周小川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
周 小川
Zhou Xiaochuan cropped.jpg
周小川
生年月日 (1948-01-29) 1948年1月29日(69歳)
出生地 江蘇省宜興
出身校 清華大学
所属政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
親族 周建南(父)

内閣 温家宝内閣、李克強内閣
在任期間 2003年6月 -
国家主席 胡錦濤習近平

中国証券監督委員会主席
内閣 朱鎔基内閣
在任期間 2000年2月 - 2002年12月
テンプレートを表示
周小川
各種表記
繁体字 周小川
簡体字 周小川
拼音 Zhou xiao chuan
和名表記: しゅうしょうせん
発音転記: ジョウ・シャアオ・チュアン
テンプレートを表示

周 小川(しゅう しょうせん、ジョウ シャオ チュアン Zhou Xiaochuan1948年1月29日 - )は、中国の政治家で元官僚。現在は、中国人民銀行行長、貨幣政策委員会主席。父親は機械工業部部長(1982-85年)を務めた周建南(1917年-1995年)であり、いわゆる「紅二代」に属する[1]。朱鎔基元首相(中国人民銀行行長を兼務したこともある)には、市場の力を経済に生かす「改革派」として引き立てられた[1]

国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)を国際準備通貨にすべきとする主張で国際的に知られている[2][3][4][5][6]2015年11月に人民元は、IMFにおけるSDR構成通貨入りをした。

略歴[編集]

  • 1971年 - 清華大学自動制御系卒業
  • 1986年 - 中国共産党入党、国家経済体制改革委員会委員(1991年まで)
  • 1989年 - 対外経済貿易部部長補佐
  • 1991年 - 中国銀行副頭取、国家外貨管理局長
  • 1997年 - 中共第15回全国大会で中央委員候補に選出
  • 1998年 - 中国建設銀行頭取
  • 2000年 - 中国証券監督委員会主席(2002年12月まで)
  • 2002年 - 中共第16回全国大会で中央委員に選出
  • 2003年 - 全人代で、中国人民銀行長に就任。
  • 2007年 - 中共第17回全国大会で中央委員に再選
  • 2008年 - 全人代で、中国人民銀行行長の続投(2期目)が決まる
  • 2012年 - 中共第18回全国大会では、中央委員に選出されず
  • 2013年 - 中国人民政治協商会議副主席に就任。[7]、全人代で、中国人民銀行総裁の異例の再続投(3期目)が決まる。

評価[編集]

中国の中央銀行は先進国の中央銀行と異なり、中国共産党政府から独立して金融為替政策の判断はできなく、中国人民銀行行長は中華人民共和国国務院日本内閣に相当する)を構成する閣僚であり、共産党での序列は最高指導部の他の7人に遠く及ばない[1]。例えば、2008年の金融危機の際は金融緩和に周は反対したものの[8]、国務院の指示によって2011年には中国人民銀行は当時世界のマネーサプライ(M2)の半分を占める総資産が世界最大の中央銀行となった[9]。にもかかわらず、中国経済ウォッチャーは、わかりやすい言葉で経済政策を説明する力に期待して、周の言動に注目してきた[1]。アメリカFRB総裁を務めたグリーンスパンも、その著書『波乱の時代』において、「(周は)BISの定期会合で、主要途上国の中央銀行関係者からとくに歓迎された。周総裁は英語が堪能で、国際金融に精通しているうえ、他の情報源からは知ることのできない中国の実態を素直に話してくれた」と紹介し[10]、高く評価した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 朝日新聞2016年1月28日朝刊第17面ザ・コラム「拝啓、ミスター人民元 市場と対話してますか」吉岡桂子(朝日新聞編集委員)
  2. ^ 注目される中国発「SDR準備通貨構想」― ドル基軸体制に「ノー」と言う周小川・人民銀行総裁 ―”. 経済産業研究所 (2009年4月30日). 2015年12月1日閲覧。
  3. ^ Zhou Xiaochuan. “Reform the International Monetary System”. 国際決済銀行. 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ 周小川論文の波紋、中国から「ドル基軸通貨見直し論」?”. サーチナ (2009年4月9日). 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ Zhou Xiaochuan. “Reform the International Monetary System”. 国際決済銀行. 2015年12月1日閲覧。
  6. ^ China calls for new reserve currency”. ファイナンシャル・タイムズ. 2009年3月24日閲覧。
  7. ^ http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK830446820130311
  8. ^ 張秋華著・太田康夫監修『中国の金融システム 貨幣政策、資本市場、金融セクター』8頁(2011年)日本経済新聞出版社
  9. ^ 人民銀の総資産が世界一に 2011年の通貨量は世界の半分占める中国網 2012年4月24日
  10. ^ アラン・グリーンスパン著、山岡洋一・高遠裕子訳『波乱の時代―世界と経済のゆくえー下』(2007年)日本経済出版社66ページ
先代:
王岐山
中国国際金融有限公司会長
1998年2000年
次代:
王雪冰
先代:
王岐山
中国建設銀行頭取
1998年2000年
次代:
王雪冰
先代:
周正慶
中国証券監督委員会主席
2000年2月2002年12月
次代:
尚福林
先代:
戴相竜
中国人民銀行行長
2002年12月-現在
次代: