名古屋タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
社団法人名古屋タイムズ社
種類 社団法人
業種 情報・通信業
事業内容 新聞社
テンプレートを表示

名古屋タイムズ(なごやタイムズ)とは、中日新聞社の関連企業であった社団法人名古屋タイムズ社が、かつて発行していた夕刊紙である。1946年5月創刊、後述のとおり2008年10月31日発行分をもって休刊した。略称「名タイめいたい」。

概要[編集]

終戦間もない1946年5月21日に創刊。中部日本新聞(現・中日新聞)の用紙配給増加のため、中部日本新聞の僚紙的位置付けとして「名古屋タイムズ」は創刊された。日本新聞協会加盟社の中では唯一の都市型夕刊専門紙。名古屋市など愛知県岐阜県三重県(伊賀・東紀州地区は除く)及び静岡県西部(大井川以西)と滋賀県東部の一部(米原市など)で販売されていた(原則として日曜日は休刊。祝日と年末年始は朝刊での発行)。

東海旅客鉄道(JR東海)、名古屋市交通局名古屋鉄道近畿日本鉄道の各鉄道事業者の駅売店、コンビニエンスストア、中日新聞の販売店で購入する事ができた。出勤途中のサラリーマンらが車内で読んでいる光景をよく目にする事ができた。一般販売のほか、名タイ本社屋(中日会館)1階に、名タイ及び関連紙のレジャーニューズの一部紙面を貼る掲示板が設置されていた[1]

テレビラジオ番組表は、中日新聞社で製作されたものをそのまま掲載していた(テレビ欄は中日新聞夕刊愛知県版と同様の内容、ラジオ欄は同夕刊愛知・岐阜・三重県版と同様の内容でテレビ欄の表示カットは独自で製作。ラジオ欄の表示カットは中日新聞と同様の物を使用、テレビ番組解説記事は自社製作)。土曜発行分では、当日分と共に、休刊日の日曜のテレビ欄も掲載されていた。グループ企業の関係で、中日新聞社の書籍関連の広告も頻繁に掲載されていた。

関連紙に週2回発行の「レジャーニューズ」(1963年に「レジャータイムズ」として創刊。プロレス風俗情報を掲載。日本全国の駅売店・コンビニで販売)があった。

休刊[編集]

2008年10月31日付け・紙齢20834号を最後に休刊[2]。社団法人は2009年3月31日に解散したが、完全子会社であった名古屋タイムズ印刷株式会社[3]は経営を続ける[4][5]

東海地方において新聞の休刊は近年例がなく、また本紙が地元密着の新聞であったことから、同紙の休刊当日は、関連企業の中日新聞夕刊での報道を始め、テレビ・ラジオでもこの件が伝えられた。

解説者(評論家)[編集]

中日ドラゴンズ関連記事[編集]

  • 平光清(元セ・リーグ審判。「独断ジャッジ 平光一筆」を担当しているが、プロ野球シーズンオフの紙面構成等により11月下旬頃から2月上旬まで休載することもある)
    毎週金曜日にドラゴンズ全般について遠慮なく指摘する「覆面評論家 X氏が斬る」というコーナーがある。しかしコーナー名のとおり匿名での解説のため、毎週決まった人物が解説しているのか、または週替わりの解説者が担当しているのか、真相は不明。

名古屋グランパス関連記事[編集]

など

※上記以外のニュース・話題に関しては、地元の大学の教師などが解説・意見をすることがあった。

歴史[編集]

  • 1946年(昭和21年)
    • 5月21日 - 「名古屋タイムズ」創刊
    • 9月19日 - 社団法人設立認可
  • 1951年(昭和26年)5月21日 - 名タイ少年少女賞制定
  • 1963年(昭和38年)
    • 4月12日 - 「レジャータイムズ(後のレジャーニューズ)」創刊
    • 9月24日 - 名古屋市中区西川端町(現在の大須4丁目、栄3丁目 ⇒ 久屋大通と若宮大通が交差する付近)から、名古屋市中区丸の内に移転
  • 1973年(昭和48年) 7月1日 - 名古屋タイムズ印刷株式会社、株式会社総合広告を設立
  • 2008年(平成20年)10月31日 - 「名古屋タイムズ」「レジャーニューズ」休刊
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 社団法人が解散
  • 2013年(平成25年)7月   - かつて入居していた旧「中日会館」解体開始[6]

