族化が進んでいる国も多い。これらの少数民族の存在が国政の安定を脅かすのではないかという危惧は、多くの国で議論されている。ヨーロッパでは他の人種や民族を平等に扱うことを、人権自由平等主義の観点から奨励しているが、一部のムスリム移民による人権侵害が問題になっており、イスラム教自由主義や人権主義と相容れないものではないかとの危惧が存在する。右翼保守の論客はヨーロッパが「ユーラビア英語版」(ヨーロッパとアラビアの合成語)に変質すると警鐘を発するものが多い。[2][3]

このような課題の対策として、文化的同化政策を実施している国もあれば、特定の価値観や理念によって国をまとめようとする国も存在する。

各国の事情[編集]

中国[編集]

中華人民共和国は主要民族である漢民族と55の少数民族から構成されている多民族国家である。民族識別工作により、誰がどの民族に属するかを行政的に確定させている。ただし中国中華民国中華人民共和国)の国籍を持つ全ての文化的集団(エスニック・グループ)を統合した政治的共同体(ネーション)として中華民族(ちゅうかみんぞく)という言葉が使われる。これには漢族だけでなく、蒙古族チベット族ウイグル族などの少数民族も含む。

しかし中華民族とは自己を世界の中心とする意識の表現の下、漢民族が自民族を表現する概念であり現在、中華人民共和国にて中華民族とは、「中華人民共和国国内に居住し、中国国籍を有する者」として「中華民族=中華人民共和国国籍」と定義する一方、「黄河は中華民族の揺り籠」「中華民族は炎黄子孫」など、「中華民族=漢民族」と定義してその場に合わせた解釈を繰り返し、決まり文句が「中華民族は一体である」という政治的な意味を込めて広く用いられている。

中華民族の用語の起源は章太炎が漢族を表す新しい民族名として提唱し、袁世凱が外蒙古独立時に「外蒙古は数百年家を共にした中華民族のものである」と言って使用し、孫文1912年に自身が発表した漢満蒙回藏五族共和説を基に、「よく五族共和と言うが、中国はこの五つの民族だけか? 私が言いたいのは、中国内全ての民族を同化して一つの中華民族を作り上げなければいけない。中国の民主主義はその後完成する。」と言って使用した。現在「中華民族」と言う概念は中国における公的機関や漢族系の多くの愛国者によって共産主義に取って代わる国家思想として支持されている。

ただし、少数民族には上級学校への優先的な進学、公務員採用の優先などの優遇策もとられており、漢民族以外の人々は、一人っ子政策の適用外とされているため、2人以上の子をもうけるために漢民族の血をひきながら少数民族として登録する人々も少なくないという。満州族など優遇を受けるため漢民族から登録を変更しているために、満州語を話せる満州族は少数にもかかわらず見掛け上の人口増加率が大きいという例もある。

なお、過去には五胡十六国など、漢民族以外の少数民族が中国を支配していた時期もある。これらのうち、自らの文化を保持したまま中国を支配した王朝に関しては征服王朝と呼ばれるが、漢民族の文化を進んで取り入れ同化していった王朝に関しては浸透王朝と呼ばれる。

日本[編集]

日本は、大和民族が人口の大多数を占める。「一民族、一国家、一言語の日本」の類の発言は政界や言論界で時折語られる見解である。一方で国民全体からすると少数(北海道に23,000人程度、全人口の0.018%とされる)ではあるが北海道の先住民族であるアイヌが存在する(現在アイヌは北海道だけでなく首都圏などにも多く移住しているが、北海道以外の統計はない)。また、日本政府は別の民族であるとは認めていないが、沖縄を中心に琉球民族が存在するとの見解もあり、国連人種差別撤廃委員会から先住民族としての権利を保護すべきであるとの勧告を受けている[2][3]。他に、第二次大戦の敗戦により解体される以前の大日本帝国は多民族国家であったので、その名残である在日コリアン台湾人特別永住者やその子孫が数十万人存在している。さらに、近年日本に移住してきたニューカマーの外国人も日本国内に相当数居住している。その他、樺太出身のニヴフウィルタ、小笠原の欧米系島民ロシア革命の亡命者に由来する白系ロシア人なども存在するが、一般にはほとんど知られていない(日本の民族問題少数民族等を参照の事)。

