古館ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
こだて ゆき
古館 ゆき
本名 木村和代
別名義 木村有希、古館佑記
生年月日 1958年9月24日(57歳)
出生地 日本の旗, 福岡県
民族 日本人
職業 女優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1980年 - 1988年
活動内容 テレビ・映画
主な作品
映画
ツィゴイネルワイゼン』(1980年)
テレビドラマ
『天からやって来た猫』(1982年)

古館 ゆき(こだて ゆき、1958年9月24日 - )は、福岡県出身の女優

人物・来歴[編集]

  • 本名・木村和代[1]
  • 一時、芸名を 古館佑記 で活動していた。
  • 1980年、『ツィゴイネルワイゼン』の映画でデビュー。(デビュー当時は 木村有希 の名で活動したが、その後すぐに 古館ゆき に改名した。)
  • 苗字の漢字は「古舘」とされている場合もあり、苗字の読みは「ふるたち」「ふるだて」とされている場合もある。
  • かつては、ぷろだくしょん舵に所属していた。

日本経済新聞1981年12月3日付夕刊「アップ」によれば、高校教師である父に作られた自分を変えたくて、芸能界を志望し、高等学校卒業前に内緒で上京し、住まいを見つけた。愛称はピノキオ。6畳一間にぬいぐるみ「クマ男」と同棲中。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 「陳舜臣の神獣の爪」(1980年12月25日・傑作推理劇場
  • 気になる天使たち」(1981年4月13日~7月20日)
  • 「天からやって来た猫」(1982年1月4日~1月29日・銀河テレビ小説
  • 「ロウソクが消えない ママ、わたし話したいの」(1982年2月1日)
  • 「妻たちは…・夫、夫たらずとも…(第3回)」(1982年4月23日)
  • 「誘拐山荘」(1982年6月5日・ザ・サスペンス
  • 噂の刑事トミーとマツ(2)・大ピンチ!恋した男は変身できぬ?」(第29回)」(1982年9月1日) - 人気歌手・松原美輪子
  • 「闇を裂く一発」(1982年10月26日・火曜サスペンス劇場
  • 御宿かわせみ 第2シリーズ 第15話「江戸の手まり唄」」(1983年2月9日) - おとし
  • おしん」(1983年4月4日~1984年3月31日・NHK朝の連続テレビ小説) - 茂子
  • 「恐怖・邪魔な女を殺して始まった新婚生活に忍びよる破局!」(1983年4月26日・火曜サスペンス劇場
  • 「望郷・美しき妻の別れ」(1983年5月20日)
  • 「山之内家の惨劇」(1983年6月11日・ザ・サスペンス
  • 「赤い足音」(1983年6月22日~7月27日・シリーズ・水曜の女)
  • 「25歳たち・危うい予感」(1984年6月8日~8月31日)
  • 「嘘つきは恋のはじまり(前編・だまされて!!)」(1984年12月19日・恋はミステリー劇場)
  • 「嘘つきは恋のはじまり(後編・だまします!!)」(1984年12月26日・恋はミステリー劇場)
  • 春の波涛」(1985年1月6日~12月15日・NHK大河ドラマ) - 玉八役
  • 「水曜日の恋人たち(2)・不倫の傾向と対策」(1985年11月13日・水曜ドラマスペシャル
  • 樋口一葉・われは女成りけるものを…」(1985年11月23日~12月21日・ドラマ人間模様
  • 「超少女! はるひワンダー愛」(1986年3月24日・月曜ドラマランド
  • ライスカレー」(1986年4月3日~6月26日)

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • 「ラジオ名作劇場」(NHKラジオ第2放送) ※この番組では「コダテユキ」と名乗っていた。
  • 「カフェテラスのふたり 尾道・映画通り」(1987年1月26日~1月30日・NHK-FM

雑誌[編集]

  • 週刊プレイボーイ集英社
    • 1982年1月5日・12日合併号 No.2・3(1981年) - グラビア1P
    • 1982年6月15日号 No.25「清純派女優古館ゆき ヌード初ショット」(1982年) - グラビア5P

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本タレント名鑑・1987年度版』(1987年・VIPタイムズ社)

関連項目[編集]