吉城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 中部地方 > 岐阜県 > 吉城郡
岐阜県吉城郡の位置

吉城郡(よしきぐん)は、岐阜県飛騨国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

歴史[編集]

古くは荒城郡(あらきぐん)と呼ばれていた。

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領 広瀬郷 8村 ○三川村、上広瀬村、○広瀬町村、村山村、糠塚村、金桶村、名張村、瓜巣村
吉城郷(荒木郷) 18村 三日町村、半田村、木曾垣内村、山本村、鶴巣村、桐谷村、八日町村、蓑輪村、今村、西門前村、東門前村、宮地村、漆垣内村、柏原村(現・高山市丹生川地区)、三之瀬村、大沼村、折敷地村、森部村
古川郷 8村 宇津江村、○高野村、畦畑村、是重村、○古川町方村、○上北村、中北村、下北村
小島郷 32村 行真村、沖之町村、沼町村、○杉崎村、○袈裟丸村、末真村、○太江村、数河村(現・飛騨市古川地区)、戸市村、岩丸村、野口村、小谷村、大無雁村、落合村、岸奥村、野首村(現・飛騨市宮川地区)、○林村、牧戸村、○丸山村(現・飛騨市宮川地区)、○種蔵村[2]、○菅沼村、○巣之内村、○塩屋村、中沢上村(現・飛騨市宮川地区)、山之山村、○洞村、○祢宜ヶ沢上村、○巣納谷村、鮎飛村、加賀沢村、谷村(現・飛騨市神岡地区)、小無雁村
小鷹狩郷 34村 平岩村、○大村[3]、寺地村、笹ヶ洞村、○信包村、黒内村、○谷村(現・飛騨市古川地区)、○稲越村、大木村、芦谷村、○舟原村[4]、○保村、○月ヶ瀬村、天生村、中沢上村(現・飛騨市河合地区)、有家村、○角川村、二ツ屋村(現・飛騨市河合地区)、元田村、○新名村、上ヶ島村、○羽根村、保木村、有家林村、森安村、○西忍村、高牧村、○三川原村、○打保村(現・飛騨市宮川地区)、○戸谷村、桑ヶ谷村、小野村、○杉原村、小豆沢村
高原郷 78村 平湯村、○一重ヶ根村、神坂村、栃尾村、今見村、○田頃家村、柏当村、蓼之俣村、笹島村、赤桶村、福地村、中尾村、下佐谷村、苧生茂村、葛山村、鼠餅村、新田村、○長倉村、岩井戸村、○在家村、○本郷村、吉野村、上灘村、見座村、宮原村、双六村、○中山村(現・高山市上宝地区)、桃原村、荒原村、蔵柱村、釜崎村、阿曾保村、野首村(現・飛騨市神岡地区)、丸山村(現・飛騨市神岡地区)、小萱村、東雲村、○吉田村、数河村(現・飛騨市神岡地区)、石神村、○麻生野村、金木戸村、下之本村、森茂村、打保村(現・飛騨市神岡地区)、梨ヶ根村、伏方村、朝浦村、○和佐保村、跡津川村、左古村、大多和村、土村、大笠村、○船津町村、寺林村、堀之内村、○西村、山田村、柏原村(現・飛騨市神岡地区)、巣山村、○殿村、東町村、鹿間村、割石村、吉ヶ原村、○和佐府村、○伊西村、岩井谷村、瀬戸村、二ツ屋村(現・飛騨市神岡地区)、東漆山村、笈破村、牧村、○西漆山村、杉山村、横山村、○茂住村、○中山村(現・飛騨市神岡地区)
  • 慶応4年
  • 明治4年11月20日1871年12月31日) - 第1次府県統合により、筑摩県の管轄となる。
  • 明治7年(1874年) (176村)
    • 岩丸村・末真村が合併して末真村となる。
    • 桑ヶ谷村・小野村が合併して桑野村となる。
  • 明治8年(1875年) - 以下の町村の統合が行われる。(1町8村)
    • 古川町 ← 是重村、古川町方村、上北村、中北村、下北村、行真村、沖之町村、沼町村
    • 細江村 ← 杉崎村、袈裟丸村、末真村、太江村、数河村(現・飛騨市古川地区)、戸市村、野口村
    • 小鷹狩村 ← 高野村、畦畑村、平岩村、大村、寺地村、笹ヶ洞村、信包村、黒内村、谷村(現・飛騨市古川地区)
    • 神岡村 ← 釜崎村、阿曾保村、野首村(現・飛騨市神岡地区)、丸山村(現・飛騨市神岡地区)、小萱村、東雲村、吉田村、数河村(現・飛騨市神岡地区)、石神村、麻生野村、下之本村、森茂村、打保村(現・飛騨市神岡地区)、梨ヶ根村、伏方村、朝浦村、和佐保村、跡津川村、左古村、大多和村、土村、大笠村、船津町村、寺林村、堀之内村、西村、山田村、柏原村(現・飛騨市神岡地区)、巣山村、殿村、東町村、鹿間村、割石村、吉ヶ原村、和佐府村、伊西村、岩井谷村、瀬戸村、二ツ屋村(現・飛騨市神岡地区)、東漆山村、笈破村、牧村、西漆山村、杉山村、横山村、茂住村、中山村(現・飛騨市神岡地区)、谷村(現・飛騨市神岡地区)
    • 坂上村 ← 小谷村、大無雁村、落合村、岸奥村、野首村(現・飛騨市宮川地区)、林村、牧戸村、丸山村(現・飛騨市宮川地区)、種蔵村、菅沼村、巣之内村、森安村、西忍村、高牧村、三川原村
    • 坂下村 ← 塩屋村、中沢上村(現・飛騨市宮川地区)、山之山村、洞村、祢宜ヶ沢上村、巣納谷村、鮎飛村、加賀沢村、打保村(現・飛騨市宮川地区)、戸谷村、桑野村、杉原村、小豆沢村
    • 河合村 ← 小無雁村、稲越村、大木村、芦谷村、舟原村、保村、月ヶ瀬村、天生村、中沢上村(現・飛騨市河合地区)、有家村、角川村、二ツ屋村(現・飛騨市河合地区)、元田村、新名村、上ヶ島村、羽根村、保木村、有家林村
    • 国府村 ← 三川村、上広瀬村、広瀬町村、村山村、糠塚村、金桶村、名張村、瓜巣村、三日町村、半田村、木曾垣内村、山本村、鶴巣村、桐谷村、八日町村、蓑輪村、今村、西門前村、東門前村、宮地村、漆垣内村、宇津江村
    • 上宝村 ← 平湯村、一重ヶ根村、神坂村、栃尾村、今見村、田頃家村、柏当村、蓼之俣村、笹島村、赤桶村、福地村、中尾村、下佐谷村、苧生茂村、葛山村、鼠餅村、新田村、長倉村、岩井戸村、在家村、本郷村、吉野村、上灘村、見座村、宮原村、双六村、中山村(現・高山市上宝地区)、桃原村、荒原村、蔵柱村、金木戸村
    • 折敷地村、大沼村、森部村、三之瀬村、柏原村(現・高山市丹生川地区)が大野郡丹生川村の一部となる。
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により、岐阜県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年2月18日 - 郡区町村編制法の岐阜県での施行により、行政区画としての吉城郡が発足。「大野益田吉城郡役所」が高山町に設置され、大野郡益田郡とともに管轄。

