印綬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
漢委奴国王印

印綬(いんじゅ)とは中国に於いて臣下に対して印章を授けることによって官職の証とした制度の事である。印は印章、綬はそれを下げるためのひものことであり、この組み合わせにより一目でどのような地位にあるかがわかるようにされていた。

概要[編集]

漢書』などによると漢の印綬制度では印の材質では上から順に、綬の色は多色(皇帝で六色)、綟(萌黄)、となる。更に印の鈕(つまみ)部分には、駱駝などの動物のかたち、のかたちなど、さまざまな造形が施されている。

冊封体制下に於ける中国の周辺諸国の君主たちはそれぞれに名目的に中国王朝の臣下とされ、それぞれが印綬を受けていた。これは外臣と呼ばれ、王朝に直接仕えている内臣よりも一段低い扱いを受ける。

例えば代に於いて諸侯王は内臣の場合は金璽綟綬(きんじれいじゅ)が授けられるが、外臣で王号を持つ者は金印紫綬となる。日本志賀島で発見された漢委奴国王印や、まだ見つかっていない倭女王卑弥呼が授けられた「親魏倭王」印も金印紫綬である。

日本においては、天皇を中心とする朝廷から、各地方国司に任ぜられた者に、その身分の証として授けられ、また、沖縄県琉球王国だった頃は、銀印(鍍金銀印)を中華の皇帝から授与されていた。

こうした官職位階勲等を象徴する印綬であるが、この習慣は中国由来の命理(四柱推命)にも反映されており、士人が君主に拝謁する適当な機会を印綬の時期流年としている。

また、文語調の日本語で重職に就くことを「印綬を帯びる」と言った例がある。たとえば勝田龍夫「重臣たちの昭和史(下)」P115「さきほど御殿場で西園寺が、『首相の印綬を帯びる程の人物は、三斗の酢を鼻で吸う程の苦難を舐めた者でなければその資格がない』と寓意を洩らしたのを聞いたばかりである」。

外延領域首長への印綬の下賜例[編集]

滇王之印

関連項目[編集]