名古屋テバサキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
 名古屋テバサキ
メンバー ジョシュア・マクマリー
永井さちこ
事務所 松竹芸能
出身 松竹タレントスクール16期生
出会い 高麗大学校の留学生同士
芸種 漫才
公式サイト 公式プロフィール(リンク切れ)
テンプレートを表示

名古屋テバサキ(なごやテバサキ)は、松竹芸能所属のお笑いコンビ。2011年7月現在、活動休止中と伝えられている[1]

実の夫婦で組んでいるお笑いコンビである。なお、コンビ名に「名古屋」と付いているものの、二人とも名古屋市近辺の出身というわけではない。

目次

メンバー

略歴・芸風

2人が出会ったのはナイアガラの滝。マクマリーがさちこに声をかけたのがきっかけ。[2]

マクマリーがお笑いをやることを強く希望したということにより、さちこがそれに乗る形でお笑いコンビとして活動を開始。松竹タレントスクールに16期生として入り、2009年に松竹芸能所属となる。

主なネタには、マクマリーが日本語を間違えて、さちこがそれに突っ込むものや、さちこが英語でマクマリーにまくし立てる、などのものがある。「国際派夫婦漫才」と言われたこともある[3]

出演

脚注

  1. ^ きらきらアフロ 2011年7月29日放送分(テレビ大阪放送基準)による。
  2. ^ 踊る!さんま御殿!! 2010年11月23日放送分にて2人が発言。
  3. ^ あらびき団ホームページなどにおいて。
  4. ^ ただし2011年にはサチコも頻繁に顔を出していた