和田浩治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
わだ こうじ
和田 浩治
本名 和田 愷夫
別名義 和田 浩二
生年月日 (1944-01-28) 1944年1月28日
没年月日 (1986-07-06) 1986年7月6日(満42歳没)
出生地 日本の旗 日本茨城県水戸市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1959年 - 1986年
配偶者 あり
事務所 ホリプロ
主な作品
映画
逆襲! 殺人拳
新仁義なき戦い 組長最後の日
エデンの海
人間の証明
水戸黄門
テレビドラマ
キイハンター
大江戸捜査網
水戸黄門
江戸を斬るIII
大岡越前
疾風同心

和田 浩治(わだ こうじ、1944年1月28日 - 1986年7月6日)は、昭和中期から後期(1960年代 - 1980年代前半)の日本俳優。本名、和田 愷夫ホリプロに所属していた。

来歴・人物[編集]

茨城県水戸市に、ジャズピアニスト・和田肇[1] の次男として生まれる。東洋音楽学校声楽科在学中の1959年、当時人気の石原裕次郎に似ていることからスカウトされ、日活に入社し、同年の『無言の乱斗』に主演し、映画デビューする。

1960年から、石原裕次郎(タフガイ)、小林旭(マイトガイ)、赤木圭一郎(クールガイ)とともに「ダイヤモンドライン」を結成し(やんちゃガイ)と称された、「愚連隊シリーズ」や「小僧シリーズ」に次々と主演する。ダイヤモンドラインの中では一番若く、特に奇想天外な設定のアクション映画が多かった。多くの作品で清水まゆみと共演、名コンビと称される。しかし、年を経るにしたがって、他の主演級と比べ特徴を売り出すことが出来ず、徐々に脇役に回ることが多くなった。

1971年からはフリーになり、千葉真一主演『殺人拳シリーズ』の第三作『逆襲! 殺人拳』で沖縄武術の達人である敵役に扮するなど、他社映画に出演。テレビ時代劇では1978年から『大岡越前』第5部に同心・風間駿介役で登場。血気盛んな好漢の同心役は好評で、第9部(1985年〜1986年)まで出演し、代表作になった。風間を主人公としたスピンオフ作品疾風同心』『八丁堀暴れ軍団』も制作された。

私生活では。1971年に梓みちよと結婚したが翌1972年にスピード離婚[注釈 1]、クラブ経営者・田村順子との再婚も話題になった。いずれの妻との間にも子はいない。

1985年の夏頃に、胃の不調を訴え緊急入院。一時退院し活動を再開したものの、翌1986年春頃に再入院。1986年7月6日、愛妻に看取られ胃癌のため42歳の若さで死去。

出演[編集]

映画[編集]

  • 無言の乱斗(1959年)
  • やくざの詩(1960年)
  • 素っ飛び小僧 (1960年)
  • 六三制愚連隊(1960年)
  • くたばれ愚連隊(1960年)
  • 俺は銀座の騎兵隊(1960年)
  • 若い突風(1960年)
  • 大暴れマドロス野郎(1960年)
  • 俺の故郷は大西部(1960年)
  • 疾風小僧(1960年)
  • 竜巻小僧 (1960年)
  • 東京騎士隊(1961年)
  • 無鉄砲大将(1961年)
  • 峠を渡る若い風(1961年)
  • 東京騎士隊(1961年)
  • 闘いつづける男 (1961年)
  • ずらり俺たちゃ用心棒(1961年)
  • 大日本チャンバラ伝(1965年)
  • 河内カルメン(1966年)
  • 大巨獣ガッパ(1967年)
  • 逆襲! 殺人拳(1974年) - 国頭武良
  • 非情学園ワル ネリカン同期生(1974年)
  • 新仁義なき戦い 組長最後の日(1976年) - 中道努
  • エデンの海(1976年)
  • 人間の証明(1977年)
  • 瞳の中の訪問者(1977年)
  • 水戸黄門(1978年)

テレビドラマ[編集]

  • ある日わたしは(1967年、NTV) - 山崎次郎 役
  • NHK大河ドラマ竜馬がゆく」(1968年、NHK) - 高杉晋作
  • 喧嘩太郎(1968年、MBS) - 島津英吉 役
  • ハレンチ学園(1970年、東京12チャンネル
  • おさな妻 第17話「あげてよかった」(1971年、東京12チャンネル・C.A.L
  • プレイガール(東京12チャンネル)
    • 第126話「暴力教師罷り通る」(1971年)
    • 第165話「暴力街の流れ医者」(1972年)
    • 第183話「温泉町の流れ医者」(1972年)
    • 第198話「女が男を脱がす時」(1973年)
    • 第205話「吹雪に挑む流れ医者」(1973年)
    • 第225話「女子高校生・番長殺人事件」(1973年)
  • キイハンター 第180話「レッツゴー! 真夜中の王様 死の行進」(1971年、TBS)
  • 岡っ引どぶ(1972年 KTV) - 鼠小僧 役
  • 大江戸捜査網(東京12チャンネル・三船プロ
    • 第93話「除夜の鐘にて参上」(1972年)
    • 第143話「金のなる木で人が死ぬ」(1974年) - 政吉 役
    • 第156話「謎の男を追え!」(1974年) - 隼の銀次 役
    • 第187話「血を呼ぶ鬼同心」(1975年)
    • 第232話「江戸に吹く凶悪の嵐」(1976年) - 文造 役
    • 第278話「影なき殺人者の謎」(1977年) - 政吉 役
    • 第555話「女狩り 黒い十手の怨み節」(1982年) - 辰次 役
    • 第634話「俺も男だ! 落ちこぼれ親父」(1984年) - 栄治 役
  • 紫頭巾 (1972年、東京12チャンネル) - 早縄左平次 役
  • 恐怖劇場アンバランス 第5話「死骸(しかばね)を呼ぶ女」(1973年、フジテレビ円谷プロ) - 松岡信治
  • 大久保彦左衛門(1973年、関西テレビ
  • 唖侍鬼一法眼 第3話「火炎の街道」(1973年、日本テレビ
  • 座頭市物語 第4話「縛られ観音ゆきずり旅」(1974年、フジテレビ)
  • 必殺必中仕事屋稼業 第3話「いかさま大勝負」(1975年、朝日放送 / 松竹) - 伝八(茂作) 役(和田浩二名義)
  • 水戸黄門(TBS・C.A.L)
    • 第6部
      • 第21話「ど根性河内節 -八尾-」(1975年8月18日) - 河内無宿の島三郎 役
    • 第7部
      • 第21話「江戸から来た密使 -新発田-」(1976年10月11日) - 清吉 役
      • 第34話「日光街道日本晴れ -宇都宮・水戸-」(1977年1月10日) - 森新之丞 役
    • 第8部
      • 第9話「人情しだれ柳 -岡崎-」(1977年9月12日) - 菊屋音吉 役
      • 第21話「黄門さまも人の親 -高松-」(1977年12月5日) - 喜三郎 役
    • 第9部 第20話「帰って来た中乗りさん -木曽福島-」(1978年12月18日) - 庄八 役
    • 第10部 第3話「狐が化けたお姫様 -小田原-」(1979年8月27日) - 三浦左近 役
    • 第11部
      • 第2話「夏祭り・姫君暗殺計画 -二本松-」(1980年8月25日) - 内藤源三郎 役
      • 第10話「北の岬の仇討 -八戸-」(1980年10月20日) - 沢木数馬 役
    • 第12部 第26話 謀叛からくり釣り天井 -宇都宮-」(1982年2月22日) - 上月和馬 役
    • 第13部 第2話「大爆破! 恐怖の狼谷 -小田原-」(1982年10月25日) - 清吉 役
    • 第14部 第13話 恐怖! 凶賊卍衆 -久保田-」(1984年1月23日) - 小野塚新九郎 役
    • 第15部 第32話「中馬を狙った野盗の罠 -松本-」(1985年9月2日) - 勇次 役
  • ベルサイユのトラック姐ちゃん 第11話「わたしの蜜を吸って!」(1976年、NET
  • 風光る・亜紀子(1976年、NET) - 和彦 役
  • 江戸を斬るIII(1977年、TBS) - 小網町の佐吉 役
  • 大岡越前 第5部第9部(1978年 - 1986年、TBS) - 風間駿介 役
  • 新 必殺からくり人 第3話「東海道五十三次殺し旅 三島」(1977年、ABC / 松竹) - 小幡弥十郎 役
  • 疾風同心(1978年 - 1979年、東京12チャンネル) - 風間駿介 役
  • 八丁堀暴れ軍団(1979年、東京12チャンネル) - 風間駿介 役
  • 雪姫隠密道中記(1980年、毎日放送) - 巌谷源八郎 役
  • 時代劇スペシャル(フジテレビ)
  • 源九郎旅日記 葵の暴れん坊 第16話「姫のお国の幽霊武者」(1982年、ANB / 東映) - 小杉勝之進 役
  • 鬼平犯科帳 第3シリーズ 第7話「雨引の文五郎」(1982年、ANB / 東宝) - 雨引の文五郎
  • 暴れん坊将軍II 第34話「犬も喰わないめ組の喧嘩!?」(1983年、ANB) - 音松/治助 役 ※二役

CM[編集]

  • 清酒菊勇

レコード[編集]

シングル[編集]

題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
若い突風 銀座の子守唄 1960年 コロムビアレコード
俺の故郷は大西部 親なしとんび 1960年 コロムビアレコード
純情愚連隊 たまらないんだ逢いたくて 1961年 コロムビアレコード
小さなあやまち 男の酒 1971年 ビクターレコード
久しぶりだね 男の酒 1974年 RCAレコード
ふたり道 いつかどこかで 1975年 RCAレコード
おもいやり すじがき 1976年 RCAレコード
ふたりの吉祥寺 やさしさ 1978年 RCAレコード
男のタンゴ 今日もよこはま 1980年 ポリドールレコード
つぶやき グラスの氷 1984年 RVCレコード
なぐさめ 夢ストーリー 1985年 ビクターレコード

アルバム[編集]

  • 男の哀愁(1974年)
  • 夜を貴女と(1975年)
  • おもいやり(1977年)

脚注[編集]

  1. ^ わだ はじめ。和田実母との結婚以前に淡谷のり子と結婚・離婚経験があり、ハナ肇の芸名の由来としても知られる。

注釈[編集]

  1. ^ 和田が梓とのセックスレス状態に嫌気がさしたともいわれる

関連項目[編集]