実際に日本が単一民族国家(ethnically homogeneous nation state)の典型であるとの認識は内外で見られる。しかし日本を単一民族国家と表現すると、実在する少数民族を軽視(無視)しているとして批判が展開される。ただし「日本は単一民族国家」の類の発言はあくまでも制度や国家に対する言及であるという面もあり[誰?]、その正当性には議論の余地がある[誰?]。もっとも、「日本に少数民族は存在しない」ことは長く日本政府の公式見解であった。これは後述の中曽根発言の際も行われたもので、国際人権条約で問われている意味での「少数民族」にアイヌは当たらない、との見解を示し、単一民族発言との整合性を取ろうとしていた。

単一民族発言で批判を浴びた著名人は、以下のとおりである。

  • 中曽根康弘 - 1986年9月24日総理大臣在任中、いわゆる知的水準発言の謝罪会見の際に「アメリカは多民族国家だから教育が容易でなく、黒人プエルトリコメキシカンなどの知的水準がまだ高くない、日本は単一民族国家だから教育が行き届いている」という趣旨の教育に関する発言を行った[4]。アメリカから厳しい批判が起こったがこれは黒人やラテン系の知的水準が低いとの旨は人種差別ともとられかねない発言であるからで、この時点では日本国内での反発は少なかった。ただし、アメリカでの批判には「単一民族社会が複合民族社会より優れているという考え方自体が、最も悪質な人種差別である」との表明が含まれていた。中曽根はその釈明の中で「日本は単一民族だから手が届きやすいという意味だ」および「日本国籍を持つ方々で差別を受けている少数民族はいない」と国会で発言し、この発言が国内からはアイヌ系などから強い反発を受けた。同年10月21日にアイヌのウタリ協会などの団体から「単一民族発言はアイヌ民族の存在を無視するもの」という抗議を受けた。
  • 山崎拓 - 1995年衆議院議員在任中、「一民族、一国家、一言語の日本の国のあり方がこれほどの国力を作り上げた。日本人が日本人を思いやる気持ちが阪神大震災の救済にも現われている」と発言[5]
  • 鈴木宗男 - 2001年7月2日、衆議院議員在任中、東京有楽町日本外国特派員協会での講演にて、「(日本は)一国家、一言語、一民族といっていい。北海道にはアイヌ民族がおりますが、今はまったく同化されておりますから」と発言[5]。北海道ウタリ協会の吉田昇理事から「情けない。アイヌを一番知るはずの地元の鈴木代議士が正気で発言したとは思えない。中曽根康弘首相の単一民族発言から15年たつのに、相変わらずの認識だ」との反撥を受けた[6]
  • 平沼赳夫 - 2001年7月2日、経済産業大臣在任中、札幌市内で開かれた自民党中川義雄参院議員のセミナーにて「小さな国土に、1億2600万人のレベルの高い単一民族できちんとしまっている国。日本が世界に冠たるもの」と発言[5]。北海道ウタリ協会の阿部ユポ副理事長から「アイヌ民族が先住民族であるという歴史を知らない発言だ。一国の大臣がわざわざアイヌモシリ(人間の大地=北海道)で、こうした発言をするのはアイヌ民族に対する挑戦ではないか」との批判を受けた[6]
  • 鳥居泰彦 - 2003年2月13日慶應義塾学事顧問・中央教育審議会会長在任中、衆議院憲法調査会の「基本的人権の保障に関する調査小委員会」の会議に参考人として出席した際、「日本が犯罪率が低いのは単一民族の国だからだ」という趣旨の発言をおこなう[7]
  • 麻生太郎 - 2005年10月15日総務大臣在任中、福岡県太宰府市九州国立博物館開館記念式典の来賓祝辞で「一文化、一文明、一民族、一言語の国は日本のほかにはない」「今は(世界各地で)人種、地域、宗教でいろんな争いが起きている。日本は一国家、一文明、一文化圏で、そういう国はあまりない」と発言[8][5]
  • 伊吹文明 - 2007年2月25日文部科学大臣在任中、長崎県長与町で開かれた自民党長与支部大会での講演にて「大和民族がずっと日本の国を統治してきたのは歴史的に間違いのない事実。極めて同質的な国」「悠久の歴史の中で、日本は日本人がずっと治めてきた」と発言[9][5]
  • 中山成彬 - 2008年9月25日国土交通大臣在任中、共同通信社など報道各社とのインタビューで「日本は随分内向きな、単一民族といいますかね、あんまり世界と(交流が)ないので内向きになりがち」と発言[10]。この発言が与野党からの非難を受け[11]、同日に「誤解を招く表現であったので撤回します」との声明を発表。その直後に辞任に至る。

