号泣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
号泣
メンバー 赤岡典明
島田秀平
結成年 1996年
解散年 2008年
事務所 ホリプロコム
活動時期 1996年3月 - 2008年6月2日
出会い 長野県公文式教室(4歳当時)
現在の活動状況 解散(島田のみ活動)
芸種 漫才
ネタ作成者 赤岡典明
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
続!ボキャブラ天国
クリック!
エンタの神様
アイドル☆レボリューション
公式サイト 島田公式プロフィール
受賞歴
1998年 ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ優勝
2001年 ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ優勝
テンプレートを表示

号泣(ごうきゅう)は、ホリプロコムに所属していたお笑いコンビ。1996年1月結成、2008年6月解散。

メンバー[編集]

来歴[編集]

4歳の時に、公文式教室で出会う。長野市立通明小学校、長野市立篠ノ井東中学校の同級生。2人とも長野県屋代高等学校を受験するが島田は不合格。別々の高校に通っていたが、赤岡の誘いで屋代高校の文化祭で「ダンククラッチ」というコンビ名で漫才を披露し優勝。

1996年1月に号泣を結成し3月デビュー。コンビ名は略されたくないという意図と、テレビ欄によく載っている言葉を選んで売れているような感じを与えようとつけた。また、赤岡がドッキリを仕掛けようと、島田の椅子に画鋲を仕掛けたところ、知らずに座ってしまった島田が痛みのあまり「号泣」したというエピソードがあり、それがコンビ名の由来に一役買っているとの説もある。事務所の先輩和田アキ子から「幼馴染で仲が良いから」という理由で「ベストフレンズ」というコンビ名を提案されたことがある[2]

デビュー当初はホリプロ所属。2003年1月、旧M2カンパニーを前身とする子会社・ホリプロコムの発足により同社に移籍。

1998年、『進ぬ!電波少年』の人気コーナー「電波少年的懸賞生活」の企画オーディション(内容はくじ引き)にも参加したことがある[3]

二人は浅草の狭いアパートで共同生活をしていた。仕事がろくに来ないなど不遇の時代が長らく続いて公共料金を払えずに電気やガス、水道はすべて止められていた程でアルバイトでどうにか食い繋いでいる状況でもあった。

爆笑オンエアバトル』では、番組内で最多出演記録を持っている。また、チャンピオン大会ではなぜか高い評価を得られず、最下位になることや100KB台になることがよくあった(第1回チャンピオン大会、第2回チャンピオン大会ファイナル、第3回チャンピオン大会ファイナル)。「ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ2」ではアリtoキリギリス坂道コロコロ(当時)らを抑え見事優勝、「芸腕グランプリ2001」でも敗者復活からの優勝を果たした。

M-1グランプリには、第1回の2001年から結成10年目ラストイヤーの2006年まで挑戦。2001年、2003年、2005年に準決勝に進出した。

2008年6月2日に解散。解散理由について、島田は「M-1グランプリの決勝に進出できなかったこと」を挙げている[4]。両者とも30歳になる頃にはコンビ結成10年となりM-1グランプリに出られなくなる事から、それを区切りと考えており、赤岡が島田に「他の仕事がしたい」と持ちかけ、解散が決まった[2]。それについて島田は赤岡から「そろそろ言われるな」と思っていて、「幼馴染だからよくわかる」などと語っている。解散後、島田はピンで活動を続けていくことになり、赤岡は2016年現在、構成・脚本家として活動している。

芸風[編集]

初期は漫才が中心で、その後は言葉遊びネタ(回文など)が主流になった。そのためか「お笑い界の国語辞典」の異名を取る。たまに音響を使ったコントもする。

賞レース[編集]

  • 2001年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2002年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2003年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2004年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2005年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2006年 M-1グランプリ 3回戦進出

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
レギュラー以外

ラジオ[編集]

レギュラー
  • ラジオDEアミーゴ(信越放送、2006年10月 - 2008年6月)
  • わくわくわいど! アッパレ大通り(信越放送、2007年4月 - 2008年6月)
  • ストリームTBSラジオ、2003年 - 2004年)「UCCスマイルデリバリー」に出演
  • 男汁(信越放送)
レギュラー以外

インターネット[編集]

  • 芸人川柳グランプリ(GyaO、2007年2月15日)赤岡のみ

映画[編集]

DVD[編集]

  • 声に出してボケたい日本語(ホリプロ、2005年10月19日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、13頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b 2010年9月30日放送回『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日系)の企画「元・コンビ芸人」に出演した島田談
  3. ^ ビデオ『なすびの電波少年的懸賞生活のすすめ 其の壱』 バップ、1998年。
  4. ^ 「お笑い界の押さえドコ島田秀平 コンビ解散のどん底から、「行列ができる手相芸人」に」、『日経エンタテインメント!』第14巻第13号、日経BP社、2010年4月、 pp.97。