古義堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

古義堂(こぎどう)は、江戸時代1662年寛文2年)京都堀川出水下る(現、上京区東堀川通出水下ル)に、伊藤仁斎がその生家で開いた儒学を教える家塾。長子東涯以下、代々その子があとを引き継いで、別名堀川学校ともいわれた。

仁斎は終生いずれのにも仕官せず、町の学者としてその生涯を全うした。その塾生数、仁斎の教えただけでも3,000人を数えたともいう。当時、京都を代表する私塾としてその名も高く、1842年天保13年)には松永家の講習堂と共に町奉行所から表彰を受けたこともある。古義堂の蔵書、書画など約5,500点、約1万冊は、1941年昭和16年)に天理大学附属天理図書館に所蔵され、『古義堂文庫目録』(天理大学出版部、1956年)として整理され、特別文庫の中に所蔵、公開されている。跡地が「伊藤仁斎宅(古義堂)跡ならびに書庫」として国の史跡に指定されている。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度1分14.35秒 東経135度45分8.61秒 / 北緯35.0206528度 東経135.7523917度 / 35.0206528; 135.7523917