叶順子 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かのう じゅんこ
叶 順子
叶 順子
1962年頃
本名 吉田順子
生年月日 1936年1月21日(80歳)
出生地 日本の旗 日本東京市中野区野方
職業 女優
活動期間 1957年 - 1963年
配偶者 あり

叶 順子(かのう じゅんこ。本名:吉田順子(旧姓・中沢)、1936年1月21日 - )は、日本女優。東京市中野区野方出身。

略歴[編集]

スッポン料理店主の娘として育ち、都立北野高校を卒業。1954年ミス資生堂に選ばれ、同社に入社して勤務。その美貌を目にした同社の美容部長・藤原あき(後の参議院議員)の推薦で1956年、第10期ニューフェイスとして大映に入社。同期に田宮二郎がいた。

1957年、「朝の口笛」でデビュー。「透明人間と蝿男」に主演。 1959年、島耕二監督の「細雪」の四女役を演じスターの仲間入り。以後、京マチ子山本富士子若尾文子の三大女優に次ぐスター女優として売り出され活躍。

1963年7月、人気のピークで引退[1]。撮影所長の永田秀雅によると、当時のカラー撮影は顔のクローズアップを撮る時に600から800ワットの照明を当てる必要があり、この種の撮影が続いた後、目の縁に異常を来し医務室でもこのままでは失明すると判定され、引退となってしまったとのこと。

1964年、結婚。

主な出演映画[編集]

主な出演テレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 読売新聞、1963年7月8日