又野誠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
またの せいじ
又野 誠治
本名 又野 成治
生年月日 (1960-11-25) 1960年11月25日
没年月日 (2004-03-23) 2004年3月23日(満43歳没)
出生地 日本の旗 日本山口県岩国市
死没地 東京都杉並区西荻南
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画オリジナルビデオテレビドラマ
活動期間 1983年 - 2004年
活動内容 1980年:文学座付属演劇研究所入所
1983年7月:『太陽にほえろ!
1987年:『「さよなら」の女たち
1990年:『兇悪の紋章』
配偶者 あり(2003年 - )
著名な家族 長男
主な作品
『太陽にほえろ!』シリーズ
『兇悪』シリーズ
クライムハンター』シリーズ

又野 誠治またの せいじ1960年11月25日 - 2004年3月23日)は日本の俳優。本名は又野 成治(読みは同じ)。山口県岩国市出身。血液型はO型。少林寺拳法剣道柔道はいずれも2段だった。

略歴[編集]

米軍基地に勤務するイタリア人の父親と日本人の母親の間に生まれた。

高校時代に暴力事件を起こし少年院に入る。出所後上京し、文学座に22期生として入座。文学座付属演劇研究所修了後の1983年7月にテレビドラマ『太陽にほえろ!』8代目新人刑事・澤村誠(ブルース刑事)役の座を掴みレギュラー出演。同郷出身で元・文学座12期生、同作品でブレイクした松田優作によく似た物腰と風貌、鍛え上げた身体で、出演当初には松田の演じた柴田純(ジーパン刑事)と比較され話題になった。だが他の新人刑事を演じた俳優のようにブレイクのきっかけを掴むまでには至らず、「殉職シーン」も叶わないまま番組は終了した。

『太陽にほえろ!』終了後、1987年には映画『「さよなら」の女たち』に出演している。その後、主な活躍の場をオリジナルビデオに移し、1990年に『兇悪の紋章』に初主演。以来、数々のビデオ作品や刑事ドラマに出演。主演作ばかりでなく悪役としても強烈な個性を印象付けた。

晩年は東京都杉並区で飲食店「Aサイン」を経営していたが、2004年3月23日夕刻、店の中で首に布を巻き付け倒れているのを発見され、病院に搬送されたが死亡が確認された。43歳没。前年に18歳年下の女性と結婚し、この年の1月末に息子を授かったばかりだった[1][2]

エピソード[編集]

松田優作とは交友があり、又野の事を可愛がっていた。松田自身、デビュー当時に芝居のタイプがよく似た原田芳雄と比較され、悩んだ事を又野に話しており、又野は「お前、それでやり続けていけよ。ちょっとエンジンかかるの遅いかもしれないけど、やり続けていけよ」と松田に言われた事が印象深く残っており、“アクション俳優としての継承”という意味合いも含めて「(続けていく事で)いつかは自分の色というものが出てくるのだろうし、若い世代は自分を知る事で向こう(原田や松田)を知ろうと思う事にもなるのだろう」とインタビューで答えている[3]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • クライムハンターシリーズ(東映ビデオ
    • クライムハンター 怒りの銃弾(1989年) - ブルース・沢村 役
    • クライムハンター2 裏切りの銃弾(1989年) - スネイク 役
    • クライムハンター3 皆殺しの銃弾(1990年) - BJ 役 ※友情出演
  • 兇悪シリーズ(東映ビデオ) - 主演・会田 役
    • 兇悪の紋章(1990年)
    • 兇悪の牙(1991年)
  • デカ玉金助三郎シリーズ
  • 襲撃
  • 修羅の雀士ナルミシリーズ
  • サニーゲッツブルー
  • まるごし刑事(1993年、ケイエスエス
  • 妖女伝説セイレーン(1993年、円谷映像
  • 極道三国志2
  • 新・極道三国志シリーズ
  • XX 美しき標的(1995年、東映ビデオ
  • 真・雀鬼13 闇のプロフェッショナル(2002年、竹書房) - 金田 役
  • 修羅のみちシリーズ(ナック) - 熊沢 役
    • 修羅のみち7 暴力金融列島(2003年)
    • 修羅のみち8 大阪最終血戦(2003年)

ナレーション[編集]

舞台[編集]

  • コーストガード救命指令(2002年)

脚注[編集]

関連項目[編集]