町村制以降の沿革[編集]

1.古川町 2.国府村 3.細江村 4.小鷹利村 5.河合村 6.坂上村 7.坂下村 8.袖川村 9.船津村 10.阿曽布村 11.上宝村(紫:高山市 桃:飛騨市)
  • 明治22年(1889年7月1日 - 町村制の施行により、古川町(現・飛騨市)、国府村(現・高山市)、細江村小鷹利村河合村坂上村坂下村袖川村船津町阿曽布村(現・飛騨市)、上宝村(現・高山市)が発足。それにともない以下の変更が行われる。(2町9村)
    • 神岡村が分割し、一部(朝浦組・跡津川組・左古組・大多和組・土組・船津町組・東町組・鹿間組・割石組・吉ヶ原組・二ツ屋組・東漆山組・笈破組・牧組・西漆山組・杉山組・横山組・東茂住組・西茂住組・中山組・谷組)に船津町、一部(梨ヶ根組・伏方組・大笠組・寺林組・堀之内組・西組・山田組・柏原組・巣山組)に袖川村、一部(釜崎組・阿曾保組・野首組・丸山組・小萱組・東雲組・吉田組・数河組・石神組・麻生野組・打保組・下之本組・森茂組・和佐保組・殿組・和佐府組・伊西組・岩井谷組・瀬戸組)に阿曽布村がそれぞれ発足。
  • 明治30年(1897年8月1日 - 郡制を施行。郡役所を古川町に設置。
  • 大正12年(1923年4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和10年(1935年) - 面積1,355.51平方km、人口48,303人(男25,243人、女23,060人)[5]
  • 昭和25年(1950年6月10日 - 船津町・阿曽布村・袖川村が合併して神岡町が発足。(2町7村)
  • 昭和31年(1956年
    • 4月1日 - 古川町・細江村・小鷹利村が合併し、改めて古川町が発足。(2町5村)
    • 9月30日 - 坂上村・坂下村が合併して宮川村が発足。(2町4村)
  • 昭和39年(1964年11月3日 - 国府村が町制施行して国府町となる。(3町3村)
  • 平成16年(2004年2月1日 - 古川町・河合村・宮川村・神岡町が合併して飛騨市が発足し、郡より離脱。(1町1村)
  • 平成17年(2005年)2月1日 - 国府町・上宝村が高山市に編入。同日吉城郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ 記載は種倉村。
  3. ^ 大村新田を含む。
  4. ^ 記載は船原村。
  5. ^ 昭和10年国勢調査による。国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで閲覧可能。

参考文献[編集]

関連項目[編集]