韓国[編集]

韓国では民族主義により「単一民族意識」やそれに伴う「純血・混血」という民族意識概念が根強く残っており、それが人種差別の温床となっていると国連人種差別撤廃委員会から度々勧告を受けている。1991年に中国系やベトナム系住民の地位について指摘を受けた際に韓国政府は「韓国は単一民族国家で、人種差別はない」と主張し、2007年にも韓国政府は「韓国は単一民族」「韓国には少数民族差別はあまり見られない。しかし単一民族性から自然発生した“純血”に対する韓国人の自負心が、“混血”に対する差別を誘発している」と報告書で主張した。これを受けた国連人種差別撤廃委員会は「純血と混血という言葉は、人種的優劣主義を広めるという点で懸念される」「人種差別を無くすよう努力せよ」と勧告したが、韓国内では「内政干渉ではないのか」といった反発の声も聞かれる。[12]

フランス[編集]

国民国家誕生前のヨーロッパでは王侯貴族は主にフランス語、平民は土着のゲルマン系、ラテン系、スラブ系、ケルト系などの地元の方言を話すのが普通であった。フランス革命当時にフランス語を話していたのは主にイル・ド・フランス及びロワール地方周辺の人々で、フランスの人口の30%強に過ぎなかったといわれている。その後にフランス市民、フランス文化、フランス語を基礎にした共和制の元に同化政策が執行される。

1951年のディクソンヌ法によって公立の学校でフランス語以外の言語で授業を行うことは不可能になった。これによってブルターニュ、アルザス、コルシカ島などでの現地語の縮小に繫がっている。フランスは近年にヨーロッパ地方言語・少数言語憲章に署名しているがフランスの最高裁判所は条文の内容が違憲であるとの判断を下したため憲章を批准できないでいる。

トルコ[編集]

オスマン帝国はモンゴル系の騎馬民族が他民族の領土を征服する形で生まれたためその出発点から多民族国家であった。文化的にもより高度な東ローマ帝国ヘレニズム文化、イラン文化やアラブ文化を取り込んだだけでなくギリシア人アルメニア人トルコ人ユダヤ人アラブ人クルド人カリフの制度の下に共存する執政がとられ多くの非トルコ人が軍部、政府や商業において活躍していた。言語的にはテュルク系であるトルコ人の多くがコーカソイドの容貌をしているのもこのためである。しかし帝国の凋落とともに非トルコ民族の民族独立運動が活発化し帝国が崩壊。その瓦礫から強烈なトルコ民族主義の旗を掲げて近代トルコが形成される。アルメニア人の大虐殺もこの頃に起こっている。しかし、トルコの領土の3分の1はクルド人居住区であり過去には熾烈な独立運動の弾圧およびクルド文化の抑圧が行われた。またトルコのギリシア人は建国時のギリシアとの戦争との関係でギリシャに追放されている。

ちなみにトルコの憲法ではトルコはトルコ民族国家であると明記してありトルコ民族および建国の父を侮辱することは不敬罪にあたる。

イスラエル[編集]

1948年建国されたイスラエルは「ユダヤ人国家」と号している。もともとイスラエルが国家として確立される前の現在のイスラエルも含めたパレスチナ全土はアラブ人が圧倒的な多数派でありながら、ユダヤ人の入植とアラブとイスラエルの紛争・戦争のどさくさでアラブ人が避難あるいは追放されたこと、そして建国後もユダヤ人の移民を奨励したという政策の結果でありユダヤ人が多数派となったのであり、いまだにアラビア人を始めとする非ユダヤ人住民は2割を占める。未だにパレスチナ人の難民がもともとの居住地に帰還できず難民キャンプなどで生活しているという現在最長の難民問題であることも含め、イスラエルをユダヤ人国家と認めることは民族浄化を肯定するに当たるとの批判が存在する。

2010年には閣議決定で、非ユダヤ人の国籍取得にあたり、「ユダヤ国家」への忠誠を要求する法案が提出された。非ユダヤ人住民などからは、人種差別という批判が起きている。米国が「ユダヤ人国家」の自己規定を追認しているほか、イスラエルはイスラエル・パレスチナ問題においても、パレスチナ側に「ユダヤ人国家」であることを認めるよう、一貫して要求を続けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]