厚木秦野道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
国道246号標識

厚木秦野道路(あつぎはだのどうろ)は、神奈川県内の厚木市中依知から伊勢原市経由し、秦野市八沢に至る地域高規格道路国道246号バイパス)である。1998年平成10年)6月16日計画路線に指定された。

2006年(平成18年)12月に、早期開通に向けて暫定2車線による整備となった。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1992年平成4年)11月 : 基本ルート公表。
  • 1996年(平成8年)6月11日 : 都市計画決定。
  • 1998年(平成10年)4月 : 伊勢原北IC - 伊勢原西IC間 (4.1 km) 事業化。
  • 1998年(平成10年)6月16日 : 計画路線に指定。
  • 1998年(平成10年)12月18日 : 伊勢原北IC - 伊勢原西IC間 (4.1 km) 整備計画に指定。
  • 1999年(平成11年)12月17日 : 圏央厚木IC/JCT - 厚木北IC間 (3.6 km) 整備計画に指定。
  • 2001年(平成13年)4月 : 圏央厚木IC/JCT - 厚木北IC間 (3.6 km) 事業化。
  • 2001年(平成13年)5月 : 圏央厚木IC/JCT 着工。
  • 2002年(平成14年)4月 : 伊勢原市西富岡 - 伊勢原北IC間 (0.7 km) 事業化。
  • 2014年(平成26年)3月31日 : 伊勢原西IC - 秦野中井IC間 (5.2 km) 整備計画に指定。
  • 2014年(平成26年)度 : 伊勢原西IC - 秦野中井IC間 (5.2 km) 事業化。

通過市町村[編集]

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 接続路線名 起点
から
(km)
備考 所在地
- 圏央厚木IC/JCT 国道468号首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路 0.0 事業中 神奈川県 厚木市
- 厚木北IC 国道412号バイパス 3.6
- 森の里IC 船子飯山線(予定) 事業中
- 伊勢原北IC 新東名高速道路(事業中)
西富岡石倉線(予定)
事業中 伊勢原市
- 伊勢原西IC 国道246号(現道)
5-1 秦野中井IC 東名高速道路
神奈川県道71号秦野二宮線

新東名高速道路(事業中)

事業中 秦野市
- 渋沢IC
- 秦野IC 29.1 事業中

整備状況[編集]

当道路は自動車専用道路で、東名高速道路新東名高速道路首都圏中央連絡自動車道などと一体となって広域的・地域的交通の役割を担う路線。全線の開通時期は未定だが、2006年12月、事業化決定済みの区間について暫定2車線で整備し、概ね10年以内の開通を目指す方針が明かされた。現時点では8ヶ所の料金所計画されていることから、有料道路として整備される方向である。また、圏央厚木IC/JCTから座間市方向へ延伸する構想もある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]