古井戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

古井戸(ふるいど)は、加奈崎芳太郎仲井戸麗市フォークデュオ(デビュー前はバンド。)加奈崎の圧倒的な声量と歌唱力、仲井戸(チャボ)の叙情的な世界、ブルージーなギターワークが魅力だった。シングル「さなえちゃん」がヒットした。

概要[編集]

  • 1971年 - 『唄の市 第一集』でエレックレコードからレコードデビュー。泉谷しげるのデビューアルバム『泉谷しげる登場』では、泉谷しげるのバックバンドをよしだよしこピピ&コット)と共に務めた。
  • 1972年 - アルバム『古井戸の世界』でエレックレコードから正式デビュー。シングル「さなえちゃん」が、かなりのヒットになった。その後、『オレンジ色のすけっち』、『ぽえじー』、『古井戸ライブ』、『四季の詩』をリリース。CBSから『酔醒』(よいざめ)、キティから『SIDE BY SIDE』をリリース。
  • ステージでは、加奈崎が向かって右に椅子に座り、仲井戸が向かって左に立つ形で演奏した。古井戸としての活動期間中は、二人ともギブソンハミングバードを使用していることが多かった。
  • 1973年 - ラジオ関東で深夜番組『古井戸Night together』が放送開始。
  • 1977年 - 当時まだアマチュアだった写真家岡部好は、ライブハウスで撮影していた古井戸の写真をまとめ、写真集「Fluid」を自費出版した。
  • 1979年 - 久保講堂でのライヴを最後に解散。解散後、仲井戸は、親交のあったRCサクセションに、破廉ケンチの後任ギタリストとして加入。加奈崎は、ソロ活動の後、橋本はじめと古井戸2000を結成したが、再びソロ活動を行い、現在長野県にて活動中。
  • 2005年 - テレビアニメ『闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜』のオープニングテーマに「何とかなれ」(1972年)が使われた。
  • 2006年 - エレック時代の5枚のアルバムがCD化された。
  • 2015年 - 渋谷公会堂で行われた、仲井戸のデビュー45周年記念ライブ『MY NAME IS CHABO』で加奈崎と仲井戸が共演する。その後、長野・諏訪市文化センターと東京・東京キネマ倶楽部で「古井戸『再会』」と銘打ったライブが行われた。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • 奥津光洋: ギター、ブルースハープ
  • 神戸寿: ベース

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 古井戸の世界(1972年3月5日)- エレックレコード
  • オレンジ色のすけっち(1972年9月25日)- エレックレコード
  • ぽえじー(1973年7月25日)- エレックレコード
  • 古井戸ライブ(1974年3月10日)- エレックレコード
  • fluid vol.4 四季の詩(1974年10月10日)- エレックレコード
  • 酔醒(1975年10月1日)- CBSソニー
  • SIDE BY SIDE(1978年5月21日)- キティレコード
  • ラストステージ(1979年12月21日)- ワーナー・パイオニア

ベストアルバム[編集]

  • fluid yesterday's(1975年5月30日)- エレックレコード
  • 古井戸FOREVER BEST16(1979年11月)- ポニー ※カセットのみの発売。
  • 古井戸Selection[1971-1974](1993年9月17日)- フォーライフ
  • GOLDEN☆BEST 古井戸 ELEC YEARS RECOLLECTION(2002年11月20日)- フォーライフ
  • 古井戸ベストアルバム(2008年1月23日)- ジェネオン エンタテインメント
  • 古井戸 ゴールデン☆ベスト〜エレック・セレクション〜(2011年3月16日)- ポニーキャニオン
  • fluid (2015年9月2日)- フォーライフ

シングル[編集]

  • さなえちゃん/もう ねむたいよ(1972年5月25日)- エレックレコード
  • ちどり足/ポスターカラー(1972年10月)- エレックレコード
  • ステーションホテル/人生に幸多かれ(1975年10月1日)- CBSソニー
  • ローリング・ストーンズが鳴ってた/20才になったら(1977年4月21日)- CBSソニー
  • チャンピオンが負けた日/抱かれた後で(1978年5月21日)- キティレコード

参加作品[編集]

  • 唄の市 第一集(1971年11月)- エレックレコード
    • 「花言葉」、「大雪のあとで」
  • 泉谷しげる「泉谷しげる登場」(1971年11月20日)- エレックレコード
    • 「ひねくれ子守唄」、「人生の曲り角」ギター。「人生を越えて」コーラス。
  • 泉谷しげる「帰り道/義務」(1971年12月21日)- CBSソニー
    • 「帰り道」ギター。
  • 唄の市 組曲・男 男 男(1972年3月10日)- 日本ビクター
    • 「750円のブルース」、「待ちぼうけ」、「ごろ寝」、「花言葉」、「この暗い時期にも」(なぎらけんいち・生田敬太郎・古井戸)
  • 野音唄の市(1972年7月25日)- エレックレコード
    • 「通り雨」、「ごろ寝」、「冬の夜」、「ろくでなし」、「あした引越します」
  • 唄の市 ギタースタイルブック(1973年)- エレックレコード
    • 「インスタントラーメン」、「ポスターカラー」、「もうねむたいよ」、「終わりです」 ※ギターのみ。
  • 痛快ライブ!! 流行歌(はやりうた)傑作集(1974年5月10日)- エレックレコード
    • 「インスタントラーメン」
  • 唄の市ライブ/地上最大のショウ 泉谷しげるVS古井戸(1979年5月)- SMSレコード
    • 「雨の日の街」、「酒をのむの歌」、「ちどり足」、「窓の向こうは冬」、「抒情詩」、「東京脱出」
    • 「何とかなれ」、「花言葉」、「大雪のあとで」、「熊野神社を通って」、「ポスターカラー」、「何とかなれ」(アンコール、古井戸+泉谷しげる)
  • 唄の市 SECOND(1980年2月)- SMSレコード
    • 「ごろ寝」、「終わりです」、「ポスターカラー」、「さなえちゃん」
  • 唄の市 THIRD(1980年4月)- SMSレコード
    • 「ポスターカラー」、「さなえちゃん」
  • オルタナティヴ・フォーク・コレクションVOL.2(1998年5月21日)- ソニーレコード
    • 「ローリング・ストーンズが鳴ってた」、「20才になったら」
  • 泉谷しげる「ベースメント・テープス」(1999年4月21日)- エレックレコード
    • 「人生の曲り角」、「ひねくれ子守唄」、「給料日前だから」ギター。
  • 唄の市ベストアルバム(2008年1月23日)- ジェネオン エンタテインメント
    • 「大雪のあとで」、「花言葉」、「ごろ寝」、「さなえちゃん」

映像作品[編集]

  • ライブ帝国 泉谷しげる/海援隊/ケメ/古井戸(2006年3月24日)- ドリームタイムエンタテインメント
    • 「ポスターカラー」、「ひなまつり」、「コーヒーサイフォン」