原田裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

原田裕子(はらだ ゆうこ、1981年 - )は、日本の版画家木版画職人摺師、木版デザイナー。鹿児島県鹿児島市出身。京都府京都市在住。老舗手摺匠「竹中木版」の六代目。京都教育大学教育学部美術科教育学科卒業。

プロフィール[編集]

大学在学中に竹中木版に弟子入り、竹中健司に師事。職人として技術を研鑽するとともに、竹笹堂アートディレクターとして、木版アートステーショナリーの作品を制作発表。数々のメディアから注目を集める。2006年(平成18年)にアメリカ合衆国ペンシルベニア州マサチューセッツ州ボストンで、翌年にはハワイ州ワークショップ竹中健司と開催。原田の作品はギメ東洋美術館フランス国立図書館(ともにフランス)に所蔵されている。

木版デザイナーとして、原田独自の「連柄」と名付けられた連続したパターンを用いた表現方法を編み出し、オリジナル木版画を用いたコフレットやブックカバーなどの雑貨を制作している。2010年より光村推古書院出版の京都手帖の装丁、挿絵デザインを提供し、他にもテキスタイルやパッケージデザインなどを木版画で提案するなど、活動の幅を広げている。

作品[編集]

  • 「林檎椿」(木版画)
  • 「ざくろ」(木版画)
  • 「ピッチュ」(木版画)
  • 「ねこ」(木版画)
  • 「うさぎ」(木版画)

デザイン提供[編集]

  • 京都手帖(光村推古書院)2010年〜
  • 2011年版 きもの文化検定問題集(ハースト婦人画報社)2011年
  • 山本仁商店 京の蚊帳生地ふきん 2014年
  • 日本写真印刷 OneCoverスマートフォンケース 2014年

展覧会[編集]

  • 京都手帖2014原画展(京都マルイ)2013年
  • くだもの展覧会 〜木版画の美味しいくだもの〜(同時代ギャラリー)2011年
  • 連柄展(同時代ギャラリー)2010年
  • 京都の赤展(代官山モンキーギャラリー)2010年
  • 京都の赤展(Galerie Lieu-Dit et、 Galerie Immanence ともにフランス・パリ)2010年

CM[編集]

TV[編集]

ラジオ[編集]

関連項目[編集]