紙面構成[編集]

記事は名古屋の事件、事故、中日ドラゴンズメジャーリーグ、街ネタ、裏話、競馬や競艇などのギャンブル、性風俗関係の情報が中心。夕刊フジ日刊ゲンダイと似た趣を持つ夕刊紙である。多大に週刊誌的な要素が含まれている。休刊までは「市内版」と遠隔地向けの「E版」との2版体制で発行していた。

毎日連載

  • 4コマ漫画「ホットくん」(平ひさし作。3面)
  • 名タイスポーツ(主に中日ドラゴンズに関するニュース・話題。ドラゴンズに関しては番記者が担当)
  • Fishingレーダー(東海・北陸周辺の釣り場の釣果などを掲載)
  • 各種コラム(毎日連載されているものもあれば、曜日限定連載のものもある)

「名タイ」にコラム等を寄稿する主な著名人

  • 愛知県選出の国会議員(「政論紙上バトル」で不定期)
  • 角谷浩一(不定期で2面に「角さんの永田町裏表」を連載)
  • 志賀内泰弘(不定期で「志賀内氏がいく」を担当)[2]
  • 在名放送局のアナウンサー(「続ハマるアナ」で不定期)
  • 大澤広樹東海ラジオ放送スポーツアナウンサー。毎週水曜日の名タイスポーツ「名タイ紙面実況・竜(ドラ)のアナ」を担当)

過去

  • 鳳啓助(晩年に「鳳啓助 元気じるし」を芸能面に週一で連載)
  • 大川豊(2008年4月29日付けまで「大川興業の活字爆テロ」を週一で連載。全233回の長期にわたった。大川が活発に行っている様々な政治家との交流や、それを通じての世相批評が話題の中心だった)
  • 安田拡了(2008年8月7日付けまで「格闘技インサイド 獅子たちの時代」を週一で連載。こちらも全548回の長期にわたった)[3]

(休刊による)主な特集紙面・記事[編集]

  • 10月8日 - 名古屋 夕刊復活の日 終戦翌年5月21日、名タイ産声(「名古屋金鯱物語」最終回に名タイの誕生当時の様子を写真とともに紹介)[4]
  • 10月14日 - 「名古屋の歴史の証人だった」名タイOB惜別ざっくばらん対談(名タイが誕生したころに入社したOB2人が思い出や現在の活字離れなどを対談)
  • サヨナラを言う前に(名タイと縁があった著名人にロングインタビューを実施)
    • 10月15日 - 鈴木敏夫スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。高校生まで名古屋に住んでいた際に父親が名タイを愛読。自身も石原慎太郎の「青春とはなんだ」などを読んでいた)
    • 10月16日 - 林香里(東京大学・大学院情報学環准教授。高校生の時にロサンゼルス交換留学生として滞在した様子を名タイ記者に語り、他の高校生とともに紙面を飾った)
    • 10月17日 - 鈴木礼治(元・愛知県知事
    • 10月20日 - 岡田邦彦(現・名古屋商工会議所会頭、松坂屋会長)
    • 10月21日 - 呉智英(評論家。名古屋市出身。1999年に父親の介護のため現在の清須市に戻ってくる)
    • 10月21日 - 北村想劇作家。時代が様変わりして夕刊紙の命運は尽きたのかもしれない、という持論を展開)
    • 10月22日 - 岡本信也(野外活動研究会代表。雑誌編集者を経て1974年から路上観察をライフワークとする)
    • 10月22日 - 諏訪哲史小説家2007年芥川賞受賞。名鉄電車の車掌などの社会人経験から夕刊紙のあり方を語る)
    • 10月24日 - 矢野きよ実タレント。生粋の名古屋人である自身及び父親と、名タイとの深い関わり合いを披露)
  • 10月27日〜10月30日 - 名タイ昭和写真館(全4回。2008年9月1日付けより毎週月曜日に連載してきた企画の特別編。1950〜1960年代の名古屋市内を中心とした風俗を名タイ秘蔵の写真で振り返る。内容は順次「乗り物編」「空撮編」「娯楽編」「プロの技術と道具編」)
  • 10月31日 - この日の全16ページから成る紙面には、通常の記事と共に、下記のとおり休刊関連の話題・特集が掲載された。
    • 1面 - 金山駅の新聞売店にて、店主が名タイ休刊を知らせる張り紙を貼る写真。『歴史に幕』『ありがとう さようなら』という見出しを付けた休刊を知らせる記事。[5]
    • 3面 - 名古屋タイムズ社屋のシンボル的存在だった屋上の航空灯関連の記事。1969年に本来の役目を終えたが、その後も街のシンボルとして1996年6月まで名タイが入居する中日会館屋上に設置されていたものである。
    • 12面 - 「さようなら&ありがとう名タイ〜読者編」(神田真秋愛知県知事[7]松原武久名古屋市長[7]を筆頭とした、地元著名人及び一般人の名タイ読者・総勢63名のお別れメッセージを1ページで掲載。特に松原は「(市役所を)退庁する時に持って出る夕刊は名古屋タイムズだけ。ほかの夕刊は持っていかない」と、その強い思い入れを語った)
    • 最終面(裏1面) - 中日ドラゴンズを代表して、チーム一の読者を自認する山本昌投手のインタビュー(写真として自身の200勝を伝える記事が載った名タイを読む姿)[6]、元デスクと元ドラ番記者によるドラゴンズを取材しての思い出話。

