受験英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

受験英語(じゅけんえいご)とは、日本大学受験における英語の入試問題(学科試験問題)、および、その対策としての英語教育法の総称である。入試英語も同義。広義には、高校高等専門学校短期大学大学院などの入試におけるものを含むことも可能である。

大学入試は、高等学校の学習指導要領に沿って出題されるのが原則となっているが、日本の大学入試においては、特に難関校の場合、選抜の要素を強く含み、また、出題者である大学教員が必ずしも高校の学習指導要領に精通していないという事情もあるために、難易度・形式ともに様々な試験問題のバリエーションが存在している。受験勉強というと受験英語を連想させるほど、多くの受験生にとって最も学習時間を費やす入試科目として知られている。英語はいわゆる付け焼刃や山掛けの効かない、長時間の辛抱強い勉強と研鑽のみがものをいう科目であり、大学院入試においても英語(院入試においては英文和訳が主)は重視されている。

概説[編集]

文字通りの意味からすれば、受験英語とは大学入試に出題されるすべての問題形式を指す。だが、しばしば狭義にそれらの中でも非常に特殊なもの、特徴的なものを指して、この語は用いられる傾向にあり、その場合には「試験にしか役立たない」「試験の点数と英会話の能力は無関係である」「日本人英語である、ネイティブには通じない、英語として古すぎる」といった否定的ニュアンスが伴うことが多い。この一方、文法に基づく構文解釈力を身につけておくことは、将来的に高等教育において英語の複雑な構文を読み解く基礎学力を養うのに有効である。

具体的には、英文和訳・和文英訳、範例文・特殊構文、文法問題、書き換え問題、並び替え問題などが往々にして念頭に置かれている。

ただ、最近では、一部の国公立大学や私立大学、またセンター試験においてもリスニング試験が導入されるようになった。また公立高校受験でも、大部分の都道府県でリスニング試験を課している。

受験英語の出題形式[編集]

語彙(Vocabulary)[編集]

英文法(Grammar)[編集]

  • 空所補充問題
  • 書き換え問題(話法の転換など)
  • 整序英作文
  • 誤文訂正問題

英文読解(Reading)[編集]

  • 空所補充問題
  • パラグラフ整序問題
  • 総合問題
  • 内容一致問題
  • 内容説明問題
  • 英文和訳
  • 会話文問題

英作文(Writing)[編集]

  • 条件英作文
  • 和文英訳
  • 自由英作文

音声問題(筆記試験によるもの)[編集]

  • 発音
  • アクセント
  • 文強勢
  • 文の抑揚

リスニング(Listening)[編集]

  • 内容一致問題
  • ディクテーション(書き取り)

面接(Speaking)[編集]

など

参考文献[編集]