友池さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
友池さん
本名 友池 一彦(ともいけ かずひこ)
生年月日 (1978-08-07) 1978年8月7日(38歳)
出身地 大阪府吹田市
血液型 A型
最終学歴 大阪学院大学高等学校卒業
コンビ名 友池中林(1997年 - 2006年3月)
相方 中林 優(コンビ時代)
事務所 松竹芸能
活動時期 1997年 -
過去の代表番組 エンタの天使
ふみコミュニティ
『ぷっ』すま
お笑い図鑑 ハマヌキ
など
公式サイト 友池さんのホームページ

友池さん(ともいけさん、1978年8月7日 - )は、日本お笑い芸人ピン芸人)。本名、友池 一彦(ともいけ かずひこ)、大阪府吹田市出身、大阪学院大学高等学校卒業[1]松竹芸能所属。

来歴・人物[編集]

中学生、高校生時代の部活はバスケットボール[2]。中学3年生の時には、100メートル競走の大阪府大会で優勝したことがある[2]英検準2級の資格を持つ[2]

高校生の時に中林優とのコンビ友池中林で、「爆笑BOOING」(関西テレビ)において3週勝ち抜き。また、今宮戎漫才新人コンクールにも当時最年少で決勝進出したこともある。このことが新聞に採り上げられたことがあったが、父親に勘当され、その後約1年間家出生活をしていた[3]。高校卒業後上京、1997年からプロとして活動を開始、友池中林ではボケを担当。

2006年3月31日のライブをもって友池中林は解散、4月からピン芸人として活動を開始。ピン芸人としての初ライブは同年4月6日。この時からフリーで活動していたが、2008年9月4日から松竹芸能所属となる。

ミスマガジンコンテストのMCをコンビ時代の2003年から務めていたが、ピン転向以後もしばらくこのMCを務めていた[4]

2012年4月からインターネットテレビ『友池さんの崖っぷちボワッフ!』という冠番組を持つ。

趣味は映画鑑賞(基本的にジャンルを問わず、特に東宝系の怪獣映画を好む)、妖怪研究、漫画(特に手塚治虫作品)[3]

芸風[編集]

ピン芸人となってからの芸には、ジャンベを叩きながらの『謝る気がしない、罪悪感ゼロの逆ギレネタ』の漫談などを行っていた[5]。この時に、観客に謝る気がしなかった話を聞くこともあった。

この他には、ある言葉から始め、それぞれの言葉にツッコミを入れながらネタを披露し、元の言葉に戻っていくという『Uターン漫談』と称したネタがある[6]

帽子をほぼ常に被っており、帽子を取って「ボワッフ!」という言葉を発する一発芸がある。なお、この芸は小学生の時からやっているという[7]

出演[編集]

友池中林#出演番組も参照。

舞台・脚本[編集]

  • 「あっち向いてBOY~BL(ボーイズラブ)ドッキリ大作戦!~」(2007年6月1日 - 3日、しもきた空間リバティ)
  • M's企画「注意書きの多い料理店」(2014年5月26日 - 28日、渋谷LUSH)※脚本
  • Reset Limit第4回公演「デルージョン!プリズナー!」(2014年9月19日 - 23日、ウッディーシアター中目黒)※日替わりゲスト
  • Reset Limit第5回公演「ミラクル☆スカイ」(2014年11月12日 - 16日、ウッディーシアター中目黒)
  • チーム進化RON「けっ!セラセラセラ〜知らなすぎた男〜」(2014年12月26日 - 28日、阿佐ヶ谷シアターシャイン)※脚本/出演
  • コルバタ主催「メロスを走らせろ」(2015年5月28日 - 31日、戸野廣浩司記念劇場)※脚本/出演
  • チーム進化RON第2回公演「叔父の魔法使い」(2015年5月13日・16日、下北沢楽園)※脚本
  • チーム進化RON第3回公演「ヤバい!は気から」(2015年6月24日・27日、下北沢小劇場)※脚本
  • チーム進化RON第4回公演「追憶ベイベー」(2016年1月14日 - 17日、シアター711)※脚本/出演
  • コルバタ主催「さよならRADIO」(2016年2月24日 - 28日、戸野廣浩司記念劇場)※脚本/出演
  • チーム進化RON第5回公演「世にもサイケデリックな夜」(2016年5月11日 - 15日、下北沢楽園)※脚本/出演
  • チーム進化RON第6回公演「注意書きの多い料理店」(2016年8月10日 - 14日、シアター711)※脚本/出演
  • CorneliusCockBlue(s) 6ヶ月連続6公演 第6弾!! 〜ハートフルコメディの章〜「ライオンのたてがみ」(8月25日 - 28日、シアター711)※脚本
  • メディアンプロ初主催公演「さよならRADIO」(2016年11月10日 - 14日、シアター梟門)※脚本/出演
  • コルバタ第10回公演「A.D.~automatic dream~」(2016年12月21日 - 25日)
  • チーム進化RON第7回公演「ディスられ彼女」(2017年3月1日 - 5日、高田馬場ラビネスト)
  • メディアンプロ第2回公演「ホンネ5秒前!」(2017年5月31日 - 6月4日、劇場中野MOMO)※脚本

映画監督作品[編集]

  • 『すんドめNew』(2017年4月)※脚本/出演[8]
  • 『すんドめNew2』(2017年4月)※脚本/出演

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 友池一彦Facebook「友池一彦さんの自己紹介」
  2. ^ a b c 友池さんプロフィール(魔法のiらんど)(2017年2月3日閲覧)
  3. ^ a b #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」を参照
  4. ^ ボワッフの輪~時東あみちゃん”. 友池のげんなり日記 (2006年7月10日). 2017年2月3日閲覧。
  5. ^ 声が枯れたぜー!”. 友池のげんなり日記 (2008年5月16日). 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ ゲラゲラゲットならず!”. 松竹芸能若手ピン芸人【友池さんの脱帽ブログ!】 (2013年1月29日). 2017年2月3日閲覧。
  7. ^ 友池さんのプロフィール(Ameba)(2017年2月3日閲覧)
  8. ^ 友池さん - 映画.com”. 映画.com. 2017年6月8日閲覧。