「社団法人名古屋タイムズ社」について[編集]

  • 本社所在地:名古屋市中区丸の内一丁目3番10号 ※本社屋は名タイ所有の社屋ではなく、関連企業の中日新聞社が所有する「中日会館」である。
    • 支社:東京(東京都中央区)、大阪(大阪市北区)
    • 取材拠点として愛知県庁・名古屋市役所・愛知県警のそれぞれの記者クラブがある。

新聞社としては珍しく社団法人である。そのような理由から代表者の肩書きは理事社長となっている。

社団法人の新聞社には徳島新聞社もある。なお、東京新聞も中日新聞社発行となるまで発行していた東京新聞社は社団法人であった(後に株式会社となった)。

名古屋タイムズは設立の経緯などから歴代の理事社長や理事には、中日新聞社社員が出向し就任していたが、名古屋タイムズが社団法人であったため、直接的出資などはなく法人としての中日新聞社とは法令上の「親子会社」の関係ではなかった。

関連事業(子会社など)

  • 名古屋タイムズ印刷株式会社(唯一の「会社法人」)
  • 社団法人名古屋タイムズ社会事業団

「社団法人」となった経緯[編集]

新聞社としては珍しく社団法人となっている。理由としては初代理事社長・勝田重太朗(中部日本新聞社相談役)の「新聞は社会の公器である。いかなる権力や、資本の圧力に左右されないことが必要である」とする経営理念にもとづくものであった(中日新聞三十年史・関連企業編のページより引用及び参考)。

脚注[編集]

  1. ^ 休刊後から建物解体前までは、中日新聞関連のポスターなどが掲示されていた。
  2. ^ 公式サイト及び2008年10月6日付け本紙1面に、社告「休刊のお知らせ」を掲載。[1]
  3. ^ 名古屋タイムズ、レジャーニューズを印刷。他に聖教新聞の東海3県発行分を印刷していた。
  4. ^ 「名タイ」月末で休刊 夕刊紙1946年創刊、広告減収  (中日新聞 2008年10月7日付け朝刊)
  5. ^ 最後の「名タイ」2万834号 休刊に惜しむ声  (中日新聞 2008年10月31日付け夕刊)
  6. ^ 2013年12月の時点で、跡地は駐車場に。
  7. ^ a b いずれも肩書きは当時。

関連項目[編集]