吉野由樹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
よしの ゆきこ
吉野 由樹子
本名 吉野佳子
生年月日 (1944-10-05) 1944年10月5日(72歳)
出生地 日本の旗 日本・石川県
ジャンル 舞台・テレビドラマ
活動期間 1967年 -

吉野 由樹子(よしの ゆきこ、1944年[要出典]10月5日 - )は、日本女優。当初は本名の吉野佳子[1]で活動した。石川県加賀市[要出典]出身。特技は日舞

来歴・人物[編集]

石川県山代温泉で何代も続く旅館の生れ。小学生の頃から女優を志願、12歳の時に上京。1962年俳優座養成所へ入団。[要出典]1966年、念願の文学座に入る。1967年『シラノ・ド・ベルジュラック』で初舞台。[要出典]その後はトントン拍子で存在感のある演技力が買われ、舞台、テレビドラマで活躍する。1984年、吉野由樹子へ改名した。

出演[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • いそという女
  • 華岡青洲の妻
  • 柘榴のある家
  • みみず
  • 山猫からの手紙
  • あわれ彼女は娼婦
  • 女の一生
  • ガラスの動物園
  • にしむくさむらい
  • 千年の三人姉妹
  • 犬が西むきゃ尾は東
  • 定年ゴジラ

テレビドラマ[編集]

その他の番組[編集]

吹き替え[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、318頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783