即位礼正殿の儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)とは、1990年平成2年)11月12日今上天皇即位礼に行われた即位礼の中心となる儀式で、東京都千代田区皇居宮殿正殿松の間で行われる。桓武天皇など古代の天皇はほとんどが朝堂院大極殿で、大極殿が焼失してからは内裏紫宸殿で行われた。大正天皇昭和天皇京都御所紫宸殿で「紫宸殿の儀」として行った。東京都で即位礼を挙げるのは今上天皇からである。

正殿の儀の概要[編集]

萬歳旛

即位した新天皇日本国の内外に即位を宣明する儀式である。このため各国の国家元首首脳が参列する。

正殿中央には階段が設置され、正殿の前庭には幡旗が立てられ、文官武官の装束を身につけた宮内庁職員が整列する。正殿松の間には高御座、御帳台がしつらえられ、男性皇族皇太子親王)、女性皇族(親王妃内親王)の入場の後、天皇・皇后がそれぞれ高御座・御帳台につくと儀式が始まる。

式次第[編集]

  1. 天皇が高御座に昇る。
  2. 皇后が御帳台に昇る。
  3. 参列者が鉦の合図により起立する。
  4. 参列者が鼓の合図により敬礼する。
  5. 内閣総理大臣が御前に参進する。
  6. 天皇の「おことば」がある。
  7. 内閣総理大臣が寿詞[1]を述べる。
  8. 内閣総理大臣が即位を祝して万歳を三唱する。参列者が唱和する。
  9. 内閣総理大臣が所定の位置に戻る。
  10. 参列者がの合図により着席する。

天皇の「おことば」[編集]

さきに、日本国憲法及び皇室典範の定めるところによって皇位を継承しましたが、ここに即位礼正殿の儀を行い、即位を内外に宣明いたします。
このときに当り、改めて、御父昭和天皇六十余年にわたる御在位の間、いかなるときも、国民と苦楽を共にされた御心を心として、常に国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓い、国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和人類福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。


憲法での規定[編集]

天皇について規定した日本国憲法第1章では即位礼についての明確な規定はないが、国事行為として挙行される。即位礼は、皇室典範第二十四条に「皇位の継承があつたときは即位の礼を行う。」と規定される。当日は「即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」によって国民の休日となった。

装束[編集]

正殿の儀、紫宸殿の儀では和風の装束となっている。

  • 天皇…黄櫨染御袍に立纓冠を着用
  • 皇后…十二単の着用。髪型は御垂髪(おすべらかし)
  • 男性皇族、参列者…束帯に垂纓冠を着用
  • 女性皇族…皇后に同じ。

明治天皇より前の天皇の即位の礼では、主に大極殿が、これが消失してからは紫宸殿が舞台であった。事情により大極殿があっても紫宸殿や豊楽殿、太政官庁で行われたことがある。唐風の装束で、皇族・貴族は礼冠に礼服で、天皇は冕冠に袞衣を着用した。

高御座・御帳台[編集]

正殿の儀では高御座御帳台京都御所紫宸殿から皇居まで運ばれ使用された。松の間中央に高御座、正殿向かって右に御帳台がしつらえられた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 即位礼正殿の儀における海部内閣総理大臣の寿詞”. 2017年1月21日閲覧。 平成2年11月12日 データベース『世界と日本』日本政治・国際関係データベース 東京大学東洋文化研究所 田中明彦研究室